油の賞味期限切れはいつまで使える?未開封なら大丈夫?捨て方や活用法も紹介!

油の賞味期限の目安を知っていますか?今回は、油の賞味期限を〈未開封・開封後〉や〈使用前・使用済み〉別に比較して、期限切れでもいつまで使えるのかなど紹介します。油の日持ちする保存方法や、賞味期限切れ油の特徴にくわえ、使い道・活用方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 油に賞味期限はある?腐らない?
  2. 油は腐らないが酸敗する
  3. 油(未開封)の賞味期限は?
  4. ①サラダ油
  5. ②えごま油
  6. ③オリーブオイル
  7. 油(開封後)の賞味期限は?
  8. 開封後の油の賞味期限は約2ヶ月
  9. 油(使用済み)の賞味期限や保存方法は?
  10. 使用済み油は2〜3回が限度
  11. 使用済み油の保存方法
  12. 油(未開封)の賞味期限切れは使っても大丈夫?
  13. 賞味期限の定義
  14. 品質に問題なければ使っても良い
  15. 油の賞味期限が切れて劣化するとどうなる?
  16. ①匂い
  17. ②色・見た目
  18. ③状態
  19. 油の日持ちする保存方法・ポイントは?
  20. ①光に晒さない
  21. ②熱の影響を受けない
  22. ③空気に晒さない
  23. 賞味期限切れ油の活用方法も紹介
  24. ①石鹸にする
  25. ②エコキャンドルにする
  26. ③ランプにする
  27. ④廃油ストーブの燃料として使う
  28. 賞味期限切れの油の正しい捨て方は?
  29. 油の賞味期限に注意しよう

油に賞味期限はある?腐らない?

揚げ物や炒め物、焼き物など私たちの食事によって、日々の料理に欠かせない油ですが、油の賞味期限に詳しい人は中々いないでしょう。ここでは、油に賞味期限切れはあるのか、また日持ちせず腐ることはあるのか紹介します。

油は腐らないが酸敗する

酸敗とは酒や油が光、熱、水、金属、微生物もしくは酵素などの外的作用によって、酸化して色やにおいが変化することです。酸敗した油は過酸化脂質といった強い毒性を持つ物質を生成するため、調理した食品を摂取すると、腹痛や胃がもたれたりし、動脈硬化を引き起こします。

また、インスタントラーメンの揚げ油が酸敗していたまま製品を製造し、食中毒が起こった事例もあります。油は賞味期限が長いですが、酸敗した油には注意して、見つけた際にはすぐに廃棄しましょう。

(*酸敗した時の特徴は、「油の賞味期限が切れて劣化するとどうなる?」の項目で紹介しているので、そちらを読んでみてください。)

油(未開封)の賞味期限は?

買ってきた油をそのまま食品棚に放置してしまうこともあるでしょう。実際に未開封の油の賞味期限はどうなのか、また保存する容器についても日持ちする期間が変わるので、下記で代表的な食用油を例に紹介します。

①サラダ油

容器 賞味期限
金属缶入り 2年
紙容器 2年
遮光ガラス 2年
透明ガラス 1年半
プラスチック容器 1年

サラダ油は日々の生活に欠かせない油の一つでしょう。どの油も品質に大きな影響をもたらすのは「光」と「空気」です。プラスチック容器はその光と空気を通す性質を持ち、酸化しやすく賞味期限がどの容器よりも短くなります。

その他、金属缶や遮光ガラスは光と酸素を遮断し、酸化しにくい構造であるため長いもので2年の賞味期限に設定されています。透明ガラスは酸素を遮断しますが、光を通す性質があり劣化させるため、冷暗所で保存することをおすすめします。

(*サラダ油について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

サラダ油とは?名前の由来や原料は?使い方やキャノーラ油との違いについて紹介!

②えごま油

容器 賞味期限
金属缶入り 2年
紙容器 2年
遮光ガラス 1年半
透明ガラス 1年半
プラスチック容器 1年

えごま油はシソ科の植物の種子を絞った油で、食事から摂取しなければならない生体維持に必要な必須脂肪酸を多く含んでいます。主にオメガ3を多く含み、身体の酸化防止をする効果があるため注目されています。

えごま油の賞味期限はメーカーによって異なりますが、概ね1~2年が多いようで、サラダ油の賞味期限とほとんど変わりありません。ただし、どの油も光・酸素・温度の影響で劣化するリスクがあるので、未開封の場合は高温多湿を避けて日の当たらない所に保管しましょう。

③オリーブオイル

容器 賞味期限
金属缶入り 2年
紙容器 2年
遮光ガラス 2年
透明ガラス 1年半
プラスチック容器 1年

オリーブオイルの賞味期限は、国際オリーブオイル協会の規定で、未開封で12~18ヶ月とされています。しかし、酸化速度の遅いオレイン酸が主成分のため、実際の賞味期限はもっと長く、未開封であれば5年くらいの賞味期限でも良いのでは、という意見もあるようです。

オリーブオイルは、抗酸化作用があるポリフェノールを多く含み、美容効果や太りにくい効果など健康効果が期待できる油です。缶入りであれば、遮光性があり、紫外線による劣化を防ぐため、長期間の保存でも鮮度を保ち、風味を残すことができます。ただし、室温が10℃を下回ると白く固まることがあるので、冷暗所での常温保存が適しています。

油(開封後)の賞味期限は?

関連する記事

×