ローリエの代用品9選!バジル・パセリは代わりになる?臭み取りや煮込み料理に最適なのは?

ローリエがないときの代用方法を知っていますか?今回は、ローリエを煮込み料理に使う理由・役割や、〈バジル・パセリ〉などローリエの代用品を使った人の口コミをもとに紹介します。<カレー・ビーフシチュー>など、ローリエの代用品を使った料理レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ローリエがないときは?代わりはある?
  2. ローリエを料理に使うのはなぜ?
  3. ローリエを煮込み料理に使う理由・役割
  4. ローリエの代用品は?
  5. ①ローズマリー
  6. ②タイム
  7. ③セロリの葉
  8. ④コリアンダー
  9. ⑤バジル
  10. ⑥ナツメグ
  11. ⑦ディル
  12. ⑧パセリ
  13. ⑨にんにく
  14. ローリエの代用品で作れる料理レシピ
  15. ①バジルとにんにくのカレー
  16. ②にんにくのビーフシチュー
  17. ③タイムのラタトゥイユ
  18. ローリエがなくても大丈夫

ローリエがないときは?代わりはある?

煮込み料理や洋食のレシピで頻繁に登場するローリエですが、家にローリエがストックされていないこともよくあります。そんな時、わざわざローリエを買いに行くより何かで代用したいと考える方も多いでしょう。そこで今回は、ローリエの代用として料理に使えるハーブやスパイスを紹介します。

ローリエを料理に使うのはなぜ?

そもそも、ローリエを料理に使う理由とは何でしょうか。まずは、ローリエが果たす役割について紹介します。

ローリエを煮込み料理に使う理由・役割

ローリエを煮込み料理に使う目的は、主に以下の3つです。

・肉や魚介類の臭みを取る
・料理に香りを付ける
・防腐剤として料理の保存性を高める


ローリエは深みのある爽やかな香りが特徴で、食材の臭みやえぐみを取り、料理の風味を良くするために使われます。また、ローリエには防腐効果があるため、ピクルスやマリネのような常備菜を長くもたせる役割も持っています。

ローリエを煮込み料理に入れるときは、煮込みすぎると苦味が出てしまうので1時間程度で取り出すようにしましょう。また、ローリエの葉に切れ込みを入れたり折ったりすると、効率よく香りが広がりやすくなります。

ローリエの代用品は?

ここからは、ローリエの代用として使えるハーブやスパイスを紹介します。家にローリエがない時は、代用できるものがないか参考にしてみて下さい。

①ローズマリー

ローズマリーは、ローリエと同じく肉や魚の臭み消しによく使われるハーブです。ローリエより香りが強いので、ローズマリーで代用するときは量を少なめにすると良いでしょう。また、ローリエ同様、時間がたつとえぐみが出てしまうので、ほどよく香りが付いたところでローズマリーを料理から取り出します。

(*ローズマリーの使い方について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

ローズマリーは何種類?違い・見分け方は?食用の品種や料理への使い方など紹介!

②タイム

タイムは、スッキリとした爽やかな香りとほのかな苦みが特徴のハーブです。ローリエと同じようにタイムも食材の臭み消しや香り付けの役割に使えますが、ローリエより香りが強いので量は控えめにしましょう。

30代女性

家にローリエがなくて、タイムで代用してラタトゥイユを作りました!爽やかな風味で夏にピッタリ。個人的には、ローリエよりタイムの方が好きかもしれないです。

③セロリの葉

関連する記事