エストラゴンとは?香り・味や効能など特徴は?使い方・レシピも紹介!

エストラゴンとはどんなハーブか知っていますか?タラゴンとの違いはあるのでしょうか?今回は、エストラゴンの〈味わい・香り・効能〉など特徴や使い方にくわえ、エストラゴンを使った料理のレシピを紹介します。エストラゴンはスーパー販売しているのかや、エストラゴンの代用品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. エストラゴンとはどんなハーブ?タラゴンとの違いは?
  2. エストラゴンは古代ギリシャで薬草として使われていたハーブの一種
  3. エストラゴンの中では「フレンチエストラゴン」が主流
  4. エストラゴンとタラゴンの違いは「フランス語か英語か」のみ
  5. エストラゴンの特徴は?どんな味・香りがするの?
  6. エストラゴンの味わい・香りの特徴
  7. エストラゴンの効果・効能
  8. エストラゴンの使い方は?
  9. エストラゴンは肉の臭みを消す
  10. エストラゴンは香辛料・ソースとして料理のアクセントになる
  11. エストラゴンを使った料理レシピを紹介!
  12. ①アボカドとエビの前菜エストラゴンソース
  13. ②エストラゴンが香るにんじんのポタージュ
  14. ③リブステーキのエストラゴンソース
  15. エストラゴンはどこで販売してる?スーパーにある?
  16. エストラゴンを販売している店・場所
  17. エストラゴンがない時の代用品は?何がある?
  18. ①バジル
  19. ②イタリアンパセリ
  20. ③タイム
  21. ④ミント
  22. エストラゴンを使った調味料を買うのも手!
  23. ①エストラゴンビネガー
  24. ②エストラゴンソース
  25. エストラゴンを使ってみよう

エストラゴンとはどんなハーブ?タラゴンとの違いは?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3

フランス料理でよく使用されるエストラゴン、ハーブの一種ですが聞いたことがない人もいるかもしれません。エストラゴンには特有の風味がありますが、ここではエストラゴンとは何か、タラゴンとの違いも含めて説明します。

エストラゴンは古代ギリシャで薬草として使われていたハーブの一種

エストラゴンは紀元前500年頃の古代ギリシャで、薬草として使われていたハーブの一種です。当時の古代ギリシャの医師であるピポクラテスが毒消しとして、毒蛇や狂犬に噛まれた患者に使用していたといわれています。しかし現代ではフランス料理やジビエ料理に、スパイスとしてエストラゴンが使われるのが一般的です。

エストラゴンの中では「フレンチエストラゴン」が主流

エストラゴンには、以下のような種類があります。

・フレンチエストラゴン
・ロシアンエストラゴン

エストラゴンの中ではフレンチエストラゴンが主流とされており、香りが強いことからフランス料理には欠かせないハーブとなっています。しかし効果や効能については、フレンチエストラゴンとロシアンエストラゴンに違いはありません。

エストラゴンとタラゴンの違いは「フランス語か英語か」のみ

エストラゴンとタラゴンの違いは、読み方がフランス語か英語かだけです。和名はカワラヨモギで先端が尖っている葉は小さめで、濃く光沢のある黄色であることが特徴です。穂状に灰緑色の小花が多数咲く品種ではあるものの、実際にはエストラゴンの花は咲く機会が少ないとされています。

エストラゴンの特徴は?どんな味・香りがするの?

エストラゴンが料理の風味を豊かにするハーブだとわかっても、スパイスとして使う際にどのような味や香りなのかは気になるところです。常備しているスパイスとの違いがわかれば、効果的に使えそうです。ここでは、エストラゴンがどのようなハーブなのかを説明します。

エストラゴンの味わい・香りの特徴

エストラゴンはほろ苦さを感じるスパイシーな味わいで、甘く清涼感のあるセロリに似た香りをもっています。料理に加えると味が劇的に変わるスパイスなので、魔法の竜と呼ばれているそうです。フランス料理ではアクセントとして様々な料理に活用されるほど人気のハーブといえます。

エストラゴンの効果・効能

エストラゴンの効果並びに効能は、以下の通りです。

・疲労回復
・新陳代謝の促進
・皮膚や粘膜の健康を維持する
・脳神経の働きをサポートする
・貧血予防
・免疫力の向上


エストラゴンには疲労回復効果につながるビタミンB1をはじめ、新陳代謝を促進させるビタミンB2、脳神経を正常に働かせるようサポートするナイアシンが含まれています。さらに貧血予防に効果的な葉酸や免疫力を向上させるビタミンCも含まれているのです。エストラゴンを料理にスパイスとして使うことで、こうした健康効果が期待できます。

エストラゴンの使い方は?

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/61+H0iQsbSL._AC_SL1000_.jpg

エストラゴンの味や香り、健康効果を知り興味をもつと使い方が気になるところです。スパイスとして使えば風味が増し、いつもの料理を本格的な味わいにする効果を得られるかもしれません。ここではエストラゴンをスパイスとして使う方法を具体的に紹介します。

エストラゴンは肉の臭みを消す

エストラゴンは肉の臭みを消す効果があるので、以下のような料理に用いられています。

・牛肉のステーキ
・ポークソテー
・チキンソテー
・ローストチキン


生のエストラゴンがある場合はそれを刻み、バターと混ぜ合わせてハーブバターにしたうえで肉を焼く時に使います。フランス料理に欠かせないエストラゴンは、バターやオイルとの相性が抜群です。肉から香ばしい香りが立ちのぼり、スパイスが肉の旨味を引き出します。

またエストラゴンは魚料理とも相性がよく、上記のハーブバターで鮭や鱈のムニエルを焼くと本場の味わいに近づきます。バターが苦手な人はエストラゴンをオリーブオイルに浸けた、ハーブオイルを使っても同様の効果が得られます。

エストラゴンは香辛料・ソースとして料理のアクセントになる

エストラゴンは香辛料やソースとして、以下のような料理に使われることも多いです。

・オムレツ
・エスカルゴ
・ドレッシング
・タルタルソース
・バターソース
・マリネ
・ピクルス
・フィーヌゼルブ


エストラゴンは独特な風味ではあるものの慣れるとクセになるスパイスで、生のものはみじん切りにすると香辛料としても使えます。フィーヌゼルブと呼ばれる生のハーブミックスや、ビネガーや酢漬けにも使わているのです。さらに刻んだ生のエストラゴンを食材として使う料理もあるなど、幅広い料理に活用できるハーブです。

エストラゴンを使った料理レシピを紹介!

エストラゴンは家庭で栽培する人も多く、生のものを使うと料理のバリエーションも広がりそうです。またエストラゴンをお米と一緒に炊き上げれば、パエリアを作ることもできます。ここでは、エストラゴンを使った人気レシピを紹介します。

①アボカドとエビの前菜エストラゴンソース

出典:https://cookpad.com/recipe/492722

ワインに合う前菜を用意したい時におすすめのレシピで、市販のエストラゴンソースを使用しています。エストラゴンソースの緑が盛り付けを華やかにしてくれて、その香りが食欲をそそってくれる一品です。風味が強いので、素材の味を損なわない量にするのがポイントです。

エビとアボカドの前菜 エストラゴンソース by シャンベリ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが359万品

②エストラゴンが香るにんじんのポタージュ

出典:https://cookpad.com/recipe/1739394

手作りのポタージュにエストラゴンを加えるだけで、風味豊かな一品に変化します。このレシピではにんじんと玉ねぎと牛乳を使っていますが、じゃがいもやかぼちゃのポタージュにエストラゴンを加えても美味しいです。牛乳でのばした後で、エストラゴンを加えましょう。

タラゴン香る人参のポタージュ by ☆tearose☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが359万品

③リブステーキのエストラゴンソース

出典:https://cookpad.com/recipe/1172673

牛肉にエストラゴンが含まれたソースを合わせると、風味が加わり美味しいと人気です。このレシピではエストラゴンにシャンパンビネガーと白ワイン、エシャロットを加えてソースを仕上げています。生のエストラゴンを添えると、見た目も美しく演出できます。

リブステーキのタラゴンソース by Yabu 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが359万品

エストラゴンはどこで販売してる?スーパーにある?

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/71mqnOgCWOL._AC_SL1000_.jpg

フランス料理には欠かせないハーブの1つとされるエストラゴンを、使ってみたいと考える人もいるでしょう。しかし生のエストラゴンが簡単に手に入るハーブなのかが、気になるところです。ここでは、エストラゴンがどこで販売されているかについて説明します。

エストラゴンを販売している店・場所

エストラゴンが販売されているところは、以下の通りです。

・明治屋京橋ストア
・ネットショップ


生のエストラゴンを通年で販売している店はないようですが、デパートの輸入食品売り場などで酢漬けなどを取り扱うケースはあるようです。スーパーで購入するのは難しいと考えられるので、生のエストラゴンを購入したい場合はネットショップ利用するのが確実です。またエストラゴンの葉を乾燥させたスパイスやパウダーも、国内に流通しています。

エストラゴンがない時の代用品は?何がある?

清涼感のある甘さが感じられるエストラゴンは、フランス料理では様々な料理にスパイスとして多用されています。しかし手に入りにくいハーブでもあるので、代用品を覚えておくと便利です。ここでは、エストラゴンの代用品になるものを4つ紹介します。

①バジル

日本でも手に入りやすいハーブであるバジルは、エストラゴンの代用品になります。バジルの香りも甘さとさわやかさを感じるうえ、常備している家庭が多いです。スイートバジルで代用してかまいませんが、異なる風味のダークオパールバジルなどを使うのもおすすめです。バジルだけで物足りない時は、ローズマリーなど他のスパイスを加えましょう。

かずのり

@massuru0504

昨日の「世界は欲しいものにあふれてる」を見てチャカプリが食べてみたくなりました。タラゴンないのでバジルとローズマリー、チャイブも無いので小ネギで代用します。正解を知らないのに走り始めてしまいました。がんばれ。

②イタリアンパセリ

さわやかな香りのイタリアンパセリを、エストラゴンの代用品にする人も多いです。パセリの中でも苦味が少なく、料理に香りづけするために用いられています。エストラゴンを使う肉料理や魚料理に代用品として使うほか、盛り付けのあしらいにするのもおすすめです。

ちー

@yonhukucafe

フロマージュブランの代わりに、クリームチーズと生クリーム、エストラゴンがないからイタリアンパセリとパセリ、ディル、万能ネギを刻んで入れたので、ホンモノの味とは違うかもだけど、まあこれはこれで

③タイム

エストラゴンの代用品として、タイムを用いる人もいます。特にエストラゴンを使うスープや煮込み料理にタイムを加えると、風味よく仕上がります。魚の臭みを消すスパイスでもあるので、ムニエルを作る際に代用品として使うのもおすすめです。

kaz.official(エルモ)

@ysmt86

タイムを使ったのはまぁいいとしてちょっと量が少なかったのが今日の反省点です。エストラゴンは2本使いますからね、その代用なんだから量はある程度必要だったね。

④ミント

清涼感が特徴のミントも、エストラゴンの代用品として用いられています。エストラゴンを使う料理の風味付けに使う場合は、ペパーミントより香りが穏やかなスペアミントを使うとよいでしょう。生のミントを料理の盛り付けに使うと、見映えも風味もよくなるので試してみてください。

レ プゥス ヴェール

@lespoucesverts

【豆知識】ソース・ベアルネーズのバリエーションにポー風ソースというのがあります。エストラゴンの代わりにミント使い、他はソース・ベアルネーズとまったく同じように作ります。

エストラゴンを使った調味料を買うのも手!

生のエストラゴンを手に入れるのは簡単ではないので、それが含まれた調味料を常備しておくのも方法の1つです。フランス料理を作る機会が多い人は特に、用途に合った調味料があると便利でしょう。ここでは通販で購入できる、エストラゴン入りの調味料を紹介します。

①エストラゴンビネガー

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/31MkRAytS+L._AC_.jpg

エストラゴンを熟成した白ワインビネガーに入れた商品で、香り豊かだと人気です。ドレッシングやマリネ液として使うほか、ピクルスを漬けたり刻んだ葉をタルタルソースに入れたりと幅広く使えます。魚料理や肉料理のソースに加えるのもおすすめです。

Amazon | ペルシュロン エストラゴン入り白ワインビネガー / 250ml TOMIZ(創業102年 富澤商店)

②エストラゴンソース

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/lilaqueen/a-1565391-b.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title#

フランス料理に使われるエストラゴンソースに、マスタードを加えた商品です。エストラゴンの甘い香りにマスタードの風味が加わり、肉料理や魚料理に添えると食欲をそそります。びん詰なので長期保存ができることもあり、リピーターが多い一品です。

ファロ エストラゴン・マスタード 105g 12個セット

エストラゴンを使ってみよう

今回はエストラゴンの味わいや香り、効能など特徴や使い方とともにそれを使った料理のレシピを紹介しました。エストラゴンは食材としても香辛料やソースとしても使えるうえ、いつもの料理の味を劇的に変えてくれます。ぜひ一度エストラゴンを使って、その風味を楽しんでみましょう。

関連する記事