ローリエの代用品9選!バジル・パセリは代わりになる?臭み取りや煮込み料理に最適なのは?

ローリエがないときの代用方法を知っていますか?今回は、ローリエを煮込み料理に使う理由・役割や、〈バジル・パセリ〉などローリエの代用品を使った人の口コミをもとに紹介します。<カレー・ビーフシチュー>など、ローリエの代用品を使った料理レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ローリエがないときは?代わりはある?
  2. ローリエを料理に使うのはなぜ?
  3. ローリエを煮込み料理に使う理由・役割
  4. ローリエの代用品は?
  5. ①ローズマリー
  6. ②タイム
  7. ③セロリの葉
  8. ④コリアンダー
  9. ⑤バジル
  10. ⑥ナツメグ
  11. ⑦ディル
  12. ⑧パセリ
  13. ⑨にんにく
  14. ローリエの代用品で作れる料理レシピ
  15. ①バジルとにんにくのカレー
  16. ②にんにくのビーフシチュー
  17. ③タイムのラタトゥイユ
  18. ローリエがなくても大丈夫

セロリは茎の部分を食べることが多いですが、葉の部分も料理に使うことができます。セロリ特有の香りは、食材の臭み消しに使えるほか、煮込み料理の風味も良くしてくれます。ローリエは調理の途中で取り出しますが、セロリの葉はそのまま煮込んで具材として食べられる点も良いところでしょう。

⒛代女性

ミネストローネを作るときは、ローリエじゃなくてセロリを使っています。茎も葉も全部入れていますが、風味が出る上にトロトロになってとても美味しい!セロリが苦手な人でも食べられると思いますよ。

④コリアンダー

コリアンダーは主にパクチーの種子を使用したスパイスですが、パクチーのような強烈な香りはなく、まろやかな甘めの香りが特徴です。カレーやピクルスとの相性が良いので、それらの料理にローリエの代用として使うと良いでしょう。

(*コリアンダーシードの使い方について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

コリアンダーシードの効果・効能は?味・香りや使い方〜レシピまで紹介!

⑤バジル

バジルはローリエと共通の芳香成分を持ち、香りがよく似ているため、煮込み料理からピクルスまで幅広く代用できます。バジルを煮込み料理に入れる時は、仕上げの段階で入れると風味が出やすくなるでしょう。

⑥ナツメグ

ナツメグは、ひき肉の臭みを消す役割でハンバーグによく使われるスパイスです。ローリエと共通の甘い香りを持つため、ナツメグは代用品に適役でしょう。特に、肉や野菜料理への使用がおすすめです。

30代男性

牛肉の赤ワイン煮込みを作るのに、ローリエがなかったからナツメグで代用しました。やっぱりナツメグは、肉との相性が良いですね。香りもローリエに似ているし、ナツメグを買っておいて良かったです!

(*ナツメグの使い方について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

ナツメグとは?味・香りや正しい使い方は?成分や効果・効能なども紹介!

⑦ディル

ディルは、かすかに甘みのあるスッキリとした香りが特徴のハーブです。ディルは特にサーモンやピクルスによく使われますが、煮込み料理に入れることもできます。ピクルスに使う場合は、辛味の強いディルシードがおすすめです。

(*ディルについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ディルはどんなハーブ?味わいや効能は?使い方・レシピのおすすめも紹介!

関連する記事