ミントの種類のおすすめ一覧【40選】見分け方や使い方〜味・香りまで紹介!

ミントの種類について知っていますか?今回は、ミントのおすすめ種類一覧【40選】を見分け方・画像とともに紹介します。定番のミントや珍しい種類のミントなど、ミントの種類別の使い方や味・香りも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ミントの種類はどれくらい?
  2. ミントは100種類以上あるとされている
  3. ミントのおすすめ種類一覧【40選】
  4. ①スペアミント
  5. ②ペパーミント
  6. ③二ホンハッカ
  7. ④ウォーターミント
  8. ⑤アップルミント
  9. ⑥パイナップルミント
  10. ⑦ペニーロイヤルミント
  11. ⑧ヒメハッカ
  12. ⑨カーリーミント
  13. ⑩ボウルズミント
  14. ⑪グレープフルーツミント
  15. ⑫ベルガモットミント
  16. ⑬ペパーミントバリエガータ
  17. ⑭ブラックペパーミント
  18. ⑮ホワイトペパーミント
  19. ⑯バナナミント
  20. ⑰キャンディミント
  21. ⑱レモンミント
  22. ⑲チョコレートミント
  23. ⑳ラベンダーミント
  24. ㉑モロッコミント
  25. ㉒クールミント
  26. ㉓スイスリコラミント
  27. ㉔コリアンミント
  28. ㉕オレンジミント
  29. ㉖バジルミント
  30. ㉗ジンジャーミント
  31. ㉘レッドラリピアミント
  32. ㉙カニングハムミント
  33. ㉚コルシカミント
  34. ㉛ブッシュミント
  35. ㉜ブッシュミントホワイト
  36. ㉝ケンタッキーカーネルミント
  37. ㉞ストロベリーミント
  38. ㉟キャットニップ
  39. ㊱ブルーキャットミント
  40. ㊲ハーツペニーロイヤルミント
  41. ㊳はくび
  42. ㊴あかまる
  43. ㊵さんび
  44. ミントの種類は様々

ミントの種類はどれくらい?

爽やかな清涼感のある香りで、様々な用途で使われることがあるミントですが、ミントにはいくつの種類があるのでしょうか。ここでは、ミントにはどれくらいの数の種類があるかを説明します。

ミントは100種類以上あるとされている

ミントには意外にもたくさんの種類があり、その変種しやすい性質から海外も含めて認定されていないものもすべて合わせると1000種類を超えると言われています。ミントの種類として認定されているものでも100種類を超える品種があるので、非常にたくさんの種類があることが分かります。

ミントのおすすめ種類一覧【40選】

ここからは、認定されている約100種類の中から40種類のミントを紹介していきます。それぞれのミントの見た目や香りなどの特徴・見分け方や、最適な使用方法なども併せて説明するので参考にしてみてください。

①スペアミント

出典:https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_image_slideshow&target_plant_code=1170&target_hinshu_code=1

スペアミントは柔らかい葉をもっていて、葉の形は少し丸みを持っています。ミント独特の強い清涼感のある刺激は少なく、甘みがあるマイルドな味わいが特徴のため、料理に入れても食べやすいです。スイーツの飾りとしてや、お酒に入れて使われることもある使い勝手の良いハーブです。

②ペパーミント

出典:http://yasai-sodatu.net/article/100343946.html

ペパーミントはスペアミントとは異なり、細長い葉の形をしていて、爽やかな清涼感のある刺激が強い香りが特徴です。その香りから歯磨き粉や芳香剤の香り付けとして使われることもあり、リラックス感を与えるアロマや虫除けのスプレーなど様々な使われ方があります。

③二ホンハッカ

出典:https://twitter.com/SilverFoxINJAPA/status/1165319229840609280?s=20

二ホンハッカは日本人には馴染みのあるハーブで、非常に強い爽やかな香りを持っています。葉が細長い卵のような形で、ギザギザの切れ目が入っているのが他のミントとの見分け方です。他のミントよりもメンソールが強く、除菌や虫除けなどの掃除の用途や、嫌な臭いを消す芳香剤として使われることがあります。

④ウォーターミント

出典:https://twitter.com/luxuria00/status/1303257871996526593?s=20

ウォーターミントは水がある場所の近くに生息し、ヨーロッパや北アメリカが原産地です。繁殖力の強い種類で、見分け方は葉が丸みをおびた形で、緑色が濃いのが特徴です。非常に清涼感のある爽やかな香りが強く、殺菌効果を利用して薬用に使われることもあります。

⑤アップルミント

出典:http://waraineko.life.coocan.jp/701.html

アップルミントは青りんごのような甘いフルーティーさと、ミントの爽やかさが混じったバランスの取れた香りが特徴です。小さな丸い葉が特徴で、和名は丸葉ハッカと呼ばれるほどです。特徴的な味わいを生かして、生のままハーブティーとして飲む方法をおすすめします。

⑥パイナップルミント

出典:http://waraineko.life.coocan.jp/701.html

パイナップルミントはアップルミントの品種の1つで、葉は細長い緑色をしていますが、クリーム色のまだら模様があるのが特徴です。名前の通りパイナップルの淡い甘い味わいがするので、ハーブティーやデザートや料理の香り付けに利用されることが多いです。

⑦ペニーロイヤルミント

45chikaさんの投稿
97219610 2560602397487818 2033988895221361021 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ペパーミントも強い香りを持ちますが、ペニーロイヤルミントはさらに清涼感のある強い香りが特徴です。食べることもできますが、食用としてよりは虫除けやデオドラントとして利用されることが多いです。葉の形は丸い葉で、縦にはあまり成長せず、茎を横に伸ばして成長する性質があります。

⑧ヒメハッカ

出典:https://twitter.com/nemo_syu/status/1300013776700280832?s=20

日本に自生するヒメハッカは、今では見つけることが難しく絶滅危惧種になっています。葉の形が細長い丸みを帯びた楕円形をしているのが見分け方のポイントです。柔らかな香りが特徴のスペアミントよりもさらに刺激が少ない香りのため、料理に使っても食べやすい品種です。

⑨カーリーミント

出典:https://twitter.com/yukimosora/status/1117353024811180034?s=20

スペアミント系の柔らかな香りを持ち、葉の形が他のミントとは異なり、縮れたレタスのようになっているのが特徴です。ヨーロッパが原産地で、成長すると高さは60cmほどまで伸び、薄ピンク色のきれいな花を咲かせます。料理の香り付けとして使われることが多いです。

⑩ボウルズミント

出典:https://twitter.com/dubsat/status/1256022974966063105?s=20

ボウルズミントはスペアミントとアップルミントを親に持ち、成長すると150cm以上にも育つ大型のミントです。葉が産毛で覆われ丸い形で、白色の花を咲かせます。アップルミントに似た爽やかな香りが特徴のため、ハーブティーにしても飲みやすく美味しいです。

⑪グレープフルーツミント

itanse.jpさんの投稿
119700305 324623672297817 6880156123753335430 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ペパーミントとアップルミントを親に持つグレープフルーツミントは、柑橘系の爽やかな甘い味わいがします。大きく育つ大型のミントで、葉も大きく丸い形で、表面に少し産毛があり、鮮やかな緑色をしています。爽やかな味わいからハーブティーとして使われることが多いです。

⑫ベルガモットミント

ベルガモットミントはペパーミント系の爽やかな清涼感のある香りを持つミントです。葉にツヤがあり濃い緑色をしているのが特徴で、成長すると50cmほどまで育ちます。柑橘系の爽やかな香りもあるので、化粧品などの香り付けに使われることもあります。

⑬ペパーミントバリエガータ

altiore_girihさんの投稿
18580314 414242608957979 2472004573657563136 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ペパーミントバリエガータは、上記の写真のようなクリーム色のまだら模様の葉が特徴のペパーミント系の品種です。丸みを帯びた細長い大き目の葉を持ち、強い爽やかな香りや味わいが特徴です。

⑭ブラックペパーミント

出典:http://yasai-sodatu.net/article/100343946.html

ブラックペパーミントは葉の色が濃い緑色をしていて、茎は黒っぽい濃い紫色をしているので他のミントと見分けるのは比較的簡単です。ペパーミント系の強い鼻に抜ける香りがあり、ハーブティーや料理以外にも、芳香剤の用途に使われることもあります。

⑮ホワイトペパーミント

yuka11241980さんの投稿
31938976 2023412894653095 6182677694006689792 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ホワイトペパーミントはウォーターミントとスペアミントを親に持つ、ペパーミント系の品種です。味などはブラックペパーミントと似ていますが、鮮やかな緑色をしていることが特徴なので、見た目のきれいさを活かして料理の彩りや飾りに使うことをおすすめします。

⑯バナナミント

sereno2007さんの投稿
115992768 1171600453196533 8397815964192192032 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

バナナミントもアップルミントの品種の1つで、名前の通りバナナのような甘い香りがするのが特徴です。あまり大きく育たない小さめサイズのミントで、葉は細長い薄い緑色をしています。茎が上にまっすぐ伸びずに横に伸びることがあるので、剪定をすることできれいに育ちます。

⑰キャンディミント

tt_mm_tt_yyさんの投稿
119797041 327218601894959 7048283446142799617 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンディミントは細長い楕円形の葉があり、30~50cmほどまでしか成長しない小さめのハーブです。清涼感のある香りが特徴のため、キャンディの香り付けに使われることが多く、鼻づまりや鼻水を緩和する効果があると言われています。

⑱レモンミント

minamifujisan_cityさんの投稿
118403709 184828653100581 4279333036562361490 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ミントは繁殖力が強い植物ですが、このレモンミントは他のミントに比べると少し弱く、成長も遅いです。大きさは30~50cmほどと小さく、葉は鮮やかな緑色の丸い小さな形をしています。レモンの柑橘系の爽やかな香りが良く、料理に使っても美味しく食べられます。

⑲チョコレートミント

出典:https://twitter.com/JiOkkv/status/771784229671710720?s=20

チョコレートミントはチョコのような黒っぽい濃い緑色が特徴の品種で、葉は卵型で茎は濃い紫色をしているのが見分け方のポイントです。店頭で見かけることが珍しく、扱っているお店も少ないので貴重なミントと言えます。

⑳ラベンダーミント

00000emi00000さんの投稿
119725501 1031159497318652 7067381725935683175 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

名前の通りラベンダーのような香りが特徴のミントで、食用よりはアロマとして使われることが多いです。精油やアロマオイルにしてマッサージすると、爽やかな香りでリラックス効果が得られると言われています。

㉑モロッコミント

出典:https://twitter.com/potagergarden/status/685594320397668353?s=20

モロッコでは日本のお茶のようにミントティーを飲む習慣があり、砂糖を沢山入れた甘い味のミントティーが一般的です。そのハーブティーに使われるモロッコミントは、爽やかな香りが強いぺパーミント系の味わいで、葉にシワがある先が尖った楕円形の形状が特徴です。

㉒クールミント

出典:https://twitter.com/audrey3755/status/877513442575253510?s=20

クールミントは育てるのが簡単と言われ、ハーブ栽培の初心者の方にも向いています。葉が丸みを帯びた楕円形で、成長すると60cmほどの高さになります。ペパーミント系の清涼感のある香りもありますが、ほのかな甘い香りもあり、ハーブティーにおすすめです。

㉓スイスリコラミント

スイスリコラミントはペパーミント系の種類で鼻に抜けるような強い香りが特徴です。その香りから、キャンディやガムに使われることが多く、食後に食べると口臭を軽減する効果などもあります。生のままハーブティーとして飲むこともおすすめです。

㉔コリアンミント

出典:https://www.marcheaozora.com/?pid=130577381

コリアンミントは名前の通り朝鮮で生息することの多い種類です。味は少しクセのある苦みがありますが、爽やかな香りを持っています。アジア系の料理では臭みのあるお肉の部位を使うこともあり、それらのにおい消しとして料理に使われることが多い品種です。

㉕オレンジミント

出典:http://yasai-sodatu.net/article/100343946.html

オーデコロンミントとも呼ばれ、オレンジのような柑橘系の甘い香りがします。アロマオイルやマッサージオイルとしてや、美容品の香り付けに使われることもあります。葉の色が濃くツヤがあり、茎は濃い紫色をしているのが見分け方のポイントです。

㉖バジルミント

ペパーミント系の種類で、大きな丸い形の葉が特徴です。バジルのような香りを持つため食用に使われることが多く、生のままサラダのアクセントとして入れることができるほか、エスニック料理との相性も良い品種です。

㉗ジンジャーミント

yamando30さんの投稿
116695611 646247702977881 1546592586659610987 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ジンジャーミントはアップルミントの品種の1つで、名前の通り生姜のような独特の強い香りを持つのが特徴です。小さめの丸みを帯びた葉で、ジンジャーミントの品種によってはクリーム色のまだら模様が入るものもあります。ハーブティーにするとショウガとミントの爽やかな香りがして美味しいです。

㉘レッドラリピアミント

出典:https://twitter.com/search?q=%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88&src=typed_query

レッドラリピアミントは少し大きめのほんのり赤色の葉が特徴の種類です。3種類のミントの交雑種で、淡いフルーティーな香りがするので、ハーブティーとして飲むと爽快感を味わえます。

㉙カニングハムミント

ponchibani9889さんの投稿
20393517 120239125268867 1350733868465913856 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カニングハムミントは小さい葉が特徴で、縦に大きく育たず小さいサイズの種類です。ミント独特の爽やかな香りはしますが、食用に使われることは少ないです。グランドカバーとしてなど、ガーデニングの用途に使うことをおすすめします。

㉚コルシカミント

natura.oishiiさんの投稿
117432384 1335971586593488 6882048808742783163 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

他のミントに比べて成長しても非常に小さく、葉は5mmほどの小ささです。ペパーミント系の鼻に抜ける香りが特徴で、食用よりは観賞用として利用されることが多いです。夏場の蒸し熱い気候に弱いため、育てるのが難しいとも言われています。

㉛ブッシュミント

出典:https://twitter.com/f_keq/status/721168363389497344?s=20

ブッシュミントの原産地はオーストラリアで、小さめの葉を持っています。花も約1cmと小さく、鮮やかな紫色や赤色など様々な種類があります。縦に伸びる種類だと100cmほどまで伸びるものもありますが、上に成長しない種類もあるようです。

㉜ブッシュミントホワイト

出典:https://stepnuts.ocnk.net/product/519

ブッシュミントに近い品種ですが、ブッシュミントよりもさらに小さな葉が重なり合っているのが見分け方のポイントです。ミントの清涼感のある香りがあり、白色の小さな花を咲かせます。原産地のオーストラリアでは昔から薬用や虫除けの用途として使われていました。

㉝ケンタッキーカーネルミント

moeco.organicさんの投稿
97270558 245856336491300 2113642829144852004 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ケンタッキーカーネルミントはスペアミントとアップルミントを親に持つ種類ですが、アップルミントの特性とよく似ています。丸みを帯びた大き目の葉は薄い緑色をしています。暑さにも寒さにも強いため、年間を通して育てやすいミントです。

㉞ストロベリーミント

ストロベリーミントは名前の通りストロベリーによく似たほんのり甘い香りを持つミントです。乾燥に弱いので半日陰で育てるのが適しています。スペアミント系の種類で爽快感のある味もあまり強くないので食用に向いており、ハーブティーにして飲まれることが多いです。

㉟キャットニップ

minowafarm888さんの投稿
75588035 555625621651451 8297388660475252097 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャットニップとは名前からも分かるように、猫の好む香りを出します。猫が好きなことでも有名なマタタビと同じような作用があります。葉は丸くシワのある見た目をしているのが特徴的です。

㊱ブルーキャットミント

ponaya87さんの投稿
73505115 428317484507771 7439917916076156013 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャットニップと同じように、猫の好き香りを放ちます。花が青紫のようなきれいな色をしているのが名前の由来です。葉の形は丸くシワがあり、周りは細かなギザギザの切込みが入っているのがキャットニップとの見分け方です。

㊲ハーツペニーロイヤルミント

出典:https://twitter.com/H_D_Hank/status/880716913336348673?s=20

ペニーロイヤルミントと同じように食用で使われることはなく、虫除けや除菌などの効果を期待して使われることが多い品種です。葉は細長い形をしているので、他のミントとの見分けるのも簡単です。

㊳はくび

出典:http://waraineko.life.coocan.jp/701.html

日本の岡山県が原産地の日本薄荷の1種です。はくびは、日本在来種から生まれたたった1つの純日本産の薄荷と言われています。先の尖った細長い葉が特徴で香りが強いことが特徴です。

㊴あかまる

出典:http://waraineko.life.coocan.jp/701.html

日本の北海道が原産地の日本薄荷の1種で、はくびに似た細長い楕円形の葉をしていますが、茎や葉が少し赤みがかっているのが特徴です。薄荷はハッカ油として使われることが多いですが、あかまるから取れる油分は少なく、同じ分量の油を取るとなると他の薄荷に比べて倍近い量が必要になります。

㊵さんび

出典:https://twitter.com/IjN9fv/status/1304386777642278913?s=20

日本の岡山県が原産地で、薄荷に含まれるメンソールの量も他に比べて多く、収穫率も高いことで有名です。現在日本では、さんびから改良された薄荷も沢山出回っています。さんびの葉も他の薄荷同様に楕円形で先が尖っていることが特徴です。

ミントの種類は様々

今回は40種類のミントの種類を紹介しましたが、実際には他にもたくさんのミントの種類があります。見た目・香り・味わいなどそれぞれの特徴も違い、香りの強さにより使用用途も変わります。食用として使うものや、芳香剤やアロマなどの香りを楽しむものなど、異なった種類のミントを揃えて用途によって使い分けてみると良いでしょう。

関連する記事