ミントの種類のおすすめ一覧【40選】見分け方や使い方〜味・香りまで紹介!

ミントの種類について知っていますか?今回は、ミントのおすすめ種類一覧【40選】を見分け方・画像とともに紹介します。定番のミントや珍しい種類のミントなど、ミントの種類別の使い方や味・香りも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ミントの種類はどれくらい?
  2. ミントは100種類以上あるとされている
  3. ミントのおすすめ種類一覧【40選】
  4. ①スペアミント
  5. ②ペパーミント
  6. ③二ホンハッカ
  7. ④ウォーターミント
  8. ⑤アップルミント
  9. ⑥パイナップルミント
  10. ⑦ペニーロイヤルミント
  11. ⑧ヒメハッカ
  12. ⑨カーリーミント
  13. ⑩ボウルズミント
  14. ⑪グレープフルーツミント
  15. ⑫ベルガモットミント
  16. ⑬ペパーミントバリエガータ
  17. ⑭ブラックペパーミント
  18. ⑮ホワイトペパーミント
  19. ⑯バナナミント
  20. ⑰キャンディミント
  21. ⑱レモンミント
  22. ⑲チョコレートミント
  23. ⑳ラベンダーミント
  24. ㉑モロッコミント
  25. ㉒クールミント
  26. ㉓スイスリコラミント
  27. ㉔コリアンミント
  28. ㉕オレンジミント
  29. ㉖バジルミント
  30. ㉗ジンジャーミント
  31. ㉘レッドラリピアミント
  32. ㉙カニングハムミント
  33. ㉚コルシカミント
  34. ㉛ブッシュミント
  35. ㉜ブッシュミントホワイト
  36. ㉝ケンタッキーカーネルミント
  37. ㉞ストロベリーミント
  38. ㉟キャットニップ
  39. ㊱ブルーキャットミント
  40. ㊲ハーツペニーロイヤルミント
  41. ㊳はくび
  42. ㊴あかまる
  43. ㊵さんび
  44. ミントの種類は様々

⑫ベルガモットミント

ベルガモットミントはペパーミント系の爽やかな清涼感のある香りを持つミントです。葉にツヤがあり濃い緑色をしているのが特徴で、成長すると50cmほどまで育ちます。柑橘系の爽やかな香りもあるので、化粧品などの香り付けに使われることもあります。

⑬ペパーミントバリエガータ

ペパーミントバリエガータは、上記の写真のようなクリーム色のまだら模様の葉が特徴のペパーミント系の品種です。丸みを帯びた細長い大き目の葉を持ち、強い爽やかな香りや味わいが特徴です。

⑭ブラックペパーミント

出典:http://yasai-sodatu.net/article/100343946.html

ブラックペパーミントは葉の色が濃い緑色をしていて、茎は黒っぽい濃い紫色をしているので他のミントと見分けるのは比較的簡単です。ペパーミント系の強い鼻に抜ける香りがあり、ハーブティーや料理以外にも、芳香剤の用途に使われることもあります。

⑮ホワイトペパーミント

ホワイトペパーミントはウォーターミントとスペアミントを親に持つ、ペパーミント系の品種です。味などはブラックペパーミントと似ていますが、鮮やかな緑色をしていることが特徴なので、見た目のきれいさを活かして料理の彩りや飾りに使うことをおすすめします。

⑯バナナミント

バナナミントもアップルミントの品種の1つで、名前の通りバナナのような甘い香りがするのが特徴です。あまり大きく育たない小さめサイズのミントで、葉は細長い薄い緑色をしています。茎が上にまっすぐ伸びずに横に伸びることがあるので、剪定をすることできれいに育ちます。

⑰キャンディミント

キャンディミントは細長い楕円形の葉があり、30~50cmほどまでしか成長しない小さめのハーブです。清涼感のある香りが特徴のため、キャンディの香り付けに使われることが多く、鼻づまりや鼻水を緩和する効果があると言われています。

⑱レモンミント

関連する記事

×