ミントの種類のおすすめ一覧【40選】見分け方や使い方〜味・香りまで紹介!

ミントの種類について知っていますか?今回は、ミントのおすすめ種類一覧【40選】を見分け方・画像とともに紹介します。定番のミントや珍しい種類のミントなど、ミントの種類別の使い方や味・香りも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ミントの種類はどれくらい?
  2. ミントは100種類以上あるとされている
  3. ミントのおすすめ種類一覧【40選】
  4. ①スペアミント
  5. ②ペパーミント
  6. ③二ホンハッカ
  7. ④ウォーターミント
  8. ⑤アップルミント
  9. ⑥パイナップルミント
  10. ⑦ペニーロイヤルミント
  11. ⑧ヒメハッカ
  12. ⑨カーリーミント
  13. ⑩ボウルズミント
  14. ⑪グレープフルーツミント
  15. ⑫ベルガモットミント
  16. ⑬ペパーミントバリエガータ
  17. ⑭ブラックペパーミント
  18. ⑮ホワイトペパーミント
  19. ⑯バナナミント
  20. ⑰キャンディミント
  21. ⑱レモンミント
  22. ⑲チョコレートミント
  23. ⑳ラベンダーミント
  24. ㉑モロッコミント
  25. ㉒クールミント
  26. ㉓スイスリコラミント
  27. ㉔コリアンミント
  28. ㉕オレンジミント
  29. ㉖バジルミント
  30. ㉗ジンジャーミント
  31. ㉘レッドラリピアミント
  32. ㉙カニングハムミント
  33. ㉚コルシカミント
  34. ㉛ブッシュミント
  35. ㉜ブッシュミントホワイト
  36. ㉝ケンタッキーカーネルミント
  37. ㉞ストロベリーミント
  38. ㉟キャットニップ
  39. ㊱ブルーキャットミント
  40. ㊲ハーツペニーロイヤルミント
  41. ㊳はくび
  42. ㊴あかまる
  43. ㊵さんび
  44. ミントの種類は様々

出典:http://yasai-sodatu.net/article/100343946.html

オーデコロンミントとも呼ばれ、オレンジのような柑橘系の甘い香りがします。アロマオイルやマッサージオイルとしてや、美容品の香り付けに使われることもあります。葉の色が濃くツヤがあり、茎は濃い紫色をしているのが見分け方のポイントです。

㉖バジルミント

ペパーミント系の種類で、大きな丸い形の葉が特徴です。バジルのような香りを持つため食用に使われることが多く、生のままサラダのアクセントとして入れることができるほか、エスニック料理との相性も良い品種です。

㉗ジンジャーミント

ジンジャーミントはアップルミントの品種の1つで、名前の通り生姜のような独特の強い香りを持つのが特徴です。小さめの丸みを帯びた葉で、ジンジャーミントの品種によってはクリーム色のまだら模様が入るものもあります。ハーブティーにするとショウガとミントの爽やかな香りがして美味しいです。

㉘レッドラリピアミント

出典:https://twitter.com/search?q=%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88&src=typed_query

レッドラリピアミントは少し大きめのほんのり赤色の葉が特徴の種類です。3種類のミントの交雑種で、淡いフルーティーな香りがするので、ハーブティーとして飲むと爽快感を味わえます。

㉙カニングハムミント

カニングハムミントは小さい葉が特徴で、縦に大きく育たず小さいサイズの種類です。ミント独特の爽やかな香りはしますが、食用に使われることは少ないです。グランドカバーとしてなど、ガーデニングの用途に使うことをおすすめします。

㉚コルシカミント

他のミントに比べて成長しても非常に小さく、葉は5mmほどの小ささです。ペパーミント系の鼻に抜ける香りが特徴で、食用よりは観賞用として利用されることが多いです。夏場の蒸し熱い気候に弱いため、育てるのが難しいとも言われています。

㉛ブッシュミント

出典:https://twitter.com/f_keq/status/721168363389497344?s=20

ブッシュミントの原産地はオーストラリアで、小さめの葉を持っています。花も約1cmと小さく、鮮やかな紫色や赤色など様々な種類があります。縦に伸びる種類だと100cmほどまで伸びるものもありますが、上に成長しない種類もあるようです。

関連する記事

×