きゅうりが腐る・傷むとどうなる?見分け方は?正しい保存方法も紹介!

きゅうりが腐る・傷むとどなるか知っていますか?今回は、きゅうりが腐った時の〈臭い・色・見た目〉など見分け方や、〈常温・冷蔵・冷凍〉など保存法別に腐るまでの期間の目安を紹介します。新鮮なきゅうりの特徴や腐ったきゅうりを食べた場合の対処法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. きゅうりが腐ってる?判断方法は?
  2. きゅうりが腐るとどうなる?見分け方は?
  3. ①見た目
  4. ②臭い
  5. ③触感
  6. きゅうりが腐ったか心配な場合とは?
  7. ①かなり苦い
  8. ②中身がスカスカで空洞がある
  9. ③断面が白・赤・黄色など変色している
  10. ④中身が茶色・褐色に変化
  11. ⑤きゅうりの皮が白い
  12. 腐ったきゅうりを食べたらどうなる?対処法は?
  13. 体調に異常が出たら病院へ
  14. きゅうりが腐るまでの期間は?【保存方法別】
  15. ①常温保存の場合
  16. ②冷蔵保存の場合
  17. ③冷凍保存の場合
  18. きゅうりの傷みにくい保存方法・ポイントは?
  19. ①水気をしっかり拭く
  20. ②立てた状態で保存する
  21. ③新鮮なきゅうりを購入する
  22. きゅうりが腐る前に食べよう

きゅうりのヘタを上にして立てた状態で保存する理由は、縦に伸びるきゅうりが育っているときと同じ環境にすることで傷みにくくなります。野菜室を開け閉めするたびに立てたきゅうりが倒れないように、深さのある容器や半分に切ったペットボトル、牛乳パックに入れると便利です。

③新鮮なきゅうりを購入する

下記は、新鮮なきゅうりの選び方のポイントです。購入する際に参考にして見て下さい。

・全体にハリがある
・ツヤがあり表面が鮮やかな緑色
・太さが均一
・重量感がある
・いぼ(とげ)がしっかりしている
・へたの切り口がしおれていない



きゅうりは新鮮なものほど張りがあり、鮮度が落ちてくるとしなびてきます。緑色が濃くツヤがあるものほど新鮮です。きゅうりは端から端までの太さが均一なものほど良質とされ、茎に近い部分が膨らんでいるものはみずみずしさを失っています。

また、鮮度のいいものは重量感があります。きゅうりの表面のいぼは、新鮮なものほどしっかりしていて触るとチクチク痛く鋭く、へたの切り口部分がしおれていなくてみずみずしいものほど新鮮です。

きゅうりが腐る前に食べよう

水分の多いきゅうりは傷みやすく、賞味期限が短い野菜です。傷みが進むと、やがては腐ってしまいます。ただ、正しく保存すれば日持ちは長くなります。保存中のきゅうりの様子をしっかりと見極めて、腐る前に食べ切るようにしましょう。

関連する記事

×