金柑の旬・収穫時期はいつ?たまたまなど種類や保存方法・選び方を紹介!

金柑の旬の時期を知っていますか?今回は、金柑の旬の時期や主産地・生産量にくわえ、新鮮な金柑の選び方も紹介します。良く目にしても、なかなか知る機会の少ない金柑の栄養価や食べ方のおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 金柑の旬の時期・季節はいつ?
  2. 金柑の旬の時期・季節は冬(1月中旬〜3月中旬)
  3. 金柑の主産地・生産量
  4. 金柑の地域別のブランド品種は?
  5. ①たまたま【宮崎】
  6. ②ぷちまる【和歌山】
  7. ③ニンポウ【九州全域】
  8. 金柑の選び方や栄養価は?
  9. 新鮮な金柑の選び方
  10. 金柑の栄養価
  11. 金柑の旬の食べ方のおすすめ
  12. ①金柑の甘露煮
  13. ②金柑と人参のサラダ
  14. ③金柑のジャム
  15. ④金柑と春菊のサラダ
  16. ⑤金柑のマドレーヌ
  17. 金柑は旬に美味しく食べよう

金柑の旬の時期・季節はいつ?

のどを痛めてしまった時に、のど飴やシロップなどでよく使われる金柑ですが、実際にはどのような栄養価や食べ方があるのでしょう。今回は、金柑の種類や美味しいレシピを詳しく説明ていきます。

金柑の旬の時期・季節は冬(1月中旬〜3月中旬)

金柑の旬は、1月中旬から3月中旬と言われていますが、温室栽培の物は11月下旬から手に入ります。金柑は、主に温室・ハウス・路地の3つの栽培方法があり、路地栽培の物は1~3月が収穫期となります。金柑がもっとも美味しい時期を迎えるのは、1月中旬~3月上旬と言われているので、2月頃が最盛期です。

金柑の主産地・生産量

金柑の主産地は九州地方が多く、国内生産の上位5位までを占めており、特に宮崎は生産量の70%を占めています。次いで、鹿児島や熊本などがランクインしており、暖かい気候で育つ果物なのが分かります。

1位 宮崎県:2.673トン
2位 鹿児島県:853トン
3位 熊本県:88トン
4位 和歌山県:66トン
5位 佐賀県:60トン

※ここで紹介しているのは果物情報サイト、果物ナビの情報で2015年のものです。

温室栽培やハウス栽培の技術の発展で、本来の旬よりも長く金柑を楽しめるようになりました。露地栽培の金柑は1月下旬から収穫し始めるので、時期をずらして栽培法が異なる金柑を楽しむのも良いでしょう。

金柑の地域別のブランド品種は?

金柑にも特徴があり、甘みが強いもの、酸味が少ないもの、苦みが抑えられたものと沢山の種類があります。産地によっても味の特徴があるので見ていきましょう。

①たまたま【宮崎】

23meguさんの投稿
90089152 158987112237711 1417799313389249613 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

産地が宮崎県で温室栽培している金柑で、加工用に比べ実が大きめで甘いので生のまま食べることを目的に開発されました。糖度が16度以上もあり、その甘さはメロン並みです。表皮も柔らかく、丸かじりする食べ方が一番適しているブランド金柑です。

②ぷちまる【和歌山】

出典: https://www.pinterest.jp/pin/801077852463405040/

和歌山県で収穫量が多い品種で、ぷちまるは種が無く、果実も小ぶりで8~20gほどの可愛らしい金柑です。皮に甘みがあり、スナック感覚で皮ごと食べられ、糖度は最高の21度もある果実です。1本で実がなり、寒さに強く、育てやすいので家庭菜園用としても人気があります。

③ニンポウ【九州全域】

出典: https://www.pinterest.jp/pin/801077852453318176/

ニンポウ(寧波)は食用金柑の代表的な品種であり、江戸時代に中国から日本に伝わったとされています。皮が薄く丸ごと食べることも可能ですが、ジャムや甘露煮などにも適しています。たまたまは、このニンポウを何度も選抜して出来た選抜種で、品種改良される金柑のおおもとになる品種です。市場に出回っている金柑の多くがこの種類と言われています。

金柑の選び方や栄養価は?

美味しい金柑の選び方と、ビタミン豊富な金柑の栄養価を詳しく説明していきます。栄養価の高い金柑は、冬場の風邪をひきやすい時期に取り入れると、風邪予防にもなるのでおすすめです。

新鮮な金柑の選び方

金柑を選ぶ際のポイントを把握して、美味しく新鮮な金柑を選ぶようにしましょう。

・ヘタが茶色になっていない
・色が少し紅色を帯びた濃い色
・粒が大きい
・表面に張りがあってツヤがある
・重みを感じるもの


新鮮な金柑はヘタの部分が緑色なので、茶色っぽく枯れているようなものは避けましょう。金柑全体が紅色を帯びた濃いオレンジ色で、ツヤがあり、手に取った時にずっしりと重みがあるものは、みずみずしく美味しい金柑である可能性が高いのでおすすめです。

また、金柑は乾燥に弱いので、ビニールなどで覆われているものを選び保存もしっかりと行いましょう。

金柑の栄養価

金柑はビタミンも豊富で風邪予防に良いのですが、それだけなく、柑橘類には珍しくカルシウムも豊富です。骨や歯を丈夫にするカルシウムは、子供だけでなく高齢者など幅広い年齢層に必要な栄養素です。のどの痛みを取り除いたり、気管支を広げる咳止めの効果もあるので、冬場の風邪予防や、空気の乾燥する季節ならではの不快感の除去にも活躍します。

また、血行促進作用もあるので、冷え症で悩んでいる方や、体が寒さでこわばり肩こりが悪化する時期におすすめの果物です。

(*金柑の栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

金柑の栄養素と効能は?皮にも豊富?摂取量の目安や食べ過ぎの注意点も紹介!

金柑の旬の食べ方のおすすめ

金柑は大袋に入って売られていることが多いため、一度に食べきれないときは長期保存が可能な加熱料理にしたり、料理のアクセントに取り入れるのもおすすめです。ここでは、代表的なものから、意外性のある美味しいレシピをご紹介します。

①金柑の甘露煮

出典: https://www.sirogohan.com/recipe/kinkan/

金柑の代表的なレシピと言えば、甘露煮です。冷蔵庫保存で2週間ほど持ち、冷凍もできます。金柑を漬けていたみつはお湯に溶かしてホット金柑にすると、最後まで余すことなく美味しく食べられます。

金柑の甘露煮のレシピ/作り方:白ごはん.com

②金柑と人参のサラダ

出典: https://oceans-nadia.com/user/24309/recipe/387429

色どりも美しいビタミンカラーのサラダは、食卓を明るく演出してくれます。人参のカロテンは油との相性が良いので、オリーブオイルのマリネにすることで、栄養価の高いサラダが出来ます。

材料2つ♪人参と金柑のサラダ by 北島真澄 | 【Nadia | ナディア】レシピサイト - おいしいあの人のレシピ

③金柑のジャム

出典: https://cookpad.com/recipe/226684

金柑で作るマーマレードは、皮のほろ苦さが弱いので、子供にもおすすめのレシピです。ジャムが一度に使い切れないときは、小分けして冷凍庫で保存も出来るので、沢山作って少しづつ使うのも良いかも知れません。

金柑ジャム by せつぶんひじき 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

④金柑と春菊のサラダ

出典: https://oceans-nadia.com/user/28/recipe/146248

鍋料理に入れるイメージの強い春菊ですが、旬の春菊は苦みが少なく、葉も柔らかく良い香りが広がります。金柑のほかにマーマレードジャムをソースに使用することで程よい甘さが加わり、ちょっとしたおもてなしにも使えるレシピです。

春菊と金柑のサラダ by 柴田真希 | 【Nadia | ナディア】レシピサイト - おいしいあの人のレシピ

⑤金柑のマドレーヌ

出典: https://oceans-nadia.com/user/11375/recipe/147058

生地にほかに、焼く前にも金柑を乗せることによって、見た目にもおしゃれで美味しいマドレーヌが出来ます。材料を用意したらグルグル混ぜて焼くだけです。焦がしバターのひと手間が、より風味を豊かにしています。金柑の爽やかな香りが楽しめるレシピです。

きんかんたまたまのジューシー&しっとり濃厚マドレーヌ by ひなちゅん | 【Nadia | ナディア】レシピサイト - おいしいあの人のレシピ

金柑は旬に美味しく食べよう

金柑は、寒い冬に補いたい栄養素がぎっしりと詰まっています。生のまま食べるのも良いですが、料理やお菓子作りにも応用もきく食材なので、いろいろ試してみるのも良いでしょう。

関連する記事