八角はどんな味・香りのスパイス?シナモンと違う?健康効果や使い方など紹介!

八角はどんな味・香りの香辛料か知っていますか?自宅に調味料として常備している人は少なそうですが、使いこなせると料理に濃厚な深みが出ます。今回は、八角の味・香りの他に、効果・効能なども紹介します。八角の使い方や料理の例も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 八角とは?
  2. 八角は果物を乾燥させた香辛料
  3. 英語名でスターアニス
  4. 山椒の代用品にもなる
  5. 八角はどんな味・香り?
  6. 八角の味の特徴
  7. 八角の香りはシナモンのような甘い系
  8. 八角に効果・効能はある?
  9. 八角は漢方薬としての効能がある
  10. 八角の使い方や料理の例は?
  11. ①杏仁豆腐
  12. ②豚の角煮
  13. ③鶏肉と根菜のめんつゆとろみ煮
  14. ④麻婆豆腐
  15. 八角を使ってみよう

八角とは?

八角は中国料理や台湾料理には欠かせない調味料の一つで、味や香り、食感にも特徴があります。和食メニューにあえて八角を加え、アレンジする人も珍しくありません。ここでは、八角とはどんな調味料なのかについて説明します。

八角は果物を乾燥させた香辛料

八角とは、中国が原産である「トウシキミ」という果実を乾燥させて作った、香辛料のことです。高温や湿度に弱いのですが、中国の家庭では常備される調味料の一つで、「八角茴香(ハッカクウイキョウ)」と呼ばれることもあります。また漢方の生薬としても用いられており、その際は「大茴香(ダイウイキョウ)」といわれます。

中国ではクセの強い肉や魚を調理する料理が多いため、八角は家庭に常備する香辛料です。また、日本の七味唐辛子と同じように、家庭に「五香粉(ウーシャンフェン)」というミックスしたスパイスを常備していますが、その中にも八角が含まれています。濃厚な中国料理の多くに、八角が使われているのです。

英語名でスターアニス

八角は英語では「スターアニス」と呼ばれ、調味料として味が濃厚な料理に使われるだけでなく、杏仁豆腐をはじめとするお菓子のトッピングに使われることも多いです。またヨーロッパでは、焼きリンゴや果物のコンポートに八角を入れることも珍しくありません。「アニス」と呼ばれる、モクレン科の木の実が原料であるハーブの代用品として用いられるためです。

八つの星形という形状が、お菓子を彩るのにふさわしいだけでなく、食感を楽しめるのも魅力なのでしょう。

山椒の代用品にもなる

山椒とはミカン科の木の実をすり潰して作る香辛料で、日本の七味唐辛子にも含まれており、ピリッとした辛さがあります。和食でも鶏の山椒味噌焼きなどに用いられますが、山椒を切らしている時には八角を代用品として使えます。八角はスパイシーでありながら辛みがないため、子供のいる家庭などは山椒の代用品として使ってみてください。

八角はどんな味・香り?

八角を食べた経験のない人が香辛料の一種だと聞くと、スパイシーな味を連想する人が多いかもしれません。しかし八角は、辛みを感じさせない独特の味わいです。ここでは、八角の味の特徴や香りについて説明します。

八角の味の特徴

八角は甘みと苦みを併せ持っており、シナモンより渋みのある味が特徴となっています。肉や魚の臭みを消すための調味料として使われることが多く、油気が多いまたは濃厚な煮込み料理などをさっぱりと仕上げてくれます。八角は香りが強く一度に使うのは数欠片程度なので、料理と一緒に食べても食感が印象に残ることは少ないでしょう。

八角の香りはシナモンのような甘い系

八角の香りはシナモンに似ていながらも甘く独特ですが、スパイシーな清涼感も伴っているので、オリエンタルな印象を与えます。これは八角はシナモンとは違い、種子を乾燥させて作っているからです。

八角を多用するのは中国と台湾ですが、インドではカレーに用いるスパイスとしてだけでなく、鶏肉の炊き込みごはんやヨーグルトサラダにも使用しています。またヨーロッパでは、焼き菓子やドリンクに入れることも多く、味と香り、食感を楽しんでいるようです。

八角に効果・効能はある?

八角に限らず香辛料は薬として用いられることが多く、その効果・効能が期待されます。香辛料の中でも八角は生薬として認められており、漢方薬の原料として使用されているほどです。ここでは八角の漢方薬としての効能について説明します。

八角は漢方薬としての効能がある

八角は以下のような効能が認められることから、漢方薬に用いられています。

・冷えを改善する
・胃腸の調子を改善する
・食欲を促す
・気の巡りを改善する
・母乳が出やすくする
・抗酸化作用
・鎮静作用
・インフルエンザ予防に役立つ


病気の予防に効果的だと考えられるのは、身体を温める働きが認められるからですです。医食同源という考え方がある中国や台湾において、八角を日常的に調味料として用いることは理に適っているのでしょう。

八角の使い方や料理の例は?

八角はシナモンに似た甘い香りを持っていますが、苦みや渋みもあるため、料理からお菓子まで幅広く使われています。私たちが普段食べている料理に八角を加えることで、中華風のテイストが楽しめる料理もあります。ここでは、八角の使い方や料理例を紹介します。

①杏仁豆腐

出典: https://cookpad.com/recipe/2194141

スパイシーな調味料という印象のある八角ですが、杏仁豆腐に入れるとその甘さが引き立ちます。また、白い杏仁豆腐の上にスターアニスをのせることで目も楽しめます。スターアニスが持つほろ苦さが複雑な風味を加えてくれるので、本格派の味に仕上がるのもポイントです。

八角の甘さにハマりそう!プルプル杏仁豆腐 by matchbox 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

②豚の角煮

出典: https://cookpad.com/recipe/6073643

いつもの豚の角煮に八角を加えると、肉の臭みが消え、スパイシーな香りがする台湾風に仕上がります。東坡肉(トンポーロー)と呼ばれる中華風の角煮にして、ごはんに乗せて食べると子供にも喜ばれそうです。ぜひいつもの調味料に加えてみてください。

八角入り豚の角煮 by キャロレイン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

③鶏肉と根菜のめんつゆとろみ煮

出典: https://cookpad.com/recipe/4932929

鶏肉や野菜を鍋で蒸し煮にする際に八角を加えると、その甘い香りと少しの苦みが素材に移り、中華風な一品に変身します。めんつゆを使うと味が決まりやすいので、いつもとは違う主菜を作りたい時におすすめです。

八角香る 鶏肉と根菜のめんつゆとろみ煮 by まんまるらあて 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

④麻婆豆腐

出典: https://cookpad.com/recipe/5019410

八角は中華料理には欠かせないスパイスの一種なので、いつもの豆板醤などの調味料と共に麻婆豆腐に加えてみましょう。八角の香りがすることで本格派の中華料理に仕上がり、脂っぽさも和らげてくれます。胃腸が弱い人でも、八角が消化を促進してくれるので、安心して食べられます。

八角で本格的な香りの麻婆豆腐 by わたなべみえこ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

八角を使ってみよう

今回は、八角の味・香りの他に、効果・効能などを紹介しました。八角はクセのあるスパイスですが、適量を使うことで肉や魚の臭みを消し、油っぽさも軽減してくれます。身体を温める働きもあるので、夏バテの時や体力が落ちている時に八角の入った料理を食べるのがおすすめです。麻婆豆腐や豚の角煮など、なじみのある料理に八角を加えることから始めてみましょう。

関連する記事