チャーシューに最適な部位の選び方は?タイプ別に豚肉・鶏肉のおすすめや作り方を紹介!

チャーシューの部位のおすすめを知っていますか?今回は、チャーシューの<トロトロ・あっさり>などタイプ別に最適な部位の肉のおすすめや作り方のコツを紹介します。チャーシューの部位別のレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. チャーシューに最適な部位とは?
  2. チャーシューの作りたいタイプによって変わる
  3. チャーシューに最適な部位の選び方【タイプ別】
  4. ①トロトロのチャーシューを作りたい場合
  5. ②さっぱり・あっさりしたチャーシューを作りたい場合
  6. チャーシューの作り方のコツは?
  7. ①赤身が多い部位は低温調理する
  8. ②脂肪の多い部位は煮豚にする
  9. チャーシューの部位別の作り方・レシピ
  10. ①豚バラ肉のチャーシュー
  11. ②豚肩ロースのチャーシュー
  12. ③鶏むね肉のチャーシュー
  13. ④鶏もも肉のチャーシュー
  14. ⑤豚ヒレ肉のチャーシュー
  15. チャーシューは肉の部位を使い分けよう

チャーシューに最適な部位とは?

ラーメンなどによく使われるチャーシューは豚肉や鶏肉、使っている部位も様々ですが、いったいどの肉のどの部位を使うのが良いのでしょうか。ここではチャーシューを作るのに最適な部位について詳しく説明していきます。

チャーシューの作りたいタイプによって変わる

チャーシューはそのまま食べたり、ラーメンのトッピングに使ったり、チャーシュー丼にしたりと様々な食べ方があります。また、脂が乗ったこってりとしたチャーシューを食べたい時もあれば、赤身中心の肉で作ったさっぱりとしたチャーシューを食べたい時もあり、その時の気分によっても変わってくることでしょう。

このように様々な種類のあるチャーシュは使う肉の部位によって仕上がりが違ってくるため、自宅でチャーシュー作る場合、どのタイプのチャーシューを作るのか次第で最適な部位が変わってきます。

チャーシューに最適な部位の選び方【タイプ別】

作りたいチャーシューのタイプによって、最適な肉の部位はそれぞれ違います。ここでは、口の中でとろけるようなチャーシューを作るのに最適な肉の部位と、さっぱりとしたチャーシューを作る時の最適な肉の部位をそれぞれ紹介します。自宅などでチャーシューを作る際の参考にしてください。

①トロトロのチャーシューを作りたい場合

トロトロなチャーシューを作るのに最適なのは、脂肪分の多い下記2種類の豚肉です。

・豚バラ肉
・豚肩ロース


とろけるような食感のチャーシューと言えば豚バラ肉ですが、肩ロースでも脂身が多いものを選んでじっくり煮込むとトロトロなチャーシューを作ることが可能です。圧力鍋があれば煮込み時間が短時間で済むので、手軽に自宅でも作れます。

(*豚バラ肉について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

豚バラは高カロリーでも低糖質?栄養価やカロリーオフする調理法も紹介!

②さっぱり・あっさりしたチャーシューを作りたい場合

さっぱりとしたチャーシューを作るのに最適なのは、赤身の多い下記4種類の豚肉と鶏肉です。

・豚ヒレ肉
・豚肩ロース
・鶏もも肉
・鶏むね肉


豚肩ロースは肉の選び方や調理方法でトロトロなチャーシューだけでなく、あっさりとしたチャーシューも作ることができます。肩ロースであっさりとしたチャーシューを作る場合は、脂身が少ないものを選ぶようにしましょう。

(*豚ヒレや鶏胸肉について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

豚ヒレのカロリー・糖質は?ダイエット向き?栄養価やヘルシーな食べ方・レシピなど紹介!
鶏胸肉のカロリー・糖質は?高タンパクでダイエット向き?ヘルシーな食べ方・調理法も紹介!

チャーシューの作り方のコツは?

チャーシューは赤身の多い肉と脂肪の多い肉で美味しく作る調理方法が違ってきます。そこで、ここでは赤身の多い肉をパサつかずにしっとりさせるコツと、脂肪の多い肉をトロトロに仕上げる調理のコツをそれぞれ紹介します。

①赤身が多い部位は低温調理する

赤身の多い肉は脂肪分が少ないためパサついたチャーシューになりがちですが、低温でじっくり調理することによりパサつかずに柔らかく、しっとりとしたチャーシューを作ることが出来ます。赤身の多い肉は、肉に含まれるたんぱく質のアクチンが65~75℃の熱で硬く変性し、食感が悪くなってしまいます。

しかし、低温調理でアクチンの変性を防ぐことにより、柔らかいチャーシューを作ることが可能です。低温調理と聞くと難しそうなイメージがありますが、炊飯器の保温で簡単に作ることができます。チャーシューの作り方については後述するのでそちらを参考にしてみてください。

②脂肪の多い部位は煮豚にする

脂身の多い肉は赤身の多い部位と違って、高温で煮込むことによってとろけるようなチャーシューを作ることができます。これは、脂身に含まれるたんぱく質のコラーゲンが70~80℃でゼラチンに変性して柔らかくなるためです。また、高温で煮ることにより、豚肉の不要な脂肪分をしっかり落とすことができ美味しく仕上がります。

チャーシューの部位別の作り方・レシピ

作ろうとするチャーシューの種類によって最適な部位が違うことがわかりましたが、最後に豚肉と鶏肉の部位別に美味しいチャーシューの作り方を全部で5つ紹介します。ぜひ、自家製チャーシューを作る時の参考にしてみてください。

①豚バラ肉のチャーシュー

出典:https://cookpad.com/recipe/1977361

トロトロチャーシューの定番、豚バラ肉を使った口の中でとろけるチャーシューのレシピです。圧力鍋は使わないため煮込み時間が1時間と少し長めですが、基本的には煮込んで放置のため手間はそんなにかかりません。

柔らか◆煮豚チャーシュー◆とろける by MORIYABAR 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

②豚肩ロースのチャーシュー

出典:https://cookpad.com/recipe/5321277

豚肩ロースで作る、口の中でとろけるようなチャーシューのレシピです。圧力鍋は使わず1時間ほど煮込み、出来上がってから何時間可落ち着かせてから食べるとよりトロトロとした食感のチャーシューに仕上がります。余ったゆで汁で味玉も作れるのも嬉しいポイントです。

豚肩ロースで、とろけるチャーシュー! by ろみ★Cooking 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

③鶏むね肉のチャーシュー

出典:https://cookpad.com/recipe/6332345

鶏むね肉を使ったしっとりとしたチャーシューのレシピです。炊飯器を使って低温調理するので、特別な調理器具は必要ありません。低カロリーの鶏むね肉なので、ダイエット中の方にもピッタリです。

低温調理 ジューシー鶏胸肉チャーシュー by まどりん31 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

④鶏もも肉のチャーシュー

出典:https://cookpad.com/recipe/6337196

鶏もも肉に下味をつけて煮詰めるだけでできる簡単レシピです。鶏もも肉のチャーシューは、冷めても柔らかいのでお弁当などにも入れられます。

簡単!鶏もも肉チャーシュー by ふんにゃん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

⑤豚ヒレ肉のチャーシュー

出典:https://cookpad.com/recipe/4952678

豚ヒレ肉のチャーシューがたった15分で作れる時短レシピです。本来肉に味を染み込ませるのに1~3時間ほどかかりますが、煮詰めている途中で一度冷すことで短時間で作ることができます。

⭐️15分で簡単美味なヒレ肉チャーシュー by Jin's(公式) 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

チャーシューは肉の部位を使い分けよう

ラーメンに乗せたり、そのままおつまみとして食べたり、多くの人から愛されるチャーシューは、豚肉だけでなく鶏肉でも美味しく作ることができます。チャーシューを作る際は、ぜひ本記事を参考に適した肉の部位を選ぶようにしましょう。

関連する記事