チャーシューに最適な部位の選び方は?タイプ別に豚肉・鶏肉のおすすめや作り方を紹介!

チャーシューの部位のおすすめを知っていますか?今回は、チャーシューの<トロトロ・あっさり>などタイプ別に最適な部位の肉のおすすめや作り方のコツを紹介します。チャーシューの部位別のレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. チャーシューに最適な部位とは?
  2. チャーシューの作りたいタイプによって変わる
  3. チャーシューに最適な部位の選び方【タイプ別】
  4. ①トロトロのチャーシューを作りたい場合
  5. ②さっぱり・あっさりしたチャーシューを作りたい場合
  6. チャーシューの作り方のコツは?
  7. ①赤身が多い部位は低温調理する
  8. ②脂肪の多い部位は煮豚にする
  9. チャーシューの部位別の作り方・レシピ
  10. ①豚バラ肉のチャーシュー
  11. ②豚肩ロースのチャーシュー
  12. ③鶏むね肉のチャーシュー
  13. ④鶏もも肉のチャーシュー
  14. ⑤豚ヒレ肉のチャーシュー
  15. チャーシューは肉の部位を使い分けよう

チャーシューに最適な部位とは?

ラーメンなどによく使われるチャーシューは豚肉や鶏肉、使っている部位も様々ですが、いったいどの肉のどの部位を使うのが良いのでしょうか。ここではチャーシューを作るのに最適な部位について詳しく説明していきます。

チャーシューの作りたいタイプによって変わる

チャーシューはそのまま食べたり、ラーメンのトッピングに使ったり、チャーシュー丼にしたりと様々な食べ方があります。また、脂が乗ったこってりとしたチャーシューを食べたい時もあれば、赤身中心の肉で作ったさっぱりとしたチャーシューを食べたい時もあり、その時の気分によっても変わってくることでしょう。

このように様々な種類のあるチャーシュは使う肉の部位によって仕上がりが違ってくるため、自宅でチャーシュー作る場合、どのタイプのチャーシューを作るのか次第で最適な部位が変わってきます。

チャーシューに最適な部位の選び方【タイプ別】

作りたいチャーシューのタイプによって、最適な肉の部位はそれぞれ違います。ここでは、口の中でとろけるようなチャーシューを作るのに最適な肉の部位と、さっぱりとしたチャーシューを作る時の最適な肉の部位をそれぞれ紹介します。自宅などでチャーシューを作る際の参考にしてください。

①トロトロのチャーシューを作りたい場合

トロトロなチャーシューを作るのに最適なのは、脂肪分の多い下記2種類の豚肉です。

・豚バラ肉
・豚肩ロース


とろけるような食感のチャーシューと言えば豚バラ肉ですが、肩ロースでも脂身が多いものを選んでじっくり煮込むとトロトロなチャーシューを作ることが可能です。圧力鍋があれば煮込み時間が短時間で済むので、手軽に自宅でも作れます。

(*豚バラ肉について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

豚バラは高カロリーでも低糖質?栄養価やカロリーオフする調理法も紹介!

②さっぱり・あっさりしたチャーシューを作りたい場合

さっぱりとしたチャーシューを作るのに最適なのは、赤身の多い下記4種類の豚肉と鶏肉です。

・豚ヒレ肉
・豚肩ロース
・鶏もも肉
・鶏むね肉


豚肩ロースは肉の選び方や調理方法でトロトロなチャーシューだけでなく、あっさりとしたチャーシューも作ることができます。肩ロースであっさりとしたチャーシューを作る場合は、脂身が少ないものを選ぶようにしましょう。

(*豚ヒレや鶏胸肉について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

豚ヒレのカロリー・糖質は?ダイエット向き?栄養価やヘルシーな食べ方・レシピなど紹介!
鶏胸肉のカロリー・糖質は?高タンパクでダイエット向き?ヘルシーな食べ方・調理法も紹介!

チャーシューの作り方のコツは?

チャーシューは赤身の多い肉と脂肪の多い肉で美味しく作る調理方法が違ってきます。そこで、ここでは赤身の多い肉をパサつかずにしっとりさせるコツと、脂肪の多い肉をトロトロに仕上げる調理のコツをそれぞれ紹介します。

関連する記事

×