しめじの冷凍での保存方法・日持ち期間は?解凍のコツや使い方・レシピのおすすめも紹介!

【野菜ソムリエ監修】しめじは冷凍で保存できるのでしょうか?実はしめじを冷凍すると、色々なメリットを得られます。今回は、しめじを冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍のコツも紹介します。しめじの賞味期限が切れた時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 春日爽花
Instagram
野菜ソムリエプロ。大学在学時に合格率30%の野菜ソムリエプロの資格を一発で取得。現在は多くの人に野菜の魅力を伝えるためにSNSを用いてイラストでの情報発信を行なっている。
Instagram
野菜ソムリエプロ。大学在学時に合格率30%の野菜ソムリエプロの資格を一発で取得。現在は多くの人に野菜の魅力を伝えるためにSNSを用いてイラストでの情報発信を行なっている。

目次

  1. しめじは冷凍するメリットは?
  2. ①栄養価が上がる
  3. ②旨味が増加する
  4. ③長期保存ができる
  5. しめじを冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  6. 冷凍での保存方法
  7. 保存期間
  8. しめじを冷凍保存するポイントは?
  9. ①保存前に洗わない
  10. ②急速冷凍する
  11. ③子房に分ける
  12. ④保存袋の空気をよく抜く
  13. 冷凍のしめじを解凍する方法は?
  14. ①凍ったまま調理できる
  15. ②冷蔵庫で自然解凍する
  16. 冷凍しめじが賞味期限切れた時の見分け方は?
  17. 賞味期限が切れたしめじの特徴
  18. 冷凍しめじの使い方・レシピ
  19. ①しめじのポタージュ
  20. ②しめじと山芋の味噌汁
  21. ③しめじと厚揚げの卵煮
  22. ④しめじのバター炒め
  23. ④しめじとベーコンのパスタ
  24. ⑥しめじとさつまいもの炊き込みご飯
  25. しめじを正しく保存して日持ちさせよう

しめじは冷凍するメリットは?

きのこの一種であるしめじは、今や旬の秋だけでなく1年中楽しまれています。実はしめじは冷凍保存することで、さまざまなメリットを得ることができます。しめじをより一層美味しく食べれるように、この記事を参考に冷凍してみましょう。

①栄養価が上がる

しめじにはビタミンやアミノ酸などの栄養素が豊富に含まれていますが、冷凍することでより栄養価を高めることが出来ます。冷凍すると、細胞内の水分が膨らんで細胞壁が壊れ栄養が溶け出てきます。そうすることで私たちが食べるときに、体に栄養が吸収されやすくなるからです。

しめじには食物繊維も含まれていますが、冷凍しても影響なく摂取することができるので安心してください。

②旨味が増加する

しめじは昔から、香り松茸・味しめじといわれるほど味に定評がある食材です。しめじには、グルタミン酸やイノシン酸、グアニル酸という旨味成分が豊富に含まれています。冷凍することで、旨味成分も細胞内から溶け出し、食べたときに一段と旨味を感じやすくなるようです。

また、しめじにはオルニチン酸という解毒作用のある栄養素もあります。冷凍することで、栄養素が吸収されやすくなり、二日酔いや肌荒れにも効果的でしょう。

③長期保存ができる

しめじは安く購入できるため、つい多く買ってしまい余らせることもあるでしょう。冷蔵保存もできますが、日がたつにつれ、鮮度も風味も落ちて傷んできます。おすすめは、すぐに食べられない分は冷凍してしまうことです。冷蔵保存だと1週間ほどしかもちませんが、冷凍することによって1か月も長く保存することが出来ます。

あらかじめ冷凍して、食材を無駄にしないようにしましょう。

しめじを冷凍保存する方法・日持ち期間は?

しめじを冷凍することで、長期に美味しく食べられますが、正しく保存ができないと、せっかくのしめじが台無しになってしまします。ここでは、冷凍しめじの正しい保存方法と保存期間について説明します。

冷凍での保存方法

しめじは生のままで冷凍ができます。ここでは、しめじの冷凍保存の方法を順を追って説明します。

1、しめじを洗わずに、石づきをカットする
2、小房に分ける
3、ジップロックなどの保存袋に入れ、空気を抜き、口をしっかり閉じる
4、冷凍する


こうすることで、調理するときにさっと取り出して使える上に、しめじに火が通りやすくなっているので時短にもなります。ひと手間かかりますが、簡単にできるのでぜひやってみて下さい。

保存期間

冷凍したしめじは、季節にもよりますが約3~4週間程度保存することが可能です。特に夏場は暑さで食材が傷むのが早くなります。旨味が落ちしめじ自体も傷んでくるので、期間内に使い切るように注意してください。

また、冷凍しめじは日がたつにつれて歯ごたえが柔らかくなるので、歯ごたえを感じたい方は様子を見ながら早めに食べきりましょう。

(*しめじの保存方法による保存期間の違いについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

しめじの保存方法・期間は?冷凍・冷蔵で日持ちする?解凍のコツや賞味期限の見分け方を紹介!

しめじを冷凍保存するポイントは?

しめじを冷凍保存する上で気を付けてほしいポイントがあります。保存方法の手順と合わせて確認し、失敗のないようにしましょう。

①保存前に洗わない

しめじは、冷凍前に洗わないことが大切です。洗うことによって旨味や風味が逃げてしまい、せっかくの味が台無しになってしまいます。市場に出回っているしめじは、基本的に汚れのつかない環境で栽培しているため、洗う必要がありません。どうしても気になる場合は、ふきんやペーパーを使い汚れを取り除きましょう。

また、しめじは水分に弱く、洗ったまま冷凍してしてしまうと傷んで味が変わってしまいます。水にさらされてない状態で保存するよう気を付けてください。

(*しめじを洗わない方が良い理由について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

しめじは洗う?洗わない?必要性がある場合とは?味落ちしにくい洗い方も紹介!

春日爽花

野菜ソムリエ

しめじを冷蔵保存する際にも湿気に気をつけることが大切です。しめじをパックのまま冷蔵庫に入れるのではなく、キッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて保存することで湿気から守らことができます。

②急速冷凍する

しめじを正しく冷凍すれば一層美味しく食べることが出来ますが、より良い状態にしたい場合は急速冷凍をするのがおすすめです。方法としては以下の2種類があります。

・しめじを金属製のトレイに置き冷凍し、凍ったら保存袋に移し再度冷凍する
・冷蔵庫に搭載されている、急速冷凍機能を使って冷凍する


金属製のトレイに置くことで、急激に温度が下がり、風味や栄養を閉じ込めたまま保存することが出来ます。

③子房に分ける

冷凍する際は、石づきをカットして小房に分けて保存しましょう。そのまま冷凍してしまうと、調理するときに使いにくい上に、時間がかかり冷凍しめじが溶けて栄養素が外へ逃げてしまいかねません。少々手間はかかりますが、石づきを切り落とした後は、簡単に手で割くことができるのでやってみましょう。調理するときに楽になります。

④保存袋の空気をよく抜く

しめじを保存袋に入れる時は、空気をよく抜きましょう。空気が入ったまま冷凍してしまうと、しめじが空気に触れ酸化して色が変わり、傷みやすくなる原因になります。保存袋はジップロックなどの口を閉めることができるものを使うのがおすすめです。できる限り空気を抜いて、密閉された状態で冷凍するようにしましょう。

冷凍のしめじを解凍する方法は?

冷凍しめじは正しく解凍することで、美味しく食べることができます。ここでは、しめじの解凍方法や知っておきたいポイントについて説明します。

①凍ったまま調理できる

冷凍しめじはそのまま使え、手軽に調理することができます。また、解凍することで栄養分が外に出やすくなるので、冷凍したまま使ったほうが栄養を無駄なく摂取できるでしょう。特におすすめなのは、煮物や汁物に入れて食べることです。冷凍することで溶け出る旨味や栄養を、もれなく吸収できるので、体に嬉しく、美味しく食べることができます。

②冷蔵庫で自然解凍する

冷凍しめじは自然解凍も可能です。その際は、解凍するときに旨味成分や栄養が外に流れていってしまうので、冷蔵庫に入れてできるだけゆっくり解凍するのがおすすめです。どうしても急いで解凍したいときは、電子レンジを使うこともできます。ただ、しめじの水分や成分が多く外に出てしまうので、出たものは料理に使うなど余すことなく食べましょう。

冷凍しめじが賞味期限切れた時の見分け方は?

冷凍しめじは長く保存できますが、期間を過ぎると腐ってきます。ここでは賞味期限が切れた冷凍しめじの見分け方について説明をします。

賞味期限が切れたしめじの特徴

賞味期限が切れた冷凍しめじは以下の特徴があります。

・変色している
・異臭がする
・苦味がある


変色は空気に触れ、酸化することで起こります。酸化させないために、保存時はしっかり空気を抜いて密閉された状態にしましょう。また、しめじが傷んでいて、解凍時に異臭や苦みを感じる場合もあります。極力冷凍したまま調理して、中の水分を逃がさないようにすることで異臭や苦みを防ぐことができます。

冷凍しめじは期間内に食べることに加え、正しく保存、解凍することで賞味期限を延ばすことが大切です。

(*しめじが腐るとどうなるかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

しめじが腐るとどうなる?見分け方は?日持ちする保存法も紹介!

冷凍しめじの使い方・レシピ

冷凍しめじを使ったレシピになります。全て冷凍したまま使える料理なので、手軽に作ることができます。参考にして作ってみて下さい。

①しめじのポタージュ

しめじと玉ねぎの温かいスープです。冷凍しめじをそのまま入れることで、栄養素や旨味が汁に溶け出し、風味のある栄養たっぷりのスープを作ることができます。

手軽にできるしめじのミルクスープ。 by ラビー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

②しめじと山芋の味噌汁

秋の味覚のしめじと山芋が合わさった味噌汁です。しめじのツルりとした食感と、すりおろした山芋のトロリとしたのどごしを楽しめます。冷凍しめじを使って手軽に作れるのも嬉しい一品です。

しめじと山いもの味噌汁 by JA中野市 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

③しめじと厚揚げの卵煮

そのまま食べても、ご飯にのせて食べても美味しい一品です。冷凍しめじは煮物にしても、汁まで飲めば栄養を余すことなく取ることができます。

厚揚げとしめじの煮物~親子丼の味★卵とじ by ほっこり~の 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

④しめじのバター炒め

冷凍しめじは、炒め物にすると歯ごたえを感じられて美味しいです。にんにくバター醤油で調味することで、箸の止まらない絶品を作ることができます。

豆苗としめじのガーリックバター醤油炒め by trueblue 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

④しめじとベーコンのパスタ

冷凍しめじとベーコンの旨味に加え、牡蠣だし醤油の豊かな風味も合わさった贅沢なパスタです。シンプルな一品ですが、旨味のある食材を掛け合わせることでワンランク上の味を楽しめます。

ベーコンとしめじの和風パスタ  by ヒガシマル醤油 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

⑥しめじとさつまいもの炊き込みご飯

冷凍しめじはご飯と一緒に炊き込むことで香り豊かな一品になります。風味も見た目も楽しめる炊き込みご飯は、普段の食事にもおもてなし料理にもピッタリです。

さつまいもとしめじのほっこり炊き込みご飯 by スノーキッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

春日爽花

野菜ソムリエ

しめじを冷凍させると独特の食感は失われてしまいます。そのため、食感を大切にしたい時には買ってすぐ調理をすることがオススメです。正しく冷凍保存させて美味しくいただきましょう。

しめじを正しく保存して日持ちさせよう

しめじは冷凍保存することで、長期的に美味しく食べることができます。冷凍する際は気を付けるべきポイントがいくつかあるので、ぜひこの記事を参考にして冷凍しめじを正しく保存してみて下さい。

関連する記事

×