餅の保存方法・期間は?つきたてでもOK?冷蔵・冷凍でカビ防止&長持ちのコツを解説!

餅の保存方法を知っていますか?今回は、切り餅やついた餅を<冷蔵・冷凍>で保存する方法や日持ち期間の目安のほか、解凍方法を紹介します。餅の賞味期限が切れた場合の特徴や柔らかいまま保存する方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 餅の保存方法は?冷凍できる?
  2. 餅は冷蔵保存でも問題ない
  3. 餅は冷凍で長期間保存できる
  4. 市販の包装された餅以外は基本常温で保存できない
  5. 餅を保存する際のポイントは?
  6. ①空気に触れないようにする
  7. ②つきたての餅は引っ付かないようにする
  8. 餅の冷蔵での保存方法・期間は?
  9. 市販の切り餅を冷蔵保存する方法
  10. ついた餅を冷蔵する保存方法
  11. 餅の冷蔵での保存期間
  12. 餅の冷凍での保存方法・期間は?
  13. 市販の切り餅を冷凍保存する方法
  14. ついた餅を冷凍する方法
  15. ポイント①小分けして冷凍保存する
  16. ポイント②急速冷凍する
  17. 餅の冷凍での保存期間
  18. 冷凍餅の解凍方法・焼き方は?
  19. ①冷蔵で自然解凍する
  20. ②電子レンジを使って解凍する
  21. ③フライパンを使って解凍する
  22. ④鍋を使って解凍する
  23. ⑤オーブントースターを使って解凍する
  24. 餅を柔らかいまま保存する方法はある?
  25. ①炊飯器に入れて保存する
  26. ②発泡スチロールを使って保存する
  27. ③餅に砂糖を加える
  28. 保存しても固くならない餅を作るのも一手
  29. 餅の賞味期限が切れた時の見分け方は?
  30. 餅の賞味期限が切れた場合の特徴
  31. 餅をうまく保存して美味しく食べよう

餅の保存方法は?冷凍できる?

餅はお正月などによく食べますが、たくさん手に入っても以外と食べ切れず知らないうちに賞味期限が切れてしまっていることはないでしょうか?餅を無駄にしないように上手に保存しておくにはどのような方法があるのか、冷凍保存はできるのか詳しく見ていきましょう。

餅は冷蔵保存でも問題ない

餅は冷蔵庫に入れいても、カビてしまったりしてダメにすることがありますが、正しく保存すれば冷蔵保存することは可能です。家でついた手作りの餅や個包装の封を開けてしまった市販の餅は、カビやすい為常温での保存には適していません。短期間の保存であれば正しい方法での冷蔵保存がおすすめです。上手な冷蔵保存の方法は、下記で詳しく紹介します。

餅は冷凍で長期間保存できる

餅は冷蔵保存だと短期間しか保存できませんが、冷凍庫だと長期の保存が可能になります。しばらく食べる予定のない時や、大量に餅があって保存したい時などはぜひ冷蔵保存するようにしてください。他の食品と比べ餅は冷凍保存での劣化が少なく、長期保存ができるため一番おすすめの保存方法です。

(*餅の冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

餅の冷凍での保存方法・賞味期限は?焼き方や解凍のコツは?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

市販の包装された餅以外は基本常温で保存できない

市販されている餅で袋に入った状態のままであれば、記載の賞味期限内であれば常温保存は可能です。餅はとてもカビやすい食材なので、市販の包装されたもの以外は常温保存には向いていません。どうしても常温保存したい時は、冬の間であれば水餅という保存方法があります。これは餅を水に浸すだけで日持ちさせることが可能な、昔ながらの保存方法です。

水餅のやり方は、カビを防ぐために餅を水から出ないように気を付けて、毎日水を交換して衛生面に気を配るようにしてください。水を変える手間はかかりますが、正しく保存すれば1ヵ月程常温保存することが可能です。

餅を保存する際のポイントは?

餅の保存には、どの保存方法でも共通して大切なポイントがあります。次は餅の保存する際のポイントを、いくつか具体的に紹介します。

①空気に触れないようにする

空気に触れないように保存する手段は、次のようなものがあります。

・ラップにつつむ
・保存袋に入れる
・小分けにする


上記のような方法で、出来る限り空気に触れないようにすることが餅の保存では一番重要です。空気に触れると空気中のカビの胞子が付着して、餅が傷みやすくなってしまいます。しっかり密閉保存すれば、餅の乾燥を防ぎ美味しさを保つことが可能です。

②つきたての餅は引っ付かないようにする

家でついたつきたての餅の保存方法のポイントです。

・つきたての餅に片栗粉か餅粉をまぶす
・金属のトレイなどにくっつかないように餅を分けて間を開けて冷凍する
・一切れずつラップをして保存袋に入れて冷凍保存する


つきたての餅は柔らかいので、保存する時は引っ付かないように注意しましょう。粉をまぶすとひっつきにくくなりますが、カビが生えてしまいやすくなるデメリットがあります。できれば粉を付けずに小分けにして、冷凍保存すると良いでしょう。保存袋に入れる際は、ストローなどで中の空気を吸い出して真空パックにすると更に適した状態で保存できます。

餅の冷蔵での保存方法・期間は?

関連する記事