冷凍卵の作り方や保存期間は?食中毒の危険がある?解凍法や食べ方・レシピのおすすめも紹介!

卵は冷凍できるか知っていますか?卵は焼いて食べる以外にも食べ方はたくさんあります。今回は、冷凍卵の作り方や冷凍するメリットのほか、食中毒など危険性も紹介します。〈天ぷら・目玉焼き〉など、冷凍卵を使ったレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生卵は冷凍できる?メリットは?
  2. 冷凍卵にすると黄身がクリーミーになり美味しい
  3. 生卵を冷凍した時の保存期間・賞味期限の目安
  4. 生卵は冷凍すると危険性もある?食中毒になる?
  5. 膨張して殻にヒビが入り菌が入る可能性がある
  6. 冷凍卵の作り方は?
  7. 冷凍卵の作り方・手順
  8. 冷凍卵の殻の剥き方
  9. 冷凍卵の解凍方法は?黄身・卵白はどう変化する?
  10. 自然解凍でOK
  11. 解凍後の冷凍卵の特徴
  12. 冷凍卵の食べ方・料理レシピのおすすめ
  13. ①電子レンジでできる温泉卵
  14. ②黄身のしょうゆ漬け
  15. ③半熟卵入り鶏バーグ
  16. ④冷凍卵をのW目玉焼き
  17. ⑥冷凍卵の餅巾着
  18. 卵を冷凍して美味しく食べよう

生卵は冷凍できる?メリットは?

生卵は冷蔵保存されることがほとんどですが、冷凍保存することができるといわれることもあります。ここでは生卵を冷凍できるか、また冷凍した際のメリットについても、解説していきます。

冷凍卵にすると黄身がクリーミーになり美味しい

生卵の冷凍は可能です。生卵を冷凍することで生卵の中のタンパク質が結合し変化することで卵黄の弾力が増します。そのため、半熟卵よりも硬めでクリーミーな卵黄そのものの味わいが際立ち、美味しく感じるようです。

生卵を冷凍した時の保存期間・賞味期限の目安

冷凍卵の場合、1~2日が保存期間・賞味期限になります。食品は全般的に冷凍することで、冷蔵で保存するよりも長持ちしますが、卵については冷凍のほうが保存期間が短くなると覚えておきましょう。

(*卵の保存期間について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

卵は常温保存で大丈夫?夏は危険?日持ち期間は何日かや腐敗の見分け方なども紹介!

生卵は冷凍すると危険性もある?食中毒になる?

生卵を冷凍保存すると美味しくなりますが、冷凍保存の仕方を間違えると危険性も出てきます。冷凍保存が原因で食中毒なりかねないので、保存の方法にはしっかりと注意しましょう。以下では、対策について説明します。

膨張して殻にヒビが入り菌が入る可能性がある

生卵は冷凍すると殻が割れ、菌が繁殖しやすくなるため、凍ったらすぐに食べてください。また、解凍後も時間をあけずに食べましょう。冷凍して数日経過した場合は、念のため加熱するほうが安心です。加熱することで、ある程度の菌を殺菌できます。

(*卵の腐敗について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

腐った卵の見分け方は?生食・加熱別の賞味期限や日持ちする保存方法も紹介!

冷凍卵の作り方は?

出典:https://news.cookpad.com/articles/10810

ここでは冷凍卵の作り方について説明していきます。冷凍卵を作りたい方はぜひ参考にしてみてください。誤った作り方をすると食中毒を引き起こしかねないので、しっかりと確認しながら作りましょう。

冷凍卵の作り方・手順

関連する記事

×