ミニトマトの種類20選!甘い・糖度順に育てやすい人気品種なども紹介!

ミニトマトの種類はどれくらいあるか知っていますか?今回は、ミニトマトの種類・品種を〈高糖度〉順に合計20個紹介します。味・育てやすさなど特徴から家庭菜園でも育てやすい品種も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ミニトマトとはどんな野菜?
  2. ミニトマトの旬・収穫時期は2回
  3. ミニトマトとプチトマトの違いは?
  4. ミニトマトの種類の数は日本でも200個以上
  5. ミニトマトの種類・品種|糖度ランキング20選!
  6. ①オレンジパルチェ
  7. ②キャンディードロップ
  8. ③ピコ
  9. ④アメーラルビンズ
  10. ⑤シュガープラム
  11. ⑥フルーティー美味
  12. ⑦ジューシーミニ
  13. ⑧純あま
  14. ⑨ピッコラルージュ
  15. ⑩キラーズ
  16. ⑪ プチぷよ
  17. ⑫ ルージュドボルドー
  18. ⑬ オレンジキャロル
  19. ⑭ サンゴールド
  20. ⑮アイコ
  21. ⑯ 千果
  22. ⑰ 甘っ子
  23. ⑱ ぺぺ
  24. ⑲ みどりちゃん
  25. ⑳ イエローミミ
  26. ミニトマトの種類は様々

ミニトマトとはどんな野菜?

ミニトマトの魅力は何と言ってもきれいな色合いです。小さくてかわいらしいのでお弁当の彩りによく使われます。一方、ミニトマトに含まれる栄養素も豊富で、リコピンやカロチンなど、積極的に食べたい野菜の一つです。家庭菜園でも比較的簡単に作ることができるので、人気があります。

ミニトマトの旬・収穫時期は2回

ミニトマトは夏野菜のため、旬は夏と思われがちですが、実は高温多湿の環境を嫌うため、真夏は旬とは言えません。ミニトマトの味が最も美味しいのは、春から初夏にかけてと、秋になります。

家庭菜園の場合、ミニトマトは植えつけてから60日後くらいから実がなり、その時期は6月から11月頃まで何度も収穫できます。ただし旬の時期の収穫は、暑くなる前と暑さがおさまり寒くなる前の2回になります。

(*ミニトマトと似たトマトの旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

トマトの旬は夏じゃない!春や秋〜冬に一番美味しくなる理由とは?

ミニトマトとプチトマトの違いは?

ミニトマトもプチトマトもトマトの中の小さい種類のものを言います。ミニトマトもプチトマトも同じものなのですが、以前は小さい種類のトマトの中で、輸入品をプチトマトと名前をつけて売っていた時期がありました。現在は名前だけが残っており、ミニトマトもしくはプチトマトとして売られています。

ミニトマトの種類の数は日本でも200個以上

ミニトマトは種類が非常に多いことでも知られている野菜で、日本では約200種類ほどの品種が作られています。色は赤だけでなく、黄色や緑、茶などもあり、形も丸いものや細長いもの、味も甘いもの、酸っぱいものなど多種多様です。

ミニトマトの種類・品種|糖度ランキング20選!

ミニトマトは種類が非常に多いですが、その中でも糖度の高い人気の品種20種をランキング形式で紹介します。

①オレンジパルチェ

出典:https://www.kobayashi-seed.com/shopdetail/000000004800/

・糖度:15度〜
・味:甘く、風味が良い
・育てやすさ:異常茎になりにくく、家庭菜園でも栽培しやすい


名前の通り、黄色とオレンジの中間のような色で、15gくらいの丸いミニトマトです。栽培しやすく高糖度で美味しく、βカロチンが豊富で、子どものおやつにも食べられます。極早生種のため、3月中旬~5月上旬頃、種を蒔きましょう。

②キャンディードロップ

出典:https://www.engei.net/Browse.asp?ID=137957

・糖度:12〜13度
・味:とても甘く、果肉がなめらか
・育てやすさ:安定的な美味しさと裂果も少なく、家庭菜園でも育てやすい


色が赤く、形は細長いプラム型をしている品種です。直径40cmで30gほどの大きさで粒が揃いやすく、非常に育てやすい品種です。高糖度のミニトマトは家庭で育てるのは難しいと言われますが、キャンディードロップは水の量を減らさずとも、甘い実が出来上がります。

③ピコ

出典:https://matome.naver.jp/odai/2143229104343784901

関連する記事