かぼちゃの冷凍での保存方法・期間は?生でもできる?解凍法や作り置きレシピも紹介!

かぼちゃは冷凍保存できるか知っていますか?今回は、<生・加熱した・マッシュ>のかぼちゃの冷凍方法・ポイントや、保存期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。かぼちゃの賞味期限切れの見分け方や、冷凍かぼちゃの人気レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. かぼちゃは冷凍保存できる?
  2. かぼちゃは冷凍で長期間保存できる
  3. かぼちゃを冷凍保存する際のポイントは?
  4. ①種とわたを取ってから冷凍保存する
  5. ②小分けにして冷凍する
  6. ③空気に触れないようにする
  7. ④急速冷凍する
  8. かぼちゃを生で冷凍保存する方法・期間は?
  9. かぼちゃを生で冷凍保存する方法
  10. 生のかぼちゃの冷凍での賞味期限・保存期間
  11. かぼちゃを加熱して冷凍保存する方法・期間は?
  12. かぼちゃを加熱して冷凍保存する方法
  13. 加熱したかぼちゃの冷凍での賞味期限・保存期間
  14. かぼちゃをマッシュにして冷凍保存する方法・期間は?
  15. かぼちゃをマッシュして冷凍保存する方法
  16. マッシュしたかぼちゃの冷凍での賞味期限・保存期間
  17. 冷凍かぼちゃの解凍方法・使い方は?
  18. ①電子レンジを使って解凍する
  19. ②凍ったまま加熱調理して使う
  20. かぼちゃの賞味期限が切れた時の見分け方は?臭いのは大丈夫?
  21. 冷凍かぼちゃが臭い原因
  22. 賞味期限が切れたかぼちゃの特徴
  23. 冷凍かぼちゃのお弁当のおかず向けレシピ
  24. ①かぼちゃのミニグラタン
  25. ②かぼちゃ団子
  26. ③かぼちゃのサラダ
  27. ④かぼちゃの煮物
  28. ⑤かぼちゃの甘辛焼き
  29. かぼちゃを冷凍保存して美味しく食べよう

かぼちゃは冷凍保存できる?

煮物やソテー、サラダなど、様々な料理に使われるかぼちゃですが、一度に使いきれずに傷んでしまうことの多い食材です。かぼちゃを長期間おいしく食べるために、冷凍保存することもできるのでしょうか?

かぼちゃは冷凍で長期間保存できる

かぼちゃは冷凍保存することができ、冷蔵時より日持ちしたり、解凍せずそのまま調理できて時短になったりと多くのメリットがあります。かぼちゃは一度切ってしまうとすぐ傷んでしまい、作り置きのおかずにしても長期間保存できません。かぼちゃをすぐに使う予定が無い場合は、なるべく早めに冷凍保存するとよいでしょう。

かぼちゃを冷凍保存する際のポイントは?

冷凍かぼちゃは、適切に保存しないと日持ちせずに劣化する可能性があります。冷凍保存する際に、鮮度を保って日持ちさせるためにどんなポイントがあるのでしょうか?

①種とわたを取ってから冷凍保存する

かぼちゃは種やわたがついた状態で保存すると傷んで臭いが出るので、洗う前にスプーンや包丁の背の部分などで取り除きましょう。また、水分は傷みの原因になるため、洗うのは皮の部分に留めて洗った後はキッチンペーパーなどで水分をふき取ります。なお、種、わた、水分をすべて除いたら食べやすい大きさに切っておくと調理の際に便利です。

②小分けにして冷凍する

カットしたら調理する際の1回使用分ごとに小分けにし、ラップで包みます。一度解凍したかぼちゃは再冷凍すると味や食感が変わる上、日持ちせず傷みやすくなります。再冷凍を防ぐためにも、あらかじめ使う分量ごとに小分けにして保存するとよいでしょう。

③空気に触れないようにする

かぼちゃは、空気に触れると劣化が進んでしまいます。冷凍保存する際は、かぼちゃをラップで包んだ後にジッパーバッグなどの密閉できる冷凍保存袋に入れてから冷凍保存しましょう。ラップと密閉保存袋の二重にすることで空気に触れにくく、日持ちさせることができます。なお、ラップで包む際にもかぼちゃにラップを密着させるようにして包むのがポイントです。

④急速冷凍する

冷凍時は、美味しさを保つために素早く冷凍することが大切です。時間をかけて冷凍すると、かぼちゃに含まれる水分が膨張して細胞を傷つけ、味が落ちてしまうのでなるべく時間をかけずに急速冷凍するのがポイントです。

冷凍庫の温度設定を「強」にし、金属トレーやアルミを敷いたトレーの上に平たく並べることで、冷凍効率が上がって急速冷凍できるので試してみてください。

(*かぼちゃを美味しく冷凍する方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

かぼちゃの冷凍がまずい原因は?正しい保存・解凍方法や活用レシピのおすすめも紹介!

かぼちゃを生で冷凍保存する方法・期間は?

関連する記事