玉ねぎの保存方法・期間は?常温・冷蔵・冷凍で日持ちするコツやレシピのおすすめを紹介!

玉ねぎは冷凍保存できるか知っていますか?今回は、玉ねぎの<常温・冷蔵・冷凍>での保存方法・ポイントや、保存期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。玉ねぎの賞味期限切れの見分け方や、保存食向きのレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 玉ねぎの保存方法は?冷凍で日持ちする?
  2. 玉ねぎの長期間保存する場合は冷凍がおすすめ
  3. 玉ねぎは常温・冷蔵での保存可能
  4. 玉ねぎの常温での保存方法・期間は?
  5. ①玉ねぎをネットで吊るす保存方法
  6. ②玉ねぎを箱やかごに入れて保存する方法
  7. 玉ねぎの常温での賞味期限・保存期間
  8. 玉ねぎの冷蔵での保存方法・期間は?
  9. ①丸ごとの玉ねぎを冷蔵保存する方法
  10. ②カットした玉ねぎを冷蔵保存する方法
  11. 玉ねぎの冷蔵での賞味期限・保存期間
  12. 玉ねぎの冷凍での保存方法・期間は?
  13. ①丸ごとの玉ねぎを冷凍保存する方法
  14. ②カットした玉ねぎを冷凍保存する方法
  15. 玉ねぎの冷凍での賞味期限・保存期間
  16. 玉ねぎを冷凍保存する際のポイントは?
  17. ①小分けして冷凍保存する
  18. ②空気に触れないようにする
  19. ③急速冷凍する
  20. 冷凍玉ねぎの解凍方法は?
  21. ①丸ごと冷凍した玉ねぎの解凍方法
  22. ②カットした冷凍玉ねぎの解凍方法
  23. 玉ねぎの賞味期限・消費期限が切れた時の見分け方は?
  24. 賞味期限・消費期限が切れた玉ねぎの特徴
  25. 玉ねぎの保存食向きレシピ
  26. ①簡単オニオンソース
  27. ②酢玉ねぎ
  28. ③玉ねぎドレッシング
  29. 玉ねぎをうまく保存して美味しく食べよう

玉ねぎの保存方法は?冷凍で日持ちする?

洋風・和風問わずどのような料理にも使える玉ねぎですが、どのように保存すると日持ちするのでしょうか。常温・冷蔵・冷凍どの方法で保存するのがおすすめなのかや、日持ちする期間についても紹介します。

玉ねぎの長期間保存する場合は冷凍がおすすめ

玉ねぎを長期保存したい場合には冷凍をすると良いでしょう。玉ねぎの皮を剥いて好きな大きさにカットした後ジッパー付の保存袋に入れるだけで冷凍でき、冷凍することで火が通りやすくなるだけでなく甘みも増します。なお、詳しい冷凍方法については後述するので参考にしてください。

玉ねぎは常温・冷蔵での保存可能

玉ねぎを皮付きのまま丸ごと保存する場合は、基本的には常温で保存可能です。ただし、玉ねぎは本来冬の野菜であり、保存に適した温度は0~5度であるため、夏に保存する場合は新聞紙で包んだ上で冷蔵庫で保存すると良いでしょう。

玉ねぎの常温での保存方法・期間は?

玉ねぎは常温でも保存出来ることが分かりましたが、具体的にどのような保存方法をすると日持ちするのでしょうか。いくつかの方法を紹介するので、自分に合った方法を試してみましょう。常温での賞味期限についても説明するので参考にして下さい。

①玉ねぎをネットで吊るす保存方法

玉ねぎをネットで吊るすのも常温で日持ちさせる方法の一つです。この際の吊るし方や吊す場所のポイントは下記の通りです。

・風通しが良い場所に吊す
・日が当たらない場所を選ぶ
・1つのネットに入れる玉ねぎの数は3~5個程度にする


風通しが良く、日の当たらない涼しい所を選んで吊すようにしましょう。ネットが無い場合はストッキングでも代用出来るので試してみて下さい。

②玉ねぎを箱やかごに入れて保存する方法

玉ねぎを吊す場所が無い場合におすすめなのが、箱やかごに入れて保存する方法です。この際は、下記の点に注意しましょう。

・風通しの良い場所を選ぶ
・玉ねぎを一つずつ新聞紙でくるむ
・玉ねぎ同士の間隔を開けて通気性を良くする


スペースも取らないため、マンションにもおすすめの保存方法です。段ボールに保存しても良いですが、害虫が寄りつきやすいため、定期的に保存状態を確認しましょう。

玉ねぎの常温での賞味期限・保存期間

玉ねぎを常温で保存した場合の賞味期限は、大体2ヶ月ほどと言われています。温度が高くなりすぎると腐ってしまう事もあるため、日陰で涼しく湿気の少ない場所に保存するようにしましょう。

玉ねぎの冷蔵での保存方法・期間は?

玉ねぎを冷蔵で保存する場合の保存方法や賞味期限はどの程度なのでしょうか。カットした場合と、丸ごとの場合それぞれ紹介するので、参考にして下さい。

①丸ごとの玉ねぎを冷蔵保存する方法

丸ごとの玉ねぎを冷蔵保存する場合のポイントは下記の通りです。

・玉ねぎを1つずつ新聞紙にくるむ
・こまめに玉ねぎの状態をチェックする
・冷蔵庫の野菜室で保存する


玉ねぎは湿度に弱いため、吸湿するためにも新聞紙でくるむことは必須です。野菜室の湿度は90%程度なのに対し、玉ねぎの保存に最適な湿度は50~70%のため、何もくるまずに入れると傷みやすくなります。なお、冷蔵室は温度が低すぎるので、やや温度が高めの野菜室が保存に適しています。

②カットした玉ねぎを冷蔵保存する方法

カットした玉ねぎは、カットの状態によって保存方法が異なります。

・半分にカットした玉ねぎ:切り口をしっかりとラップで覆い野菜室で保存する
・スライスした玉ねぎ:ジッパー付の保存袋に保管し、密閉する


玉ねぎは空気に触れた部分から劣化していくので、切り口に空気を触れさせないようにすることが大切です。半分にカットした玉ねぎはラップを密着させることに気を付け、スライスした玉ねぎは保存袋の中の空気をなるべく抜くことを意識してください。切り口の乾燥を防ぐために、ぬらしたキッチンペーパーで切り口を包んだり覆ったりするのも良いでしょう。

玉ねぎの冷蔵での賞味期限・保存期間

玉ねぎを冷蔵で保存する場合、半分にカットしたものでは1~2週間程度、薄くスライスした場合は長くて3~4日以内が日持ちする期間の目安と言われています。ただし、水分の多い新玉ねぎの場合はもう少し早めに食べきる事を意識したほうが良いでしょう。

玉ねぎの冷凍での保存方法・期間は?

玉ねぎを冷凍で保存する場合には、具体的にどのような方法や手順で実施すれば良いのでしょうか。丸ごとの場合とカットした場合それぞれについて、具体的な方法と日持ちする期間についても紹介します。

①丸ごとの玉ねぎを冷凍保存する方法

丸ごとの玉ねぎを冷凍保存する場合は、下記のような手順で行いましょう。

1.玉ねぎの皮を剥く
2.袋などに入れて丸ごと冷凍する


丸ごと冷凍した玉ねぎは、そのまま煮込み料理などに使うか、すりおろしてシャーベット状にして使うことができます。冷凍した後の玉ねぎは、シャキシャキとした食感が失われますが、甘みが増すため煮込み料理などに向いています。また、冷凍してからすりおろすと刺激成分が少なくなるため目が痛くなりにくいのがメリットです。

②カットした玉ねぎを冷凍保存する方法

玉ねぎをカットしてから冷凍保存する場合は、形状によって下記のように保存すると良いでしょう。

・くし切りの場合:小分けしてラップで包み、ジッパー付バッグなどに保存する
・みじん切りの場合:製氷皿などに小分けして、冷凍保存する
・スライスの場合:水気を取り、一度に使用する分量に小分けして密閉保存する


どの方法でも共通の保存のポイントは、しっかりと水気を拭き取ることです。みじん切りの場合は、先に火を通して冷凍保存しても良いでしょう。製氷皿に取り分けることでキューブ状になり、スープにそのまま入れるなど使い勝手も良くなります。

玉ねぎの冷凍での賞味期限・保存期間

生のまま冷凍保存した玉ねぎであれば丸ごとでもカットしたものでも1ヶ月程度、炒めるなど調理後に冷凍した玉ねぎは3週間程度日持ちします。新玉ねぎのように水分量が多い場合は劣化も早いため、上記目安の保存期間よりも早めに食べきることを意識すると良いでしょう。

(*玉ねぎの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

玉ねぎを冷凍保存する方法・期間は?みじん切り・丸ごともOK?解凍法やレシピのおすすめも紹介!

玉ねぎを冷凍保存する際のポイントは?

玉ねぎは冷凍保存出来ることが分かりましたが、冷凍保存をする際にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。冷凍保存する際のポイントを、保存方法別に紹介します。下記の点を意識して、少しでも玉ねぎを日持ちさせるようにしましょう。

①小分けして冷凍保存する

玉ねぎを保存する際には、1回で使い切れるように小分けにしてから冷凍するようにしましょう。一度解凍された食品は雑菌などが繁殖する恐れがあり、再解凍をするのは衛生面でもリスクがあります。さらに、解凍と再冷凍を繰り返すと味も悪くなると言われています。少しでも長期間おいしく保存するためにも小分けにすることを意識してください。

②空気に触れないようにする

玉ねぎは、冷凍保存中に空気に触れることで乾燥や酸化が進んで冷凍焼けが起こってしまいます。冷凍焼けを起こさないためにもラップやジッパー付バッグを使ってしっかりと密閉をし、空気に触れる面積を減らしておきましょう。

③急速冷凍する

玉ねぎ中に含まれる水分は、凍るときに氷の結晶となって膨張し細胞を傷つけ、栄養価や味を低下させる原因になります。

この氷の結晶は-5℃~-1℃で大きくなりやすいため、良い状態を保つためにはこの温度帯をできるだけ避けて短時間で急速冷凍することが大切です。冷凍時になるべく平らに並べたり、金属トレーやアルミを敷いた上に玉ねぎを並べたりする事で冷凍時間が短縮できるので試してみてください。

冷凍玉ねぎの解凍方法は?

冷凍した玉ねぎを解凍する際にはどのような点に注意したらよいのでしょうか。いくつかの解凍方法と上手に解凍するコツを紹介するので、参考にしてみて下さい。

①丸ごと冷凍した玉ねぎの解凍方法

丸ごと冷凍した玉ねぎの場合は、下記のような解凍方法があります。

・電子レンジの解凍機能を使う
・冷蔵庫内で自然解凍する
・すりおろしてシャーベット状にした後、冷蔵庫内で自然解凍する


電子レンジを用いる場合は、ふんわりとラップをした上で玉ねぎの様子を見ながら徐々に解凍していくと良いでしょう。自然解凍する場合は、時間をかけて冷蔵庫内で解凍することで品質の劣化を最小限に出来ます。なお、凍っていてもすり下ろすことができるので、ソースなどに使う場合は凍った状態のまますりおろしてから解凍するのがおすすめです。

②カットした冷凍玉ねぎの解凍方法

カットした冷凍玉ねぎを加熱調理する場合は、凍ったままフライパンに入れて調理する事が可能です。ストックしておくと、カットする手間が省けるので調理時間の短縮にもつながります。ただし、ポテトサラダなどに加熱調理をせずに使いたい場合は、電子レンジの解凍機能を使うことをおすすめします。

玉ねぎの賞味期限・消費期限が切れた時の見分け方は?

常温・冷蔵・冷凍どの方法でも保存できる玉ねぎですが、賞味期限が切れたときにはどのような特徴が現れるのでしょうか。賞味期限が切れたときの玉ねぎの特徴を紹介するので、見分ける際の参考にして下さい。

賞味期限・消費期限が切れた玉ねぎの特徴

賞味期限が切れた玉ねぎには下記のような特徴があります。

・皮を触ると柔らかくぶよぶよしている
・実が茶色く変色している
・悪臭がする
・実から水分が出ている

賞味期限が切れた玉ねぎは、悪臭を放ち触るとぶよぶよしているのが特徴です。そのほかにも実が溶けたようになって水分が出て、茶色くなります。このような特徴が見られたら食べるのはやめておきましょう。

(*玉ねぎの消費期限、腐敗について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

玉ねぎの消費期限の目安は?腐った時の見分け方や長持ちさせる保存術を紹介!
玉ねぎが腐るとどうなる?原因・見分け方や長持ちする保存方法のコツも紹介!

玉ねぎの保存食向きレシピ

玉ねぎは長持ちする保存食に調理してから保存するのもおすすめです。ここではいくつかのおすすめの保存食のレシピを紹介するので、レシピを参考にしながら長期間玉ねぎをおいしく味わいましょう。

①簡単オニオンソース

出典:https://cookpad.com/recipe/5047741

冷凍・冷蔵保存も出来るオニオンソースのレシピです。肉にかけたり魚にかけたりして使えるほか、冷やし中華にかけても美味しく仕上がります。

オニオンソース 簡単 保存食 by かなちょろ25 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

②酢玉ねぎ

出典:https://cookpad.com/recipe/6210584

お酢と玉ねぎでさっぱりと仕上げたレシピです。様々な使い方が出来る保存食なので、常備しておくと毎日のご飯作りにも役立ちます。

酢玉ねぎ簡単作り置きおかずにも by negi222 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

③玉ねぎドレッシング

出典:https://cookpad.com/recipe/6398853

砂糖を隠し味にして、甘辛く仕上げたオニオンドレッシングのレシピです。ノンオイルで仕上げているのでヘルシーなだけでなく、冷や奴・オムレツ・餃子など幅広い料理に活用できます。

玉ねぎドレッシング by ささ★ゆき 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

玉ねぎをうまく保存して美味しく食べよう

玉ねぎは、常温・冷蔵・冷凍どの方法でも保存ができ、適切な方法で保存をすれば1~2ヶ月程度日持ちすることが分かりました。玉ねぎを上手に保存して、色々な料理に使いましょう。

関連する記事