卵の賞味期限切れはいつまで大丈夫?1週間後は危険?加熱で安全に食べられるの?

【管理栄養士監修】生卵の賞味期限の目安を知っていますか?今回は、生卵の賞味期限は実際どれくらいなのかをパックの表示期間と比較しつつ、〈3日・1週間後・10日〉など、期限切れでもいつまで食べられるのかも紹介します。生卵の日持ちする保存方法や、賞味期限切れ・腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 林輝美
Instagram
Blog
管理栄養士/学校卒業後、保育園栄養士の経験を経て管理栄養士を取得。現在はフリーランスとして活動中。「人生を彩ある色にするために」を軸として、私が想う健康で食を通して...
Instagram
Blog
管理栄養士/学校卒業後、保育園栄養士の経験を経て管理栄養士を取得。現在はフリーランスとして活動中。「人生を彩ある色にするために」を軸として、私が想う健康で食を通して、心と体を結ぶ細胞美人になれるようにサポートをしています。DAISY-COMMUNEとしてファスティングサポート、遺伝子検査のカウンセリング、料理代行などを主宰しています。心と体にストレスをかけない食事法で、今よりももっとカラフルな色の人生に一緒に近づきましょう。

目次

  1. 卵は賞味期限切れでも食べれるって本当?
  2. 卵の賞味期限の表示は「生食」で食べられる期間を指す
  3. 卵の賞味期限はどのくらい?
  4. パック詰めしてから2週間後を賞味期限に設定されている
  5. 実際の卵の賞味期限の目安
  6. 卵の賞味期限切れはいつまで食べられる?1週間はNG?
  7. 卵は実際の賞味期限より短く表示されることが多い
  8. 賞味期限切れでも卵が腐っていなければ食べられる
  9. 卵の賞味期限が切れて腐るとどうなる?見分け方は?
  10. ①匂い
  11. ②見た目
  12. ③味
  13. 賞味期限期限が切れた卵の安全な食べ方は?
  14. しっかり加熱すれば食中毒の心配もない
  15. 卵の賞味期限より早く食べた方が良い場合とは?
  16. ①卵の殻にヒビが入っている場合
  17. ②ゆで卵・半熟卵に調理した場合
  18. ③誤って常温保存した場合
  19. 卵の日持ちする保存方法は?
  20. ①卵は冷蔵庫の奥に保存する
  21. ②表面がざらざらしている卵を選ぶ
  22. ③卵の尖った方を下向きにして保存する
  23. ④卵は洗わない
  24. ⑤パックごと保存する
  25. 卵は冷凍保存もできるが生食には向かない
  26. 卵の賞味期限に注意しよう

卵は賞味期限切れでも食べれるって本当?

卵は賞味期限を過ぎても食べられると聞いたことはある方もいるかもしれませんが、本当の話なのでしょうか。ここでは、卵の賞味期限について詳しく説明します。

卵の賞味期限の表示は「生食」で食べられる期間を指す

卵の賞味期限の表示は、10℃以下の冷蔵庫などの場所で保管され、生食をすることが前提で設定されたものです。賞味期限を過ぎた卵は、生食や半熟で食べる事は避け、加熱調理が推奨されています。この理由は、卵には10万分の1~3個の低い確率ではあるものの、食中毒の原因となるサルモネラ菌に汚染されている卵が混ざっている可能性があるためです。

卵の賞味期限はどのくらい?

実際の卵の賞味期限はどの位なのでしょうか。季節ごとの違いや、賞味期限の設定方法を見てみましょう。

パック詰めしてから2週間後を賞味期限に設定されている

養鶏場で採れた卵は産卵から7日以内にパック詰めされ、この日から2週間後に賞味期限が設定されます。この期限の設定の仕方は、通年一律で季節による違いはありません。しかし、この賞味期限は夏場に卵を生食しても安全に美味しく食べられる期間を指しているので、夏よりも気温の低い季節の実際の日持ちはもう少し長いと言えるでしょう。

実際の卵の賞味期限の目安

賞味期限
7月~9月(夏) 産卵後16日以内
4月~6月(春) 産卵後25日以内
10月~11月(秋) 産卵後25日以内
12月~3月(冬) 産卵後57日以内

上記の表は食品衛生法で定められた季節ごとの卵の賞味期限で、この期限はイギリスのハンフリー博士の研究をもとに算出されたものです。万が一サルモネラ菌が卵の中に存在していたとしても、10℃以下の冷蔵庫や冷暗所で保存した場合は、この期限内であれば生食しても問題無いと言われています。

なお、夏と冬で賞味期限を比較すると、冬の方が1か月以上日持ちが長くなる事が特徴的です。

卵の賞味期限切れはいつまで食べられる?1週間はNG?

卵は、賞味期限を過ぎても食べることの出来る期間はどの位なのでしょうか。賞味期限が切れてしまった後、食べても問題ない日数や目安を紹介します。

卵は実際の賞味期限より短く表示されることが多い

日本では卵を生食する食文化が多く見られる事や、食中毒の発生しやすい夏期のことも考慮し、賞味期限は短く表示されている傾向にあります。その為、賞味期限が多少過ぎても食べても大丈夫な場合がほとんどだと言えるでしょう。ただし、夏場に賞味期限を過ぎた卵は生食を避けるなどの注意が必要です。

賞味期限切れでも卵が腐っていなければ食べられる

賞味期限を3日程度過ぎた卵は、夏場の生食を除いて腐っていなければ食べても問題ないと言えます。1週間~10日を過ぎると、春・秋の涼しい時期でも保存状態や卵の鮮度によっては生食は避けたほうが無難です。2週間経過した卵は、春・秋でも生食は止めておきましょう。

1ヶ月経過している卵は、冬場のみ生食が可能な場合もありますが、食中毒のリスクはあるので食べることはあまりおすすめできません。3ヶ月を経過した卵は冬でも生食は避ける様にし、割った時に腐っていたり臭いや見た目に問題がなければ、加熱をして中まで火を通すことにより食べる事が出来ることもあります。

ただしいずれの場合も通常に比べて食中毒のリスクは高まるので、必ず状態を確認し、不安な場合は食べないようにして下さい。(※1、2)

関連する記事