梨が旬の時期・季節はいつ?産地・品種で違う?選び方や栄養価なども紹介!

【野菜ソムリエ監修】梨の旬の時期を知っていますか?今回は、梨の旬・収穫時期や、主産地・生産量などを紹介します。梨の栄養価や選び方のほか、レシピ・食べ方のおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 春日爽花
Instagram
野菜ソムリエプロ。大学在学時に合格率30%の野菜ソムリエプロの資格を一発で取得。現在は多くの人に野菜の魅力を伝えるためにSNSを用いてイラストでの情報発信を行なっている。
Instagram
野菜ソムリエプロ。大学在学時に合格率30%の野菜ソムリエプロの資格を一発で取得。現在は多くの人に野菜の魅力を伝えるためにSNSを用いてイラストでの情報発信を行なっている。

目次

  1. 梨の旬の時期・季節はいつ?
  2. 梨の旬の時期・季節は産地や品種で違う
  3. 梨の主産地・生産量
  4. 梨で旬の時期が【7〜8月】の品種は?
  5. ①幸水
  6. ②新甘泉(しんかんせん)
  7. ③新水
  8. ④愛甘水(あいかんすい)
  9. 梨で旬の時期が【9〜10月】の品種は?
  10. ①豊水
  11. ②二十世紀
  12. ③新高(にいたか)
  13. ④あきづき(秋月)
  14. ⑤南水
  15. 梨で旬の時期が【11月〜】の品種は?
  16. ①新興
  17. ②愛宕
  18. ③にっこり
  19. ④晩三吉(おくさんきち)
  20. 梨の選び方や栄養価は?
  21. 新鮮な梨の選び方のポイント
  22. 梨の栄養価・効能
  23. 梨の旬の食べ方・レシピのおすすめ
  24. ①梨のコンポート
  25. ②梨と生ハムのサンドイッチ
  26. ③梨とスペアリブの煮込み
  27. 梨を旬の時期に美味しく食べよう

梨の旬の時期・季節はいつ?

秋の味覚として知られる梨ですが、夏にスーパーで出回っているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。今回は、梨が旬を迎える時期・季節について、主産地・生産地に触れながら紹介します。

梨の旬の時期・季節は産地や品種で違う

梨は秋のイメージが強い果物ですが、数多くの種類がありそれぞれ旬を迎える時期・季節は異なります。例えば、幸水は7月から8月に旬を迎えますが、二十世紀が最盛期を迎えるのは9月です。また、鳥取県で生産される秋甘泉(あきかんせん)は9~10月が食べ頃とされるように、特定の地域で生産されることから旬の時期・季節が他の種類と異なる場合もあります。

梨の主産地・生産量

日本における梨の生産量ランキングTOP5と年間収穫量は以下の通りです。

1位 千葉県 32000トン
2位 茨城県 23400トン
3位 栃木県 19000トン
4位 福島県 18900トン
5位 鳥取県 18400トン


梨は沖縄県を除く全国各地で様々な種類が栽培されていますが、上記のランキングでは、千葉県、茨城県、栃木県といった北関東での生産が顕著であることがわかります。TOP10にはこのほか長野県や新潟県など甲信越、福岡県や熊本県など九州などが含まれています。

春日爽花

野菜ソムリエ

洋梨は追熟が必要ですが和梨は追熟の必要がなく日が経つにつれて鮮度が落ちてしまいます。そのため保存する際はヘタを下にして冷暗所で保存するようにしましょう。

梨で旬の時期が【7〜8月】の品種は?

秋の果物というイメージの強い梨ですが、中には7月に旬を迎え9月には出回らなくなる種類もあります。今回は、7~8月に市場に出回り始める品種について、主産地や味・大きさの特徴に触れながら紹介します。

①幸水

出典:https://kosugi-farm.com/nashi/kousui-nashi/

・美味しい時期:7月上旬~9月中旬
・主産地:千葉県、茨城県、福島県
・味:甘みと程よい酸味とのバランスがよく、みずみずしい
・大きさ:約250~300g


幸水は赤梨の一種で、日本全国で生産されています。出回り始める時期は黄緑色に近く、徐々に褐色のものが店頭に並ぶようになります。酸味よりも甘みを楽しみたい方は、褐色のものを選ぶようにしましょう。

②新甘泉(しんかんせん)

出典:https://www.jan-agri.com/product/autumn/shinkansen/

・美味しい時期:8月下旬~9月上旬
・主産地:鳥取県
・味:酸味が少なく甘みが強い
・大きさ:約540g


新甘泉(しんかんせん)は鳥取県のブランド梨で、栽培も鳥取県内のみという希少種で、9月いっぱいまで市場に出回ります。見た目は赤梨ですが、青梨と交配させた品種のため果肉はシャキシャキしているのが特徴です。

③新水

出典:http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/nifts/kih/pear_nut/post_66.html

・美味しい時期:8月上旬~下旬
・主産地:石川県、兵庫県、神奈川県
・味:甘みの強い濃厚な風味で、果汁も多い
・大きさ:約250~300g


新水は病気に弱いなどといった理由から現在は市場に出回ることが少なくなりましたが、幸水や豊水とともに「三水」と呼ばれ人気のあった品種です。小ぶりにもかかわらず甘みが強く濃厚な味わいが楽しめることで知られています。

④愛甘水(あいかんすい)

出典:https://kosugi-farm.com/nashi/aikansui/

・美味しい時期:7月下旬~8月上旬
・主産地:愛知県、山口県、石川県
・味:強すぎない甘みとやわらかい酸味が特徴で、さっぱりとしている
・大きさ:約300~350g


愛甘水(あいかんすい)は横から見ると平べったい形をしているのが特徴で、7月中旬から8月中旬まで市場に出回ります。シャキシャキとした食感と果汁の多さからすっきりとした風味を楽しめる品種です。

梨で旬の時期が【9〜10月】の品種は?

梨が旬を迎える季節は種類によって異なるものの、店頭で見かける機会が多くなるのはやはり9~10月でしょう。こちらでは9~10月のうち特においしく食べられる時期に触れながら、代表的な品種を5つ挙げます。

①豊水

出典:https://kosugi-farm.com/nashi/housui-nashi/

・美味しい時期:9月上旬~下旬
・主産地:千葉県、茨城県、福島県
・味:甘みが強く、その中にまろやかな酸味が感じられる
・大きさ:約350~400g


豊水は日本でも生産量の多い品種で、8月下旬から10月上旬まで市場に出回ります。幸水や新水と並んで「三水」と呼ばれ、人気・知名度が共に高い品種です。

②二十世紀

出典:https://kosugi-farm.com/nashi/20seiki-nashi/

・美味しい時期:8月下旬~10月中旬
・主産地:鳥取県、長野県、福島県
・味:爽やかな酸味が特徴
・大きさ:約300g


二十世紀は青梨を代表する品種で、爽やかな酸味と柔らかい果肉が特徴です。青梨は緑色の皮が特徴ですが、酸味が少ない二十世紀が好みの方がやや黄色の皮のものを選ぶようにするとよいでしょう。

③新高(にいたか)

出典:https://kosugi-farm.com/nashi/niitaka-nashi/

・美味しい時期:9月下旬~11月下旬
・主産地:熊本県、千葉県、新潟県
・味:酸味は少なく甘みが強い
・大きさ:約450~500g


新高(にいたか)は大型の品種で、大きいものでは1kgを超える場合もあります。幸水、豊水に次いで生産量が多く、9月中旬から市場に出回り始めます。

④あきづき(秋月)

出典:https://kosugi-farm.com/nashi/akiduki-nashi/

・美味しい時期:9月下旬~11月下旬
・主産地:福島県、茨城県、千葉県
・味:ジューシーで甘みが強い
・大きさ:約500g


あきづき(秋月)は重さが約500gと他の品種に比べて大型なのが特徴です。甘みが強く酸味が少ない品種なので、ジューシーな風味の梨を楽しみたい方におすすめです。

⑤南水

出典:https://kosugi-farm.com/nashi/nansui-nashi/

・美味しい時期:9月下旬から10月上旬
・主産地:長野県、福島県、秋田県
・味:酸味が少なく糖度が高い
・大きさ:約350g


南水は扁平な形と高い糖度が特徴の品種です。9月中旬ごろから収穫が始まり、10月中旬まで市場に出回りますが、貯蔵が利くため涼しい地域では翌年の3月ごろまで店頭に並ぶこともあります。

梨で旬の時期が【11月〜】の品種は?

梨の中には冬や年明けでも店頭に置かれている種類もあります。今回は、11月頃を中心に旬の季節を迎える品種について、入手可能な時期と共に紹介します。

①新興

出典:https://kosugi-farm.com/nashi/shinkou-nashi/

・美味しい時期:10月下旬~11月下旬
・主産地:新潟県、鳥取県、大分県
・味:甘みと酸味のバランスがよい味わい
・大きさ:約400~600g


新興は大型の梨で柔らかくキメの細かい果肉とジューシーな果汁を含んでいます。秋から冬にかけて出回る品種で、1月中旬まで見られることもあります。新興にはゴツゴツした形のものがありますが、これは大型の梨に見られる特徴なので品質には問題ありません。

②愛宕

出典:https://www.ifarm.jp/ne/hinshu.html

・美味しい時期:12月中旬~1月下旬
・主産地:岡山県、鳥取県、島根県
・味:果汁が豊富でシャリシャリとして食感とほどよい甘みが楽しめる
・大きさ:約1kg


愛宕は非常に大型の品種で、日持ちがよくお正月に食べられることでも知られています。果肉はそれほどキメ細かくありませんが、柔らかく食べ応えのある梨です。

③にっこり

出典:https://kosugi-farm.com/nashi/nikkori-nashi/

・美味しい時期:10月下旬~11月下旬
・主産地:栃木県、茨城県、千葉県
・味:強い甘みとみずみずしい果汁が特徴
・大きさ:約800g


にっこりは栃木県に由来する梨で、県の名所である日光と梨を音読みした「り」を組み合わせ、「日光梨」からにっこりと名付けられました。10月中旬から収穫が始まり1月中旬まで市場に出回るため長期にわたって楽しめる品種です。

④晩三吉(おくさんきち)

出典:https://theoita.com/sanpinintro/1790/

・美味しい時期:10月下旬~11月下旬
・主産地:大分県、福島県、島根県
・味:甘みと酸味が控えめで果汁が多いためジューシーで爽やかな味わい
・大きさ:約400~500g


晩三吉(おくさんきち)は大きいものでは700g~1kgになるものもある大型の梨で、柔らかく果汁が豊富なのが特徴です。明治時代には栽培が始まっており、歴史が古いことでも知られています。10月下旬から出回り、翌年の春まで店頭に並びます。

(*梨の種類や品種について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

梨の種類・品種13選!甘い・糖度が高い順にランキングで美味しい銘柄を紹介!

梨の選び方や栄養価は?

ここでは、店頭で新鮮な梨を選ぶ際に注目すべきポイントについて、見た目や手に持ったときの重みなどをもとに解説します。また、梨に含まれる栄養素とその効能についても説明します。

新鮮な梨の選び方のポイント

新鮮な梨を選ぶ際のポイントは以下の通りです。

・皮:ハリがありざらつきが少ない
・軸:太くてしっかりしており、干からびていない
・形:横に膨らんでいて扁平で幅が広い
・重み:ずっしりしていて身が締まっている
・色:赤梨はうっすらと赤みがあり、青梨は黄色がかっている


梨はお尻の部分と皮の近くに甘みが集中しているので、お尻がどっしりとした見た目のものを選ぶとよいでしょう。また、しっかりしていて太い軸は栄養を吸収した証拠とされています。さらに、手で持ったときに重みを感じるものは果汁が多くジューシーな食感が楽しめます。

梨の栄養価・効能

梨は水分量が非常に多く、可食部全体の約9割を占めていることで知られています。今回は梨に含まれる栄養素のうち代表的なものを紹介します。梨に含まれる栄養は以下の通りです。

・アスパラギン酸
・ソルビトール
・プロテアーゼ
・カリウム
・食物繊維


梨には特殊な成分がいくつか含まれており、アスパラギン酸は疲労を回復させる役割があり、ソルビトールは便秘や咳止め、熱を下げる効果があります。そして、プロアテーゼはタンパク質の分解に関わる消化酵素で、肉料理に用いることで肉質を柔らかくすることができます。

また、カリウムは体内のナトリウム濃度を調節し高血圧やむくみの予防・解消に役立ち、食物繊維は腸内環境を整え血糖値の上昇を抑える効果があります。

(*梨の栄養価や効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

梨の栄養価と効能は?美容・ダイエットに効果あり?成分が摂れる食べ方やレシピも紹介!

春日爽花

野菜ソムリエ

アスパラギン酸は、実より皮の方が多く含まれています。皮を剥かずに食べることに抵抗がある方もいるかもしれませんが皮まで食べられる梨も販売されているようです。

梨の旬の食べ方・レシピのおすすめ

梨はそのまま食べるだけでなく、料理に取り入れることもできます。ここでは、定番のコンポートだけでなく、サンドイッチや煮込み料理も紹介します。

①梨のコンポート

出典:https://www.sapporobeer.jp/feature/recipe/0000001297/

白ワインや砂糖で煮込み、ミントを加えた風味豊かなコンポートです。コンポートのみで食べるだけでなく、アイスクリームを添えたり、角切りにしてゼラチンで固めて梨ゼリーにしたりと幅広く応用できるレシピです。

梨のコンポート

②梨と生ハムのサンドイッチ

出典:https://www.bob-an.com/recipes/detail/16701

生ハムの塩気と梨の甘みとジューシーな果汁は相性がよく、バゲットに挟むことでおしゃれなサンドイッチになります。このレシピでは梨の皮を剥かずにそのまま使うので、ざらつきが気になる方は皮がつるつるした梨を使うのがおすすめです。

梨と生ハムのサンドイッチ

③梨とスペアリブの煮込み

出典:https://www.kubara.jp/recipe/1716/

梨に含まれるプロアテーゼは肉質を柔らかくするので、肉を煮込んだ料理に適した食材です。ここではだしや醤油、料理酒を使って和風の味付けにしています。

スペアリブと梨の煮込み

梨を旬の時期に美味しく食べよう

梨には非常に多くの種類があり、産地や品種によって旬を迎える季節が異なります。また、シャリシャリとした食感が特徴のものもあれば柔らかい果肉が特徴のものもあり、風味や味わいも種類によってさまざまです。旬を迎えた梨は栄養価が高く手に入りやすい価格になるので、そのまま食べるだけでなくアレンジレシピも取り入れながら梨をおいしく食べましょう。

関連する記事