アヒージョとは?食べ方・具材のおすすめは?作り方や人気レシピも紹介!

アヒージョとはどんな料理か知っていますか?今回は、アヒージョの具材・食べ方のおすすめに加えて、美味しい作り方のコツも紹介します。アヒージョの簡単人気レシピや、余ったオイルの活用方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. アヒージョとは?どんな料理?
  2. アヒージョはオリーブオイルでにんにくと具材を煮込んだ料理
  3. アヒージョの食べ方のおすすめ
  4. アヒージョのカロリーは高い?
  5. アヒージョの美味しい作り方のコツは?
  6. ①具材は水気をよく飛ばしてから使う
  7. ②美味しいオリーブオイルを準備する
  8. ③弱火でじっくりと加熱する
  9. ④具材に下味をつけておく
  10. アヒージョの簡単人気レシピ・作り方は?
  11. ①海老のアヒージョ
  12. ②牡蠣のアヒージョ
  13. ③鶏肉とエリンギのアヒージョ
  14. ④たことブロッコリーのアヒージョ
  15. ⑤じゃがいもとベーコンのアヒージョ
  16. ⑥カマンベールチーズとミニトマトのアヒージョ
  17. アヒージョのオイルの活用方法・レシピ
  18. ①ペペロンチーノ
  19. ②ラタトウィユ
  20. ③餃子
  21. アヒージョを食べてみよう

アヒージョとは?どんな料理?

スペインを代表する料理の一つであるアヒージョは、日本でもスペインバルや居酒屋の人気メニューです。アヒージョとは、どんな料理なのでしょうか。詳しく説明します。

アヒージョはオリーブオイルでにんにくと具材を煮込んだ料理

アヒージョとは、スペイン語で刻んだにんにくの意味を持ちます。アヒージョの作り方は、カスエラと呼ばれる陶器製の深皿で、好みの具材をオリーブオイル・にんにく・赤唐辛子で煮込み、塩で味付けされています。以下は、アヒージョにおすすめの具材なので、参考にしてください。

・海老
・牡蠣
・鶏肉
・プチトマト
・マッシュルーム

肉や魚をアヒージョの具材に使う場合、たっぷりのオリーブオイルで煮込む為、魚介や鶏肉など比較的淡白な食材がおすすめです。海老や牡蠣は定番のアヒージョの具で、にんにくと魚介の旨味がオイルに染み出し、濃厚な味わいを愉しむことが出来ます。また、野菜やきのこ類も種類を選ばず良く合う為、その時々の旬のものを使うと良いでしょう。

アヒージョの食べ方のおすすめ

アヒージョとは具材だけではなく、オイルを愉しむ料理です。バゲットなどの好みのパンを添えて、オイルをつけながらいただきましょう。スペインではバゲットの他、揚げ菓子のチュロスもアヒージョのお供として好まれています。

(*アヒージョの食べ方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アヒージョの食べ方は?マナーはある?パンの種類や人気レシピのおすすめも紹介!

アヒージョのカロリーは高い?

海老のアヒージョのカロリーとは、約300kcalとこれだけ見るとそこまでカロリーは高くないように思えます。しかし、パンやお酒が進んでしまうので、食事全体のカロリーオーバーには要注意です。カロリーが気になる時は、野菜を使ったアヒージョを選んだり、オイルをつけたパンの食べ過ぎに気を付けましょう。

(*アヒージョのカロリーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アヒージョのカロリー・糖質は高い?具材の栄養やカロリーオフな食べ方など紹介!

アヒージョの美味しい作り方のコツは?

アヒージョは家庭でも、スキレット等を使って作ることが出来ます。美味しい作り方のコツとは、どんなところにあるのでしょうか。調理のポイントを紹介します。

①具材は水気をよく飛ばしてから使う

アヒージョを作る際に具材の表面に水分が残っていると油跳ねしやすいので、具材の水気はしっかりと取ってからオイルで煮込みます。火の入りにくいジャガイモなどの野菜は、あらかじめ下茹でをし、表面の水分をキッチンペーパー等で拭きとっておきましょう。また、オイルで軽く炒めてから煮込むと、油跳ねしにくくなる様です。

関連する記事

×