あさりの賞味期限は?冷凍保存で日持ちする?食べれるかの見分け方なども紹介!

あさりの賞味期限について知っていますか?今回は、あさりの賞味期限を〈生・加熱〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。あさりの日持ちする〈冷蔵・冷凍〉での保存方法や、賞味期限切れで食べられない場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. あさりの賞味期限は長い?短い?
  2. あさりの賞味期限はどのくらい?
  3. ①生のあさりの賞味期限
  4. ②加熱したあさりの賞味期限
  5. あさりの賞味期限切れはいつまで食べられる?
  6. 賞味期限の定義
  7. あさりが死んでいない・腐っていなければ食べられる
  8. あさりの賞味期限が切れて食べられない状態とは?
  9. あさりが食べられない場合の見分け方
  10. あさりの日持ちする保存ポイントは?
  11. ①冷蔵庫で保存する
  12. ②砂抜きしてから保存する
  13. ③塩抜きしてから保存する
  14. ④よく洗ってから保存する
  15. あさりを冷凍で長期保存する方法
  16. ①あさりのむき身を冷凍する方法
  17. ②あさりを殻ごと冷凍する方法
  18. ③あさりを水に浸して冷凍する方法
  19. 冷凍あさりの解凍方法は?
  20. ①むき身で冷凍した場合の解凍方法
  21. ②殻ごと冷凍した場合の解凍方法
  22. ③水に浸して冷凍した場合の解凍方法
  23. あさりの賞味期限に注意しよう

あさりの賞味期限は長い?短い?

潮干狩りに行ったりスーパーで活あさりを見かけた時、賞味期限を考えてどの程度の量が適切なのかについて、考えた経験がある人もいることでしょう。ここでは、あさりの賞味期限は長いのか短いのかについて、様々な角度から説明します。

あさりの賞味期限はどのくらい?

あさりの賞味期限は、どのような状態で保存されているかによって大きく変わります。ここでは、あさりの賞味期限はどのくらいなのかについて、状態別に説明します。

①生のあさりの賞味期限

砂抜きしていない生の状態のあさりの場合、賞味期限はその日中が基本で、遅くても24時間以内に食べきりたいところです。砂抜きする間は室内で常温保存することになりますが、気温が高い夏は数時間で傷むこともあるので注意が必要です。生のあさりは日持ちしないものだと、覚えておきましょう。

②加熱したあさりの賞味期限

加熱したあさりの賞味期限の目安は、以下の通りです。

・味噌汁/数時間
・酒蒸し/冷蔵保存でも24時間
・佃煮/開封後は冷蔵保存でも2週間から1ヶ月


あさりを使った料理は基本的に日持ちしないため、賞味期限が短くなります。あさりの佃煮に限っては、未開封であれば常温で1ヶ月から3ヶ月程度、保存することが可能です。近年はレトルトのあさりのみそ汁なども販売されていますが、保存剤を使っても賞味期限は1ヶ月程度ですので、購入したら早めに飲みきりましょう。

あさりの賞味期限切れはいつまで食べられる?

あさりは賞味期限が切れたからといって、すぐに食べられなくなるとは限りません。しかし、傷んだあさりを食べると食中毒を起こすリスクが高いので注意が必要です。ここでは、賞味期限が切れたあさりはいつまで食べられるのかについて説明します。

賞味期限の定義

賞味期限とは、未開封の状態で注意書き通りに保存した場合に、品質が変わらずに食べられる期間を意味します。賞味期限は食品の特性に応じて安全係数を設定し、それより短い期間を記載するため多少過ぎても食べられます。一方の消費期限は前提条件が同じ場合に内容物が安全に食べられる期間をさし、それを過ぎているものを食べるのは危険です。(※1)

あさりが死んでいない・腐っていなければ食べられる

生のあさりでも加工してあっても、賞味期限を過ぎたからといって、すぐに食べられなくなるわけではありません。特に生のあさりの場合はまだ生きているか、腐っていなければ食べることができます。(※2、3)

腐っているかどうかを見分ける方法は次章で詳述しますが、死んでいないからといって生のあさりを食べるのはリスクを伴います。賞味期限を過ぎたあさりは、加熱調理して食べるようにしましょう。

あさりの賞味期限が切れて食べられない状態とは?

特に生のあさりの場合、賞味期限を過ぎてしまうと、加熱しても食べられない状態になる可能性があります。ここでは、あさりの賞味期限が切れて食べられない状態になるとどうなるのかについて説明します。

あさりが食べられない場合の見分け方

あさりが食べられない場合の見分け方は、以下の通りです。

・加熱しても貝の口が開かない
・口は開いたものの、身が溶けている
・異臭がする
・砂抜きした時の水が白濁している


上記のような状態のあさりは、腐っている可能性が高いので、食べずに処分することをおすすめします。加熱しても死なない食中毒菌もあるので、諦めて捨てましょう。

(*あさりが臭い・口が開かない原因と食べられる場合について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

あさりが臭い…腐敗?食べられる?臭み取りできる砂抜きの仕方も解説!
あさりの口が開かない原因は?死んでる?食べられるかの見分け方を紹介!

あさりの日持ちする保存ポイントは?

新鮮があさりが手に入ったのにすぐに食べきれない時には、鮮度を落とさない方法で保存するのが基本です。その際、あさりを短期保存するのか、長期にわたる予定なのかで適した保存方法が変わります。ここではあさりを短期間、保存する方法を紹介します。

①冷蔵庫で保存する

あさりを24時間以内には食べない場合は、冷蔵保存するようにしましょう。特にスーパーで販売されている、砂抜きしたあさりの場合は冷蔵保存は、開封せずにそのまま冷蔵庫または野菜室で保存するのが基本です。あさりを冷蔵保存した場合に日持ちする期間は、長くても2日程度です。

②砂抜きしてから保存する

生のあさりを冷蔵保存する場合は、先に砂抜きをする必要があります。あさりの砂抜きをする際には、海水同様に3%の濃さの塩水を作り、殻にかぶるくらいの量を入れて、そのまま1時間ほど置きます。あさりを塩水に浸けたまま冷蔵庫に入れれば、2日程度保存できます。少なくとも24時間に1回は、塩水を作り直すようにしましょう。

(*あさりの保存方法と砂抜きについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

あさりの正しい保存方法と砂抜きの仕方は?冷蔵庫・冷凍で日持ちするコツを紹介!

③塩抜きしてから保存する

生のあさりは塩水につけて冷蔵保存するのが基本ですが、塩抜きをしてから濡れた新聞紙やキッチンペーパーで包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れるという方法もあります。その際、ビニール袋の口を閉めるとあさりが窒息してしまうので、縛らないようにしましょう。この場合の日持ちする期間も、最長で2日です。

④よく洗ってから保存する

あさりを冷蔵保存するにあたっては、しっかり殻を洗ってから作業を進めましょう。特に殻付きで調理する場合は、表面についている汚れやヌメリを落としておかないと、味が変わる可能性が高いです。あさりを洗う時には、殻と殻をしっかり擦り合わせるよう意識しましょう。

あさりを冷凍で長期保存する方法

あさりを長期間にわたって日持ちさせたいなら冷凍するのがおすすめですが、いくつか保存方法があります。ここでは、あさりを冷凍で長期保存する方法を3つ紹介します。

①あさりのむき身を冷凍する方法

あさりをむき身の状態で冷凍する方法は、以下の通りです。

①あさりの砂抜きと塩抜きを行う
②①のあさりの水気をしっかりきる
③包丁かナイフを使って、あさりの殻からむき身を取り出す
④むき身はジッパー付き保存袋に入れ、空気を抜いてから冷凍庫に入れる


あさりのむき身を取り出す前に、電子レンジで2分ほど加熱すると、口が開いて取り出しやすいです。あさりのむき身は急速冷凍する方が風味が残るので、金属バットの上にジッパー付き保存袋を置いてから、冷凍庫に入れることをおすすめします。保存期間は1ヶ月程度です。

②あさりを殻ごと冷凍する方法

あさりは殻ごと冷凍することも可能で、その場合の手順は以下の通りです。

①あさりの砂抜きと塩抜きを行う
②①のあさりをよく洗ってから、水気を拭きとる
③②を重ならないように金属バットの上にのせ、そのまま冷凍庫に入れる
④③のあさりが冷凍したのを確認してから、ジッパー付き保存袋や蓋つきの保存容器に移す
⑤④を冷凍庫に戻す


あさりを殻付きで冷凍保存する場合は、7~8個が100gに相当するので、使いやすい量に小分けしておくようにしましょう。調理したい時に必要な分量だけを、解凍できるので便利です。保存期間は1ヶ月程度です。

③あさりを水に浸して冷凍する方法

あさりを観ずに浸して冷凍する方法は、以下の通りです。

①あさりの砂抜きと塩抜きを行う
②①のあさりをよく洗ってから、蓋つきの保存容器に置く
③②にあさりの隙間が埋まるくらいに水を入れる
④③の蓋をして冷凍庫に入れる


この方法だと一緒に入れた水にあさりのエキスが溶けだすので、解凍してスープやみそ汁などに活用できます。また、あさりが水に浸かっていることで酸化しにくくなり、保存期間が3ヶ月まで延びます。

冷凍あさりの解凍方法は?

冷凍したあさりを美味しく食べるためには、解凍する際に十分な注意が必要です。ここでは、冷凍あさりの正しい解凍方法を3つ紹介します。

①むき身で冷凍した場合の解凍方法

あさりをむき身で冷凍した場合の解凍方法は、以下の通りです。

①あさりを冷凍した容器を、冷蔵庫に移す
②そのまま時間をかけて、自然解凍する


あさりのむき身を解凍すると水分が出ますが、これは調理にも活用できます。あさりのみそ汁やクラムチャウダーなどのスープを作る時には、むき身を水分ごと鍋にあけて使いましょう。

②殻ごと冷凍した場合の解凍方法

あさりを殻ごと冷凍した場合の解凍方法は、以下の通りです。

①凍った状態のまま、鍋やフライパンにあさりを入れる
②鍋またはフライパンのあさりの口が開いたら、日本酒やワインを振りかける
③そのまま調理する


殻ごと冷凍したあさりは、酒蒸しやワイン蒸し、パスタソースなどに使うことが多いので、そのまま鍋やフライパンにあけて問題ありません。鍋やフライパンに残る水分に栄養素が詰まっていますので、余すことなく食べましょう。

③水に浸して冷凍した場合の解凍方法

あさりを水に浸して冷凍した場合の解凍方法は、以下の通りです。

①鍋を火にかけ、適量のお湯を沸騰させる
②①凍った状態のままのあさりをあける
③火力を強く保ったまま、一気に解凍する


前述した通り、水に舌して冷凍しておくと、解凍の過程であさりの出汁が出ます。そのままコンソメやみそなどの調味料を加え、汁物として調理してしまいましょう。旨味が詰まった一品に仕上がります。

(*あさりの冷凍・解凍方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

あさりの正しい冷凍・解凍方法は?開かない場合の対処法やレシピのおすすめも紹介!

あさりの賞味期限に注意しよう

今回は、あさりの賞味期限を生・加熱別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介しました。生のあさりの賞味期限は長いとはいえませんが、正しく冷蔵または冷凍保存することで美味しく日持ちさせることは可能です。あさりは傷みやすい食材なので、賞味期限に注意しながら食べるよう心がけましょう。

関連する記事