ナスを色止めする方法5選!ミョウバン・酢は使う?色落ちの原因や保存法も紹介!

【管理栄養士監修】ナスの正しい色止めの仕方を知っていますか?今回は、ナスが色落ちする原因や、〈ミョウバン〉〈酢〉〈レンジ〉などを使った、味噌汁・漬物向けの色止め方法を紹介します。ナスの正しい保存方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

(このページにはPRリンクが含まれています)
専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. ナスが色落ち・変色する原因とは?
  2. ①空気に触れる
  3. ②低温障害
  4. ③乾燥
  5. ④水溶性の色素の流出
  6. ナスの色止めをする方法は?
  7. ①アク抜き
  8. ②ミョウバンを溶かす
  9. ③酢を入れる
  10. ④レンジで短時間加熱
  11. ⑤ナスの皮に切り込みをいれて加熱調理
  12. ⑥油でコーティング・素揚げする
  13. ナスを保存する際のポイントは?
  14. ①保存温度
  15. ②乾燥させない
  16. ③縦向きで保存する
  17. ナスの冷凍・冷蔵での保存方法・期間
  18. ①冷蔵で保存する方法・期間
  19. ②冷凍で保存する方法・期間
  20. ナスの色止めをしよう

ナスは、縦向きで保存することで傷みにくくなります。ナスは育った時と同じ様に縦に伸びようとするので、横向きに保存しておくと多くの養分などを使用してしまうからです。結果、早く鮮度が落ちて傷んでしまう事になるので、冷蔵庫に入れる時はなすを立てておきましょう。

ナスの冷凍・冷蔵での保存方法・期間

ナスは冷蔵庫・冷凍庫のどちらでも保存可能です。保存期間についても併せて紹介するので、早速見ていきましょう。

①冷蔵で保存する方法・期間

冷蔵庫の中は思っている以上に乾燥しているので、ナスを冷蔵保存する場合は乾燥対策を行う事が重要です。

1.ナスを一つずつラップでしっかり包む
2.ポリ袋に1を入れ、緩く口を締める
3.野菜室に入れる


ラップで包んで袋に入れることで、ナスを乾燥から守ることができます。この方法で野菜室に保存しておけば、1週間程保存する事が出来ます。

②冷凍で保存する方法・期間

ナスをどうしても長期保存したいなら、冷凍保存するのも手です。ナスは生のままでは冷凍出来ないので、油で炒めてから冷凍しましょう。

1.ナスを輪切りにカットする
2.1を素揚げする
3.油を切って冷ます
4.ラップで包み、冷凍庫に入れる


輪切りにして酢揚げしてから冷凍したナスは、料理の付け合わせなどに活用できます。約1ヶ月程、保存出来るので、ナスが大量にある時にも便利です。解凍する時は、冷蔵庫に8時間程入れておきましょう。

(*ナスの冷凍保存、保存方法や期間について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

なすの冷凍での保存方法・期限は?解凍のコツや味・食感はまずいのかも解説!
ナスの保存方法・期間とは?冷凍や常温で美味しく長持ちさせるコツを紹介!

ナスの色止めをしよう

ナスは綺麗な紫色が特徴なので、色止めをして漬物や味噌汁などのナス料理を愉しみましょう。色止めは皮だけでなく実の部分にも有効なので、ぜひ調理法にあった色止めを行ってみてください。

関連する記事

野菜のアクセスランキング

人気のある記事ランキング