生クリームとは?ホイップクリームとの違いは原料?代用できるかや泡立て方も解説!

生クリームとホイップクリームで違いは何か知っていますか?今回は、生クリームを〈原料・味・カロリー〉をホイップクリームと比較して紹介します。生クリームの作り方・食べ方やレシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生クリームとは?ホイップクリーム同じじゃないの?
  2. 「生クリーム」と「ホイップクリーム」の違いとは?
  3. ①原料・脂肪分の性質
  4. ②味・舌触り
  5. ③カロリー
  6. ④値段
  7. ⑤賞味期限
  8. ⑥泡立てやすさ
  9. 生クリームはホイップクリームで代用できる?
  10. 生クリームの用途次第では代用できる
  11. 生クリームの上手な泡立て方は?
  12. 生クリームを使ったレシピ
  13. ①生チョコ
  14. ②ベイクドチーズケーキ
  15. ③クリームパスタ
  16. ホイップクリームを使ったレシピ
  17. ①イチゴのサンドウィッチ
  18. ②ココアパウンドケーキ
  19. ③かぼちゃサラダ
  20. 生クリームとホイップクリームを使い分けよう

生クリームとは?ホイップクリーム同じじゃないの?

クリームはお菓子作りや洋食のメニューでもよく使われますが、レシピを見ると生クリーム使用と書かれていたりホイップクリーム使用と書かれていたりと、それぞれ異なります。今回は、生クリームとホイップクリームはどのような部分に違いがあるのか、それぞれのおすすめのレシピなどを踏まえながら紹介します。

「生クリーム」と「ホイップクリーム」の違いとは?

ここでは、同じものと思われやすい生クリームとホイップクリームの違いについて紹介します。原料や味、カロリーなどいくつかのポイントを比較しながら説明するので参考にしてください。

①原料・脂肪分の性質

生クリームは牛乳のみを原料としていて添加物は一切含まれておらず、乳脂肪分の割合が18%以上と決められています。一方のホイップクリームは乳脂肪分が少なく通常は乳化剤などの添加物も入っており、乳脂肪が原料に含まれている場合もあるものの、植物性の脂肪分から作られることが多いです。

②味・舌触り

生クリームは生乳を利用して作られているので、乳製品らしい香りやコクの深い味わいがあり、舌触りも滑らかです。一方で、植物性脂肪が原料となっているものが多いホイップクリームはすっきりとした味わいが特徴で、乳製品の風味が苦手な方にはこちらの方がおすすめです。

あくる

明太クリームパスタ
生クリーム使って濃厚にした。隠し味にレモンの皮削って入れたら爽やかさも加わって旨すぎて30秒で消えた。

フロック

ほんもの主義者だから、生クリームじゃない植物油脂ホイップクリームは差別してるんだけど、年々脂に弱くなってきてるせいで、軽いふわふわのにせものホイップクリームのやさしさに包まれてしまうことがある。

③カロリー

製品によりカロリーの違いがありますが、動物性の脂肪分を使っている生クリームの方がカロリーは高いです。ただし、ホイップクリームも植物性の脂肪分が使われているのでカロリーが低いわけではなく、少しの違いに過ぎないのでカロリーを気にして使い分ける必要はないでしょう。

④値段

値段は生乳を使っている生クリームの方が高価で、ホイップクリームと比べると約倍ほどの値段の違いがあります。さらにホイップクリームの中でも生クリームを原料に使用しているものの方が高価な傾向にあり、逆に植物性脂肪分のみで作られているものは比較的安価で手に入ります。

⑤賞味期限

生クリームは生の牛乳のみが原料で添加物も一切入っていないため、約10日と賞味期限は短いです。一方のホイップクリームは安定剤などの添加物が含まれているため、生クリームに比べて賞味期限が長く、約1か月日持ちします。添加物が多いほど賞味期限は長いですが、健康面への影響を考えると大量摂取には注意が必要です。

⑥泡立てやすさ

ホイップクリームに比べて生クリームの方が泡立ては短時間で出来上がりますが、泡立てすぎるとぼそぼそと分離してしまう可能性が高いので注意が必要です。ホイップクリームは少し時間がかかりますが、すぐに固くなりにくく、ふわっとしたホイップをつくることができます。

生クリームはホイップクリームで代用できる?

レシピに生クリーム使用と記載があるもののホイップクリームしか手元に無い場合、生クリームの代わりにホイップクリームを使っても良いのでしょうか。ここでは、生クリームはホイップクリームで代用できるかどうかを解説します。

生クリームの用途次第では代用できる

生クリームの代用としてホイップクリームを使用することはできますが、下記のように用途によって向き・不向きが分かれるので注意が必要です。

【代用向き】
・ケーキのデコレーション
・料理全般


【代用不向き】
・生クリームのコク深い風味を残したい料理
・本格的な洋食レシピ


基本的にはどんな料理でもホイップクリームで代用が可能ですが、生クリーム独特の乳製品のコクのある味わいを料理に付けたい場合はホイップクリームの代用は不向きです。海外のレシピでは濃厚な味を生み出すために生クリームを使用することが多いですが、その本格的な味わいを再現したい場合は生クリームを使用した方が良いでしょう。

また、ケーキのデコレーションにもホイップクリームを代用として使うことはできますが、この場合も味わいが変わることには注意が必要です。ただし、重たすぎずあっさりとした味わいにしたい場合は、生クリームではなくホイップクリームの方が向いています。

(*生クリームの代用について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

生クリームの代用品は?牛乳・ホイップクリームでOK?作り方・レシピのおすすめを紹介!

生クリームの上手な泡立て方は?

ここでは生クリームの上手な泡立て方を説明します。

1.よく冷えた生クリームを用意する
2.ボールの下に氷水を当てる
3.ハンドミキサーを垂直に当てながら混ぜる


冷蔵庫から取り出したばかりの生クリームを使用し、氷水に当てながら泡立てると早くきめの細かいクリームが完成します。使う用途によってどこまで泡立てれば良いかは異なりますが、9分立てを過ぎたあたりから生クリームが分離して食感や見た目が悪くなるので、最後の方は少しずつ調整すると良いでしょう。

生クリームを使ったレシピ

生クリームを使ったおすすめのレシピを紹介します。ホイップクリームでも代用は可能ですが、生クリーム使用の方がより濃厚な味で美味しくなります。

①生チョコ

出典:https://cookpad.com/recipe/6038299

生チョコには、乳製品である生クリームの濃厚な味わいが良く合います。生クリームを使うと日持ちはしないので、プレゼントなどで他の人にあげる際には注意が必要です。

超簡単生クリームを使う生チョコ by ✲suuuup☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②ベイクドチーズケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/5096545

味に深みのあるチーズケーキを作りたい場合には、生クリームの使用がおすすめです。生クリームの中でも乳脂肪分が高いものの方が、コクがありより濃厚な味わいに仕上がります。

しっとり濃厚ベイクドチーズケーキ♡黄金比 by ∮k♡co∮ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③クリームパスタ

出典:https://cookpad.com/recipe/6380929

濃厚なクリームパスタが好きな方には、牛乳も使用せず生クリームのみを使うこちらのレシピをおすすめします。シンプルな味付けのため、より生クリームのコク深い味わいを感じられるでしょう。

超超簡単濃厚クリームパスタ by Hanamiti 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

ホイップクリームを使ったレシピ

ここからは、ホイップクリームを使ったおすすめのレシピを紹介します。軽い口当たりで沢山食べても重たさを感じない、あっさりとした仕上がりになるレシピです。

①イチゴのサンドウィッチ

出典:https://cookpad.com/recipe/6162911

食パンでイチゴとホイップクリームをサンドしたレシピです。重たすぎないので朝食としても食べられ、家にある他のフルーツを挟むこともでき、バリエーションが広がります。

簡単!いちごサンドイッチ by だんどり亭 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②ココアパウンドケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/6203939

植物性の脂肪分からできているホイップクリームは、ケーキに加えて使うことも可能です。あっさりした仕上がりになり、ココア以外にもドライフルーツやチョコなどのアレンジもできます。

植物性ホイップで作る☆ココアパウンド by ぷぐポン⭐ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③かぼちゃサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/5595845

ホイップクリームは、スイーツだけでなく料理にも使えます。ホイップクリームの濃厚過ぎないすっきりとした味わいがかぼちゃの甘さと良く合い、クラッカーにのせて食べるとお酒に合うおつまみになります。

☆かぼちゃクリーム by hiro・はな 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

生クリームとホイップクリームを使い分けよう

生クリームとホイップクリームは見た目は非常に似ていますが、成分や味わいに違いがあり、どちらもそれぞれの良さがあります。濃厚でコクのある味わいが欲しい時は生クリームを使用し、すっきりと軽い口どけが合う時はホイップクリームを使用するなど、用途によって使い分けることをおすすめします。

関連する記事