ハヤシライスとは?ハッシュドビーフなどとの違いは?由来や作り方・レシピのおすすめなどを紹介!

ハヤシライスとはどんな料理か知っていますか?今回は、ハヤシライスの名前の意味・由来や味に加えて、<ハッシュドビーフ・カレーライス>など似ている料理との違いも紹介します。ハヤシライスの作り方や、人気アレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ハヤシライスとは?
  2. ハヤシライスは肉・玉ねぎを煮込んだソースをご飯にかけた料理
  3. ハヤシライスの起源
  4. ハヤシライス」の名前の意味・由来
  5. ハヤシライスの味
  6. ハヤシライスと他の似ている料理との違いは?
  7. ①ハッシュドビーフとの違い
  8. ②ビーフシチューとの違い
  9. ③ビーフストロガノフとの違い
  10. ④カレーライスとの違い
  11. ⑤ボルシチとの違い
  12. ハヤシライスなどの作り方・レシピ
  13. ①ハヤシライスの作り方・レシピ
  14. ②ハッシュドビーフの作り方・レシピ
  15. ③ビーフストロガノフの作り方・レシピ
  16. ④カレーライスの作り方・レシピ
  17. ⑤ボルシチの作り方・レシピ
  18. ⑥ビーフシチューの作り方・レシピ
  19. ハヤシライスを食べてみよう

ハヤシライスとは?

ハヤシライスはカレーと共にレトルト食品としても定番になるほど人気がある料理ですが、ハヤシライスとはどういう料理なのか明確に答えられない人は多いかもしれません。ここでは、ハヤシライスとはどういう料理なのか、起源などを掘り下げて紹介します。

ハヤシライスは肉・玉ねぎを煮込んだソースをご飯にかけた料理

ハヤシライスとは、油で炒めた肉・玉ねぎの具を、ソースで煮込んでご飯にかけた日本で生まれた西洋料理です。このソースにデミグラスソースを使うのか、トマトソースを使うのかは人によって違いがありますが、一般的に「ハヤシライスはトマトソース」と言われています。

ハヤシライスの起源

ハヤシライスの起源には、いくつかの説があります。ハッシュドビーフを日本の主食であるご飯にかけて食べてみたことが起源だという人も少なくないですが、早矢仕有的(ハヤシユウテキ)さんが作ったという説が有力視されています。

明治2年に丸善を創業した早矢仕有的さんは、子供たちに滋養を付けさせたいと考え、肉と野菜を煮込んだものをご飯にかけて丁稚に夜食として出したそうです。当時は醤油や味噌で煮込んでいましたが、明示30年頃にデミグラスソースが日本に入ってきてから現在のような日本独自のハヤシライスになったという説が定着しています。

ハヤシライス」の名前の意味・由来

「ハヤシライス」の名前の意味や由来には2つの説があります。1つは前述した早矢仕さんが考案したことから、その名前を取ってハヤシライスとなったという説です。もう1つの説は、ハッシュドビーフアンドライスという名前が訛って、ハヤシライスとなったというものですが、前者の方が有力な説だとされています。

(*ハヤシライスの起源や名前の由来について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ハヤシライスの語源・名前の由来とは?林さんが作ったから?発祥の歴史も紹介!

ハヤシライスの味

ハヤシライスは、程よい甘みが年齢を問わず好まれる味として人気があります。トマトの酸味と玉ねぎの甘み、牛肉の旨味が合わさり、赤ワインを使うことでコクが出て濃厚な味になります。ご飯との相性も非常によく、普段よりもご飯を食べ過ぎてしまう人も多いようです。

ハヤシライスと他の似ている料理との違いは?

ハヤシライスは、その味や見た目が似ている料理がいくつかあります。ここではハヤシライスと似ている料理について、それぞれハヤシライスと比べてどう違うのか紹介します。

①ハッシュドビーフとの違い

ハヤシライスとハッシュドビーフは名前は違いますが、使う具や作り方はほとんど変わりません。ただし、デミグラスソースで煮込んだのがハッシュドビーフ、トマトソースで煮込んだのがハヤシライスと一般的に言われてます。

しかし、最近ではトマトソースで煮込むハッシュドビーフやデミグラスソースで煮込むハヤシライスもあるので、その違いを明確に区別できない場合も多いでしょう。

②ビーフシチューとの違い

ハヤシライスとビーフシチューの違いは、具の種類と大きさです。デミグラスソースで味を付ける点は変わりませんが、ビーフシチューのお肉はハヤシライスの薄切り牛肉と違って厚みのある牛肉であることが多く、野菜の具も玉ねぎ以外に人参・じゃがいもなどを使用します。

シチューの方が煮込み時間も長時間で、ご飯と一緒に食べるハヤシライスとは違ってビーフシチュー単体で食べたりパンと併せたりする点も大きな違いと言えるでしょう。

③ビーフストロガノフとの違い

ハヤシライスとビーフストロガノフとの大きな違いは見た目です。ビーフストロガノフはハヤシライスと具材がほとんど同じで、牛肉を煮込んで作りますが、仕上げにサワークリームを入れるので見た目が白くなります。サワークリームの酸味が加わるため、味わいも若干異なるでしょう。

(*ビーフストロガノフについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ビーフストロガノフとは?ハヤシライスと違う?名前の意味や人気レシピなどを紹介!

④カレーライスとの違い

ハヤシライスとカレーライスは、煮込むソースや具材のレパートリーが違います。カレーライスには牛肉以外に豚肉や鶏肉、シーフードが使われ、野菜もじゃがいも・人参・玉ねぎを中心に様々な季節の野菜が使われます。また、ハヤシライスは甘めのソースで味を付けますが、カレーはカレー粉やスパイスを使う点が大きな違いです。

⑤ボルシチとの違い

ボルシチはハヤシライスと違ってデミグラスソースを使わず、さらにビーツを使うために真っ赤な色になるのが特徴です。具材はビーツ以外はビーフシチューと似ており、大きめに切ります。なお、ボルシチのスープは真っ赤な色になりますが、辛くはありません。デミグラスソースを使っていないので、スープに近い味わいです。

ハヤシライスなどの作り方・レシピ

ハヤシライスに似ている料理とその違いを紹介してきましたが、実際の調理法を見てみると違いがよりよく分かります。ここでは、それぞれの料理の作り方・レシピを紹介するので参考にして作ってみましょう。

①ハヤシライスの作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/6359615

トマト缶とケチャップを使った濃厚なハヤシライスの作り方です。牛乳を入れることで、まろやかな口あたりになりますが、煮込み過ぎに気を付けましょう。

超簡単☆トマト缶の簡単ハヤシライス♪♪♪ by CALIMERO♫ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②ハッシュドビーフの作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/4213926

こちらはデミグラスソース缶を使って簡単に作れるハッシュドビーフのレシピです。デミグラスソースは手作りすると手間がかかりますが、デミグラスソース缶を使えば手軽に調理できます。

デミグラスソース缶で ハッシュドビーフ by liqueur☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③ビーフストロガノフの作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/5981934

サワークリームをたっぷりと使ったビーフストロガノフの作り方です。普通のご飯ではなくバターライスと組み合わせるとより美味しくなります。

サワークリームが大事!ビーフストロガノフ by soi013 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

④カレーライスの作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/6317647

スパイスを3種類使って作る、簡単でありながらも本格的なカレーライスの作り方です。カレーライスをルーでは無く、スパイスを使って作ってみたい方におすすめのレシピです。

簡単!夏野菜と3つのスパイスで本格カレー by 只の大学生 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

⑤ボルシチの作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/6420281

ボルシチは日本ではスープ料理として食べられることが多いです。このレシピでは、食べやすいように、具材を1cm角に切っていますが、好みの大きさにアレンジしても良いでしょう。

本場のボルシチ by 大阪市たべやんレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

⑥ビーフシチューの作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/6325805

ビーフシチューの肉は塊が大きいので火の通りに時間が掛かりますが、こちらのレシピのように炊飯器を活用すれば長時間煮込まなくても肉が柔らかく仕上がります。圧力鍋でも炊飯器と同じように時短で作れるので、取り入れやすい調理法で作ってみてください。

ゴロゴロ牛すね肉のビーフシチュー by タイガー魔法瓶 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

ハヤシライスを食べてみよう

ハヤシライスの名前の由来や、ハヤシライスと良く似た牛肉を煮込む料理との違いを紹介しました。ハヤシライスは比較的簡単に作れる味も良い料理なので、今まで作ったことが無い方もぜひハヤシライスを手作りしてみてください。

関連する記事