キャビアの食べ方は?そのままでも美味しい?活用レシピ13選を紹介!

キャビアの美味しい食べ方を知っていますか?今回は、〈クラッカー・パスタ・ウォッカ〉などとの美味しい食べ合わせ方のおすすめを紹介します。高級食材であるキャビアの食べ方・活用レシピのおすすめ13選も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. キャビアとは?
  2. キャビアはチョウザメの卵
  3. 三大珍味「キャビア」の味わい
  4. キャビアの美味しい食べ方は?
  5. ⓪最初はそのままで食べてみる
  6. ①クラッカーと一緒に食べる
  7. ②パスタなどにトッピングとして添える
  8. ③ウォッカの肴として食べる
  9. ④ブリニとの食べ合わせもおすすめ
  10. キャビアの食べ方・活用レシピのおすすめ13選
  11. ①キャビアとチーズのクラッカー添え
  12. ②キャビアとアボカドのわさび醬油和え
  13. ③キャビアのスクランブルエッグ
  14. ④キャビアと生ハムのパスタ
  15. ⑤キャビアの手巻き寿司
  16. ⑥キャビアとサワークリームのブリニ
  17. ⑦キャビアのカナッペ
  18. ⑧キャビアのカルボナーラ
  19. ⑨キャビアのデビルドエッグ
  20. ⑩キャビアのサンドイッチ
  21. ⑪キャビアとトマトのムース
  22. ⑫キャビアとじゃがいものマリネ
  23. ⑬アジのキャビア和え
  24. キャビアを食べてみよう

キャビアとは?

高級食材として有名なキャビアですが、どのような特徴を持った食べ物なのでしょうか。キャビアの製造方法や、味わいについて詳しく説明します。

キャビアはチョウザメの卵

キャビアとはチョウザメの卵を塩漬けにしたもので、その艶のある黒々とした卵は海の黒真珠とも呼ばれています。チョウザメの種類により、キャビアの味や大きさ、色などの特徴に違いがあることも特徴的です。粒が大きいものほど価値が高く、大チョウザメのキャビアが最高品質だとされ、1g当たり800円程度の値段が付けられています。

キャビアが高価なことから、ランプフィッシュと呼ばれる魚の卵を、塩漬けにしたものは人気の代用食品です。こちらの価格はキャビアの1/50程度の価格で、手軽にキャビアに似た味わいと食感を愉しむことができます。

三大珍味「キャビア」の味わい

キャビアは、トリュフやフォアグラとともに世界三大珍味の一つです。キャビアの味わいは非常に濃厚で、少量でも磯の香りや魚卵特有の、強い旨味を感じることが出来ます。しかし、保存性を高めるための塩分によって塩辛いと感じたり、その特有の香りが生臭く苦手と思う人もいるかもしれません。

キャビアには主にロシアから輸入されたものが大半を占めていますが、日本国内でもチョウザメの養殖が行われ、国産のキャビアが製造されています。特に宮崎産のキャビアが有名で、熟成された旨味と日本人好みの塩加減が人気の理由です。

(*キャビアの値段や味、食べ方について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

キャビアとは?ランク別の値段や味は?食べ方や活用した料理レシピを紹介!
キャビアの味はまずい?例えて表現すると?美味しい食べ方など紹介!

キャビアの美味しい食べ方は?

キャビアはどのようにして食べると、その味わいを際立てることが出来るのでしょうか。キャビアの食べ方や、相性の良い食べ物や飲み物を紹介します。

⓪最初はそのままで食べてみる

キャビアが手に入ったら、まずはそのままキャビア本来の濃厚な旨味を味わってみましょう。キャビアは冷たいと味が感じにくいとされているので、食べる前に常温に戻しておきます。キャビアをスプーンですくう際には、鉄製のスプーンを使うと金属の匂いがキャビアに移ってしまうため、木製かステンレス製のスプーンを使用するのがおすすめです。

①クラッカーと一緒に食べる

関連する記事

×