粉砂糖とは?作り方やグラニュー糖などとの違いは?活用レシピのおすすめなども紹介!

粉砂糖とは何か知っていますか?今回は、粉砂糖と<グラニュー糖・上白糖>との違いに加えて、保存方法や賞味期限についても紹介します。粉砂糖の<ミキサー・すり鉢>での作り方や、活用レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 粉砂糖とは?グラニュー糖・上白糖との違いは?
  2. 粉砂糖は砂糖を粉状まで細かく砕いたもの
  3. グラニュー糖・上白糖との違いは粉の大きさ
  4. 粉砂糖を代用するには?
  5. 粉砂糖の作り方は?ミキサーなしでも作れる?
  6. ①粉砂糖をミキサーを使って作る方法
  7. ②すり鉢を使って作る方法
  8. 粉砂糖の保存方法や賞味期限は?
  9. 粉砂糖の保存方法
  10. 粉砂糖の賞味期限
  11. 粉砂糖の活用レシピのおすすめ
  12. ①クッキー
  13. ②アイシング
  14. ③さつまいもムーチョ
  15. ④フレンチトースト
  16. 粉砂糖を作ってみよう

粉砂糖とは?グラニュー糖・上白糖との違いは?

砂糖は調理には欠かせない調味料の一つですが、粉砂糖やグラニュー糖、上白糖などの種類があり、その違いを正確に理解して使い分けている人は少数派かもしれません。ここでは、粉砂糖とは何か、グラニュー糖や上白糖との違いとは何かについて説明します。

粉砂糖は砂糖を粉状まで細かく砕いたもの

粉砂糖とは砂糖を粉状になるまで細かく砕いたものをさし、パウダーシュガーといわれることもあります。粉雪のように真っ白で、状態がサラサラしており、味に雑味がないことが特徴です。

グラニュー糖・上白糖との違いは粉の大きさ

粉砂糖とグラニュー糖、上白糖の違いは粉の大きさにあり、上白糖の粒が一番大きく、グラニュー糖、粉砂糖の順に続きます。粉砂糖やグラニュー糖を上白糖代わりに使うことはできますが、食感や味が変わるので注意が必要で、粒の大きさは味にも影響を与えます。

上白糖は保湿性は高いものの焦げやすく、甘みにコクがあり、一方のグラニュー糖は溶けやすくて甘みにクセがなくクッキーに使うと歯ごたえが出るのが特徴です。粉砂糖はグラニュー糖よりさらに溶けやすく、クッキーに使うと崩れるような柔らかさとなるので覚えておきましょう。

(*グラニュー糖や上白糖の違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

グラニュー糖や上白糖の違いとは?三温糖は?味・カロリーや使い道など比較して紹介!

粉砂糖を代用するには?

粉砂糖は上白糖やグラニュー糖でも代用できますが、いずれも甘みや食感は異なり、代用にするのであれば上白糖よりグラニュー糖の方がおすすめです。代用する以外にも、上白糖やグラニュー糖から粉砂糖を作る方法もありますが、それについては後述します。

(*粉砂糖の代用について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

粉砂糖を普通の砂糖で代用できる?アイジングOKな作り方を動画を用いて解説!

粉砂糖の作り方は?ミキサーなしでも作れる?

粉砂糖が手元に無い時には、上白糖やグラニュー糖を使って粉砂糖を作ることでレシピ通りに調理することが可能です。ここでは、粉砂糖の作り方と、ミキサーなしでも作れるのかについて説明します。

①粉砂糖をミキサーを使って作る方法

粉砂糖をミキサーを使って作る方法は、以下の通りです。

①ミキサーに粉砕したい分量の上白糖またはグラニュー糖を入れる
②①をミキサーにかける
③②をふるいにかける


上記の手順で作る際は、出来上がった粉砂糖に対して5%のコーンスターチを加えて混ぜると、固まりにくくなるのでおすすめです。

②すり鉢を使って作る方法

粉砂糖は、ミキサーが無くてもすり鉢を使えば、以下の手順で作ることができます。

①すり鉢に粉砕したい分量の上白糖またはグラニュー糖を入れる
②すりこ木を円を描くイメージで、力を入れずに動かす
③粒が粉砂糖に近い大きさになったら、ふるいにかける


上記の手順で上白糖大さじ1杯を粉砂糖にするのには、25分程度かかるようです。しかし、ミキサーやミルがない場合には有効なので、方法として覚えておきましょう。

粉砂糖の保存方法や賞味期限は?

砂糖は長く保存しても品質が変化しないことで知られており、市販品にも賞味期限が表示されていないものが多いです。しかし、必ず変質しないとは言い切れないため、正しい保存方法を知っておく必要があります。ここでは、粉砂糖の保存方法と賞味期限について説明します。

粉砂糖の保存方法

粉砂糖は上白糖やグラニュー糖と比べると湿気や熱に弱く、固まりやすい特徴を持ちます。そのため湿気などの影響を防ぐためにも、密閉できる缶や瓶、ジッパー付き保存袋などに入れて保存するのが基本です。さらに容器の中に乾燥剤を入れるのがおすすめで、そのような容器に入れたうえで湿度の変化がない冷暗所で常温保存しましょう。

粉砂糖の賞味期限

砂糖には賞味期限が設けられていませんが、粉砂糖にコーンスターチが含まれている場合は、劣化しやすくなります。市販の粉砂糖の場合は、賞味期限の表記がないかを確認し、ある場合は開封したらできるだけ早く使いきりましょう。賞味期限がないものも、変色した時点で食べるのを止めるのが基本です。

また、保存場所によってはダニやアリがつくこともあるので、賞味期限を延ばすためにもしっかり密閉して保存しましょう。

粉砂糖の活用レシピのおすすめ

粉砂糖を上手に使うことで、より美味しくなる料理がいくつもあります。ここでは、粉砂糖を活用できるおすすめのメニューを4つ紹介します。

①クッキー

出典:https://cookpad.com/recipe/6245551

通常の上白糖ではなく粉砂糖を使うことで、サクサクとした食感に仕上がるクッキーです。砂糖を入れる工程で粉砂糖を使うだけなので、バターと小麦粉、バニラエッセンスがあれば簡単に作れます。

粉砂糖クッキー by sakura96 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

②アイシング

出典:https://cookpad.com/recipe/5954960

クッキーの飾りつけに使うアイシングも、水と粉砂糖があれば手早く作れます。粉砂糖に少しずつ水を加えて作るので、子供でも失敗しにくいレシピとなっているようです。食紅などを加えると、色の違うアイシングも用意できます。

簡単☆卵白不使用アイシング☆クリスマス by ママヨリ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

③さつまいもムーチョ

出典:https://cookpad.com/recipe/6497864

スライスして千切りにしたさつまいもを油で揚げて、粉砂糖をふりかけるだけで美味しいおやつになります。揚げたさつまいもの熱で粉砂糖が溶けて柔らかくコーディングされ、食べるのが止まらなくなる美味しさです。

さつまいもムーチョ by naamiiik 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

④フレンチトースト

出典:https://cookpad.com/recipe/6496616

普段のフレンチトーストに粉砂糖を振りかけるだけで、カフェ風の仕上がりになります。粉砂糖をかけることで甘さが調整できるので、フレンチトースト自体の甘さは控えめにしておくのもおすすめです。

フレンチトースト by いっちゃんキッチン☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

粉砂糖を作ってみよう

粉砂糖は、グラニュー糖・上白糖と粒の大きさが異なるものの、これらを細かく砕くことで粉砂糖を作ることができることが分かりました。お菓子のレシピの中には、食感などの面から粉砂糖の使用を推奨しているものもあります。粉砂糖が手元に無い場合は、グラニュー糖や上白糖などから粉砂糖を作ってみましょう。

関連する記事

×