三宝柑とはどんな果物?デコポンとの違いや食べ方は?旬や産地なども紹介!

三宝柑とはどんな果物か知っていますか?今回は、三宝柑の味わい・香りの特徴や、旬の時期・産地に加えて、デコポンとの<見た目・味わい・値段>違いや、食べ方も紹介します。三宝柑の美味しい選び方や、保存方法の他に、活用レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 三宝柑とはどんな果物?
  2. 三宝柑とは和歌山県の特産柑橘類
  3. 三宝柑の味わい・香り
  4. 三宝柑の旬の時期・収穫時期
  5. 三宝柑とデコポンの違いは?
  6. ①見た目の違い
  7. ②味わいの違い
  8. ③値段の違い
  9. 三宝柑の選び方や保存方法は?
  10. 美味しい三宝柑の見分け方
  11. 三宝柑の保存方法
  12. 三宝柑の食べ方・レシピのおすすめ
  13. ①三宝柑のマーマレードジャム
  14. ②三宝柑シャーベット
  15. ③ピールの砂糖漬け
  16. ④三宝柑のゼリー
  17. ⑤三宝柑が香る茶碗蒸し
  18. ➅三宝柑の蒸し物
  19. 三宝柑を食べてみよう

三宝柑とはどんな果物?

出典:https://www.kisyu-mikan.jp/sanpokan-home.html

三宝柑は果物の名前ですが、どのような果物なのかを知らない方も多いかもしれません。まずは産地や旬の季節など、三宝柑の基本的な情報を見てみましょう。

三宝柑とは和歌山県の特産柑橘類

三宝柑は和歌山県の湯浅町、紀南エリアや紀中エリアが主な産地の柑橘類で、柚子とだいだいの自然交配でできたものと言われています。原木の持ち主が殿様に献上するときに、三方と呼ばれる物に乗せて献上したことと、味わいや香りが良く美味しいことが名前の由来になりました。三宝柑の値段は1kg7玉程度で、1300円前後のようです。

三宝柑の味わい・香り

三宝柑の味わいは苦みもなく甘いのが特徴で、皮も薄いので外の皮だけ向いてそのまま食べることも可能です。香りもさわやかなのでゼリーなどのお菓子にする人も多いようです。後述でいくつかレシピを紹介するので、多量に三宝柑が手に入った場合は参考にしてみてください。

三宝柑の旬の時期・収穫時期

みかんなどの柑橘類は冬が旬のイメージがありますが、三宝柑は少しずれた3月から4月の春の時期が旬となります。収穫が始まる時期は1月なので、それほど他のみかんとは変わらないものの、早い時期の三宝柑は少し酸味のある味わいとなっています。

三宝柑とデコポンの違いは?

三宝柑の見た目はデコポンとよく似ていますが、違いは何でしょうか。三宝柑とデコポンには、味わいや値段などに違いがあるので選ぶ時の参考にしてください。

①見た目の違い

三宝柑とデコポンは見た目がよく似ていることから、少し見ただけではどちらなのかがわかりにくいです。デコポンの方がオレンジがかった色の皮をしているので、色を見比べることで見分けることができます。さらに、切ってみると三宝柑の方が皮が厚く果肉の黄色が濃いのが特徴で、種もデコポンに比べると多いことがわかります。

三宝柑の皮は剥きにくくはないですが、デコポンの方が皮が薄い上に種が少ないので、食べやすさの面ではデコポンの方が勝っています。

②味わいの違い

三宝柑は柚子とだいだいの交配でできたものなので、酸味と甘みが柔らかくさっぱりとしています。一方のデコポンは清美とポンカンの組み合わせであることから、ジューシーで酸味と甘みが強いのが特徴です。それぞれに違った美味しさがあるので、食べ比べてみるのもおすすめです。

③値段の違い

三宝柑とデコポンの価格の違いは、三宝柑は1kgあたり1300円前後、デコポンは1500円前後とそれほど大きな差はないようです。ただし、皮の厚みや可食部の多さを考えると、若干デコポンの方が高いと言えるでしょう。

三宝柑の選び方や保存方法は?

三宝柑の旬は2ヶ月ほどと短いので、購入するときにはできるだけ美味しいものを選びたいものですが、美味しい三宝柑はどのように見分ければよいでしょうか。ここでは美味しい三宝柑の見分け方や保存方法を紹介するので参考にしてください。

美味しい三宝柑の見分け方

美味しい三宝柑には以下のような特徴があります。

・皮につやがある
・張りがある
・葉がついている場合はしっかりと枝についている
・実が詰まっていて重い


三宝柑は枝や葉をつけたまま販売されていることもありますが、その場合は葉や枝がしっかりしていることも美味しい三宝柑を見分ける上でのポイントとなっています。葉が枝からすぐに取れるものや皮が柔らかくなっているもののほか、軽く感じるものは鮮度が落ちているので、購入するときにはなるべく選ばないことをおすすめします。

三宝柑の保存方法

三宝柑は冷暗所に入れて保存するのが基本の保存方法です。この方法の場合、数日程度の保存であればそれほど問題はありませんが、食べるまでに日数がある場合は紙袋に入れて冷蔵庫で保存したほうが日持ちします。

三宝柑の食べ方・レシピのおすすめ

酸味と甘みがまろやかで、皮も剥きやすい三宝柑はさまざまな料理にも使われています。ここでは三宝柑のおすすめのレシピを紹介するので、風邪のひきやすい季節にはビタミンCも豊富な三宝柑を活用した料理をぜひ作ってみて下さい。

①三宝柑のマーマレードジャム

出典:https://cookpad.com/recipe/2152143

三宝柑のマーマレードジャムは種が多く作るのに少し手間がかかるものの、爽やかな香りとまろやかさでオレンジマーマレードとは少し違った味わいが楽しめます。砂糖は、三宝柑の重さをしっかり測ってから決めるのが美味しく仕上げるコツです。

さんぽうかん(三宝柑)のマーマレード by ohmori 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

②三宝柑シャーベット

出典:https://cookpad.com/recipe/6325874

三宝柑は、シャーベットしても美味しい柑橘類です。こちらのレシピではオレンジを使用していますが、三宝柑でも応用できます。三宝柑の皮を器に活用することで、見た目にも楽しめる一品に仕上がります。

ミルクリッチ♪オレンジシャーベット by フォレストヒル 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

③ピールの砂糖漬け

出典:https://cookpad.com/recipe/523803

三宝柑の皮も無駄なく使えるレシピです。柔らかくしっかりとした三宝柑の皮は砂糖漬けにはピッタリで、お菓子作りの材料のほかおつまみにも使えるので捨てずに作ってみましょう。

✿✿ ピールコレクション ✿✿ by ゆりぼぉ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

④三宝柑のゼリー

出典:https://www.recipe-blog.jp/profile/32300/blog/14886015

三宝柑のゼリーはネット通販でも人気の1つですが、自分でも作れます。果肉の粒をたっぷり入れることで粒の食感もしっかり味わえる美味しいゼリーです。

三宝柑ゼリー by とろっこさん | レシピブログ - 料理ブログのレシピ満載!

⑤三宝柑が香る茶碗蒸し

出典:http://shokuiku.sri-nanki.com/shokuiku/action/RecipeDetail?id=52

三宝柑の皮と香りを生かした茶碗蒸しで、料亭のような趣のある一品に仕上がります。三宝柑の大きさに合わせて蒸す時間を調整してください。

まるかじり!和歌山

➅三宝柑の蒸し物

出典:http://shokuiku.sri-nanki.com/shokuiku/action/RecipeDetail?id=51

こちらも三宝柑の皮を使用した蒸し物で、三宝柑の爽やかな香りを楽しめます。好みで山椒の葉や三宝柑の蓋の部分を飾り付けても良いでしょう。

まるかじり!和歌山

三宝柑を食べてみよう

三宝柑は和歌山県が特産の柑橘類であることが分かりました。三宝柑は食べやすく、お菓子や料理作りなどにも活用しやすいので、ぜひさまざまな活用方法を試してみてください。

関連する記事

×