メロンの食べ頃はいつ?見極め方は?旬の時期や選び方のポイントも紹介!

【野菜ソムリエ】メロンの食べ頃な時期・旬な季節はいつか知っていますか?今回は、メロンが食べ頃な時期の見極めや、熟してないメロンを追熟し完熟させる方法を紹介します。食べ頃を遅らせる方法や食べ方のおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 池田奈央
Ameba HP 野菜ソムリエ協会 Instagram
日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエPro 香川県食農アドバイザー 野菜ソムリエ料理教室・健康講座で野菜や果物の食べ方の提案。企業向けに「...
Ameba HP 野菜ソムリエ協会 Instagram
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエPro 香川県食農アドバイザー 野菜ソムリエ料理教室・健康講座で野菜や果物の食べ方の提案。企業向けに「食から考える心と身体の健康経営」の人材育成セミナーにも力を入れている。

目次

  1. メロンが食べ頃な季節はいつ?
  2. メロンの旬
  3. 美味しい・新鮮なメロンの特徴
  4. メロンの食べ頃の見極め方は?
  5. ①皮の色が黄色っぽい
  6. ②おしりが柔らかい
  7. ③ツルが枯れ始めている
  8. メロンを追熟して食べ頃にする方法
  9. メロンを追熟させる保存方法・期間
  10. メロンの冷蔵保存で食べ頃・追熟を遅らせられる?
  11. メロンは冷蔵すると2度と追熟しなくなる
  12. メロンの食べ頃が過ぎた・過ぎそうな場合は?
  13. 冷凍で保存する
  14. 完熟メロンの食べ方のおすすめは?
  15. ①そのまま生で食べる
  16. ②生ハムメロン
  17. ③メロンのアイスクリーム乗せ
  18. メロンは食べ頃に美味しくいただこう

メロンが食べ頃な季節はいつ?

春先から夏が近づくとメロンは店頭で見かけるようになりますが、メロンの食べ頃の時期はいつなのでしょうか?メロンの旬や、美味しいメロンの見分け方も紹介します。

メロンの旬

メロンと一言で言っても、国産の物もあればメキシコなどからの輸入品もあります。国産のものの栽培時期で言えば、マスクメロンは温室で栽培されていますので、一年中食べることができます。

それ以外の露地物と言われるものでは、早いものでは3月頃から出回り、遅いものは11月頃まで食べることが可能です。その中でも国産メロンのもっとも美味しい旬の時期は、初夏で5月から7月になります。

(*メロンの旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

メロンの旬の時期を種類別に!選び方のポイントや食べ頃の見極め方も紹介!

美味しい・新鮮なメロンの特徴

メロンを購入する時には美味しくて新鮮なものを選びたいです。その特徴は下記の通りになります。

・大きすぎず、小さすぎないもの
・色ムラがなく、左右対称で、均整がとれたもの
・ずっしりと重みを感じられるもの
・網目付きのものは、網目がはっきりとして、均等に広がっているもの
・お尻を押した時に弾力があるもの
・みずみずしい香りのあるもの


メロンは外身にネットがあるもの、無いもの、果肉が青いもの、赤いもの、白いものなど種類が豊富ですが、一般的な美味しいメロンの特徴になりますので選ぶ際の参考にしてください。

メロンの食べ頃の見極め方は?

メロンの食べ頃は収穫してから3〜7日と言われていますが、メロンは購入した日が収穫してから何日目なのか分からないので、いつ食べていいのか悩んだことはありませんか?そのような時に参考にしていただきたい、外見から食べ頃を見極める方法を紹介します。

①皮の色が黄色っぽい

メロンは熟してくると、皮がだんだんと黄色に変わってきます。それと同時期にメロンの甘い香りが強くなってきます。これが食べ頃の合図の1つです。

②おしりが柔らかい

ネット系と言われる、表面に網目のあるメロンは、お尻の部分を押して柔らかくなっていたら食べ頃です。ノーネット系と言われる、表面に網目のないメロンは、お尻の部分を少し強めに押して、弾力を感じれば食べ頃です。

③ツルが枯れ始めている

収穫したばかりのメロンのツルはみずみずしくピンとしていますが、時間が経つにつれ枯れてきます。これが食べ頃の合図です。よって、ツルは食べる部分ではないからと切り落としてしまわず、食べ頃を見極めるためにとっておきましょう。

メロンを追熟して食べ頃にする方法

メロンは収穫したばかりだと青臭さがあって、あまり美味しさを感じません。食べ頃は収穫後、3日から1週間と言われており、収穫後にだんだんと追熟し、食べ頃になっていきます。そのため、メロンを美味しく食べるには、正しく追熟させることが大切です。

メロンを追熟させる保存方法・期間

上手に追熟し食べ頃を迎えるには、メロンを保存する場所の環境を整える必要があります。その環境は下記の通りです。

・温度は20~25℃ぐらいの場所
・日が当たらない冷暗所
・風通しのいい場所


メロンを追熟させて食べ頃を迎えるにはこのような環境で保存してください。追熟期間の目安は収穫日から1週間くらいですが、個体によって変わりますので、毎日様子を見て食べ頃を見逃さないようにしましょう。

メロンの冷蔵保存で食べ頃・追熟を遅らせられる?

メロンをもらってすぐ食べる予定がない場合など、食べ頃・追熟を意図的に遅らせることができたら便利ですね。そのようなことは可能なのでしょうか?

メロンは冷蔵すると2度と追熟しなくなる

メロンを追熟させる環境については先述しました。冷蔵庫に入れてしまうと、追熟の条件の一つである温度が20~25℃ではないので、追熟しなくなります。これは、冷蔵庫に入れている間のみ、追熟しないわけではなく、2度と追熟しなくなってしまうため注意が必要です。

・完熟したメロンを食べる数時間前
・完熟したメロンを食べきれない場合


メロンを冷蔵するのは、上記の2通りに限られると覚えておきましょう。いずれにせよ、未熟なメロンを冷蔵することはありません。

池田奈央

野菜ソムリエ

追熟には、2つの作用が【甘くする。】と【柔らかくする。】です。実は、メロンの追熟は柔らかくする作用のみです。糖度は、収穫時に決っています。

(*メロンの保存と追熟について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

メロンの保存は追熟の鍵!常温・冷凍・冷蔵庫で長持ちの方法や期間の目安を紹介!

メロンの食べ頃が過ぎた・過ぎそうな場合は?

メロンの美味しい食べ頃の時間は短く、完熟後は2、3日のうちに食べるようにしましょう。もし食べきれない時はどうしたらいいのでしょうか?

池田奈央

野菜ソムリエ

メロンなどウリ科の植物には、苦味成分が含まれています。特に成熟し過ぎたメロンを食べると舌がピリピリしたり苦味を感じることかあります。

冷凍で保存する

カット後、2日くらいで食べきれないなら冷凍保存することをおすすめします。生の時に比べると味は落ちますが、シャーベットやスムージーとして食べれば美味しいです。その場合はメロンの皮と種を取り除き、食べやすい大きさにカットし、ジップロックなどの袋に入れて冷凍してください。また、メロンはピューレにしてから冷凍する方法もあります。

完熟メロンの食べ方のおすすめは?

食べ頃を迎えた完熟のメロンは、どのような食べ方をすると美味しいのでしょうか。おすすめの食べ方を紹介します。

①そのまま生で食べる

完熟のメロンは、そのまま生で食べるのが一番です。甘くてみずみずしくて、口に入れるとその美味しさが口いっぱいに広がります。ちなみに、メロンは食べる2時間くらい前に冷蔵庫で冷やしてから食べてください。

②生ハムメロン

出典:https://cookpad.com/recipe/5600111

切ったメロンに生ハムを乗せただけですが、メロンの甘さと生ハムの塩辛さが絶妙にマッチしたオードブルです。ワインなどが飲みたくなる、大人らしくて贅沢な食べ方です。

メロンがあれば→生ハムメロンまつり by BistroMiti 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが324万品

③メロンのアイスクリーム乗せ

出典:https://cookpad.com/recipe/3967366

メロンを半分に切って、タネをのぞいたところにアイスクリームを入れるだけで、簡単だけど最高に美味しいデザートになります。果肉を多めに丸くくり抜いて、アイスクリームの上に飾ってもおしゃれです。

メロンアイス by もず♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが324万品

メロンは食べ頃に美味しくいただこう

初夏に旬を迎えるメロンは、みずみずしくて甘い高級フルーツです。せっかく食べるのなら美味しく食べたいものです。そのための追熟の方法や食べ頃の時期の見極め方について説明しました。食べ頃の時間は短いので、カットしたらすぐに食べましょう。食べきれない場合は、冷凍してシャーベットなどのデザートに使いましょう。

関連する記事