生たらこの安全な食べ方は?生食・焼きで美味しく食べる方法・レシピも紹介!

たらこの美味しい食べ方を知っていますか?今回は、たらこを生で安全に食べる方法や、〈解凍方法・塩抜き・焼き方〉などの〈生・焼き〉で美味しく食べるポイントを紹介します。生食用・焼きたらこのレシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. たらこを美味しく安全に食べたい!
  2. たらこを生で安全に食べるには?
  3. ①生食用と書かれているたらこを選ぶ
  4. ②寄生虫がいないか確認する
  5. ③正しく保存し賞味期限を把握する
  6. たらこを生で美味しく食べるには?
  7. ①冷凍たらこは冷蔵庫で解凍する
  8. ②塩気が強い場合は塩抜きする
  9. たらこを焼いて美味しく食べるには?
  10. たらこを焼くメリット
  11. たらこの美味しい焼き方
  12. たらこの生食用レシピのおすすめ
  13. ①たらこパスタ
  14. ②たらことじゃがいものサラダ
  15. 焼きたらこのレシピのおすすめ
  16. ①お餅とたらこのグラタン
  17. ②カリフラワーと焼きたらこのサラダ
  18. たらこを美味しく食べよう

たらこを美味しく安全に食べたい!

プチプチとした食感を味わうことのできるたらこは、魚卵の一種です。スーパーなどでは塩漬けにされて販売されていることの多いたらこは、おにぎりやパスタなどさまざまな料理に使われています。今回は、生たらこと焼きたらこそれぞれの美味しい食べ方を紹介します。

たらこを生で安全に食べるには?

たらこを美味しく安全に食べるにはどうしたら良いのでしょうか。ここでは、たらこを食べる際の注意点について、寄生虫の危険性や賞味期限についても触れながら紹介します。

①生食用と書かれているたらこを選ぶ

たらこには、加熱用と生食用が売られています。生たらこは保存性を高めるために塩漬けされており、基本は生で食べることができます。ただし、安心して生のたらこを食べる場合は、生食用と書かれているものを選ぶようにしましょう。

生食用とも加熱用とも書かれていない場合は、生で食べても大丈夫か確認すると良いでしょう。心配なときは、加熱して使うことをおすすめします。

②寄生虫がいないか確認する

出典:https://twitter.com/siratamago6/status/1051069104986107904/photo/1

たらこに付着する可能性のある寄生虫をみていきましょう。

・アニサキス
・ニベリニア


アニサキスは、2〜3cm程の長さで白色をしているのが特徴です。アニサキスは加熱と冷凍で死滅することがわかっていますが、購入する際には明らかにアニサキスがついているものは避けるのが無難です。生きたアニサキスを食べてしまうと激しい胃痛に見舞われることもあるので注意しましょう。

ニベリニアはイカやタラに見られることが多く、米粒のような大きさをしている寄生虫です。ニベリニアは、食べてしまっても人体に影響がないのが寄生虫ではありますが、見つけた場合は取り除いて調理すると良いでしょう。

(*アニサキスの見つけ方について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

寄生虫「アニサキス」の見つけ方は?冷凍・加熱で食中毒を予防する方法を解説!

③正しく保存し賞味期限を把握する

生でたらこを食べるのであれば、正しく保存し賞味期限を把握することも大切です。賞味期限が切れたたらこは以下のような状態になるので、注意しましょう。

・ネバネバして糸を引く
・酸味のある臭いがする
・カビが生える
・表面がねっとりする


たらこの賞味期限は、冷蔵保存で約1週間で冷凍保存は約2ヶ月になっています。賞味期限はあくまでも美味しく食べられる期限のことなので、たらこは賞味期限が切れていても、腐っていなければ加熱して食べることができます。

ただし、賞味期限内でも開封後は腐りやすくなるほか、保存状態が悪いと未開封でも腐ることはあるので上記のような変化が見られた場合は食べずに処分してください。

(*たらこの賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

たらこの賞味期限は?切れても食べられる?日持ちする保存方法を紹介!

たらこを生で美味しく食べるには?

塩漬けされている生たらこは、どのようにすると美味しく食べることができるのでしょうか。ここでは、生たらこの美味しい食べ方を紹介します。

①冷凍たらこは冷蔵庫で解凍する

冷凍たらこを解凍する場合は、冷蔵庫で解凍するようにしましょう。常温で解凍してしまうと、温度差で水分がたくさん出て水っぽいたらこになるので注意が必要です。冷蔵庫で解凍すると時間がかかるので、たらこを使う前日くらいから冷蔵庫に移すと良いでしょう。冷凍たらこは、冷蔵庫でゆっくりと解凍することで味や食感を良い状態に保てます。

②塩気が強い場合は塩抜きする

塩漬けのたらこは塩辛い場合があり、塩抜きすることで食べやすくすることができます。たらこの塩抜きの手順は以下の通りです。

1、ボウルに水と氷を入れ氷水を作る
2、氷水にたらこを漬けて20分〜30分待つ
3、キッチンペーパーでたらこの水分を拭き取る


生たらこの塩抜きは、氷水を使うことがポイントです。氷水を使うことで、たらこの身が締まって食感が良くなります。時間が経つと食感が元に戻ってしまうので、塩抜きは食べる直前にすることをおすすめします。

たらこを焼いて美味しく食べるには?

生たらこの美味しい食べ方を紹介してきましたが、焼きたらこを美味しく食べる方法はあるのでしょうか。ここでは、たらこを焼くメリットと美味しい焼き方をみていきましょう。

たらこを焼くメリット

たらこは焼くことで、日持ちを良くすることができます。生のたらこは傷むのが早いためお弁当のおかずには不向きですが、焼きたらこにすることでお弁当のおかずとしても使うことができます。さらに加熱することによって寄生虫も死滅させることができるので、食中毒の心配も大幅に減るのがメリットです。

また、焼きたらこにすることで生のたらことは違う食感を味わうことができるのも、メリットの一つと言えるでしょう。

たらこの美味しい焼き方

たらこの美味しい焼き方を紹介します。

・トースターの場合:アルミホイルを敷き片面5分ずつ加熱
・フライパンの場合:クッキングシートを敷き中火で片面2分ずつ加熱
・電子レンジの場合:お皿にたらこを乗せてタップをし片面1分ずつ加熱


トースターや電子レンジの加熱時間は、機種によって異なるので様子を見ながら調節すると良いでしょう。アルミホイルやクッキングシートを敷くことによって、焦げるのを防ぎ綺麗な焼きたらこを作ることができるのでおすすめです。

たらこの生食用レシピのおすすめ

ここでは、生のたらこを使ったおすすめのレシピを紹介します。簡単に作れるレシピばかりなので、おすすめレシピを参考に作ってみてください。

①たらこパスタ

出典:https://cookpad.com/recipe/1374491

和えるだけで簡単に作ることができる、生のたらこパスタのレシピです。バターのコクと生クリーム・牛乳のクリーミーな味わいを楽しむことができます。短い時間で簡単に作ることができるので、ランチにもぴったりです。

☆絶品たらこパスタ☆ by ☆栄養士のれしぴ☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

②たらことじゃがいものサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/1852936

生たらこのプチプチとした食感を楽しむことができる、たらことじゃがいものサラダです。じゃがいもは、電子レンジで簡単に加熱することができるので手軽に作れます。じゃがいもは粗めに潰すことで食感を残すことができるので、ぜひ試してみてください。

激うま簡単*たらことじゃがいものサラダ by TOMOtwa 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

焼きたらこのレシピのおすすめ

たらこは火を通すことで、生たらことは違った食感を楽しむことができます。ここからは、生たらことは一味違う焼きたらこのおすすめレシピも見ていきましょう。

①お餅とたらこのグラタン

出典:https://cookpad.com/recipe/3600020

少ない材料で簡単に作ることができる、たらこグラタンのレシピです。餅とチーズとたらこの相性が抜群で、程よい塩気を味わうことができます。トースターやオーブンの加熱時間は、機種によって調節すると良いでしょう。

お餅とたらこのグラタン by aprea 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

②カリフラワーと焼きたらこのサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/3199581

カリフラワーと焼きたらこで作る、マヨネーズサラダのレシピです。たらこはしっかり加熱することで、美味しい焼きたらこにすることができます。このレシピは、お弁当のおかずとしてもおすすめの一品です。

❀カリフラワーと焼きたらこのサラダ❀ by nasubeam 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

たらこを美味しく食べよう

たらこは、生たらこや焼きたらこなどさまざまな食べ方ができる食材です。生のたらこは傷みやすいので、賞味期限などしっかり確認して安全に食べましょう。今回はたらこのレシピと美味しい食べ方も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連する記事