「めかぶ」と「もずく」の違いは?どっちが栄養・ダイエットに優れてる?

「めかぶ」と「もずく」の違いを知っていますか?今回は、「めかぶ」と「もずく」の〈味・食感・栄養成分・値段〉など特徴の違いを比較して紹介します。食物繊維・フコイダンの含有量などから、ダイエット・髪の毛にどっちがいいのかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 「めかぶ」と「もずく」って何が違うの?同じ物?
  2. 「めかぶ」と「もずく」は別の種類の海藻
  3. 「めかぶ」と「もずく」の違い①味わい・食感
  4. 「めかぶ」と「もずく」の違い②栄養成分
  5. 「めかぶ」と「もずく」の違い③値段と賞味期限
  6. 「めかぶ」と「もずく」はどっちがおすすめ?
  7. ①ダイエットは食物繊維が多い「めかぶ」がおすすめ
  8. ②育毛・髪の毛にはフコイダン含有量が多い「もずく」がおすすめ
  9. ③体臭予防にはめかぶ・もずくどちらもおすすめ
  10. 「めかぶ」と「もずく」の違いを知っておこう

「めかぶ」と「もずく」って何が違うの?同じ物?

「めかぶ」と「もずく」は健康的でダイエット効果や美肌効果もある海藻ですが、両者の違いについてはあまり知られていません。今回はそんな「もずく」と「めかぶ」の違いについて解説していきます。

「めかぶ」と「もずく」は別の種類の海藻

「めかぶ」と「もずく」は似ていますが、全く別の海藻です。まず「めかぶ」は海藻の名前ではなく、わかめの根元のヒダ状の部分を湯通して細く切ったものです。一方、「もずく」はモズク科、ナマガツモ科に属する海藻の総称で、食用として用いられている「もずく」は主に太モズクと糸モズクの2種類となっています。

「めかぶ」と「もずく」の違い①味わい・食感

「めかぶ」はわかめの根元を湯通しして細く切ったもので、肉厚でヌメリがあり、食感はコリコリとしています。海藻の風味が強く、薄塩味やごま油との相性が良いです。またお吸い物にしても「めかぶ」独特の味わいがたのしめます。

一方の「もずく」は長細い形状をしたヌメリのある海藻で、ツルツルとした食感が魅力です。三杯酢や黒酢などの酸味のきいた味付けとよく合うほか、天ぷらにしてもおいしく食べられます。

「めかぶ」と「もずく」の違い②栄養成分

もずく めかぶ
食物繊維 1.4g 3.4g
炭水化物 1.4g 3.4g
カロリー 4kcal 11kcal
カリウム 2mg 88mg
カルシウム 22mg 77mg
タンパク質 0.2g 0.9g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)
※100gあたりの数値です

表を見ると、「めかぶ」のほうが「もずく」よりも全体的に栄養価が高いことがわかります。カロリーは「もずく」のほうが低いため、ダイエットしている方や、健康状態が気になる方には「めかぶ」よりも「もずく」をおすすめします。

(*めかぶともずくの栄養素と効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

めかぶの栄養素と効能は?食物繊維が豊富?食べ過ぎの注意点などもずくと比較して紹介!
もずくの栄養素と効能は?酢と一緒で効果UP?食べ過ぎが危険・体に悪い理由も紹介!

「めかぶ」と「もずく」の違い③値段と賞味期限

もずく めかぶ
値段(1パックあたり) 100円~128円 178円~198円
賞味期限 25日 10日

もずくの90%は沖縄で養殖されているのに対して、「めかぶ」は三陸や鳴門など生産地が多数あります。それにもかかわらず「めかぶ」のほうが「もずく」よりも値段が高い理由は、国内に輸入品のわかめが数多く出回っているためです。国内産のわかめを使用している「めかぶ」は、原価自体が高くなるため「もずく」に比べると値段が高くなってしまうのです。

また、「もずく」が調味液に浸かって販売されているのに対して、「めかぶ」は調味液が別途添付されて販売されています。これは、「めかぶ」を長時間調味液に浸しておくと見た目が黒っぽく変色してしまうからです。そのため、調味液に浸かっている「もずく」のほうが、賞味期限は長くなります。

「めかぶ」と「もずく」はどっちがおすすめ?

関連する記事

×