美味しいキウイの見分け方・選び方は?色や形が重要?食べ頃の特徴も紹介!

美味しいキウイの見分け方を知っていますか?きれいな形ではだめなのでしょうか?今回は、<形・色>など美味しいキウイの見分け方を<キウイ・ゴールドキウイ>別に紹介します。キウイの追熟の方法や食べ頃の見分け方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 美味しいキウイを見分ける方法はある?
  2. 美味しいキウイの見分け方は?
  3. ①平べったい楕円形で重い
  4. ②全体にうぶ毛がある
  5. ③傷や変色がない
  6. 美味しいゴールドキウイの見分け方は?
  7. ①平べったい楕円形で重い
  8. ②傷がなく果皮がなめらか
  9. ③変色していない
  10. キウイが平べったい形だと美味しい理由は?
  11. 幹に最も近く栄養や水分が豊富な実だから
  12. キウイの食べ頃の見分け方は?
  13. そっと触ってかすかに弾力があればOK
  14. 固い場合は「追熟」が必要
  15. 美味しいキウイの見分け方をマスターしよう

美味しいキウイを見分ける方法はある?

キウイは甘酸っぱい風味が美味しく、手ごろな値段で購入できる人気の果物のひとつです。スーパーで買ったキウイを食べたら酸味が強くて美味しくないことがありますが、美味しいキウイを見分ける方法はあるのでしょうか。

美味しいキウイの見分け方は?

スーパーでキウイを購入する際には、どのようなキウイを選べばよいのでしょうか。ここではまず果肉が緑色のグリーンキウイについて、見た目の形や重さなどの観点から、美味しいキウイを見分ける方法について解説します。

①平べったい楕円形で重い

キウイには卵のような形や丸い形、細長い形など様々な形があり、店頭でキウイを選ぶ際には形がきれいに整ったものを選びがちです。しかし、キウイはじゃがいものような平たい楕円形をしたもののほうが甘みの素となるデンプンが多く含まれていて美味しいと言われています。また、キウイを手に乗せると重みを感じるものは、果汁が多い証拠です。

②全体にうぶ毛がある

美味しいキウイを選ぶ際には、キウイの果皮にまんべんなく毛じ(もうじ)と呼ばれるうぶ毛が生えているかどうかをチェックしてください。果皮全体に毛じがあるものの方が美味しいので、毛じが部分的に薄いものや全く生えていないものは選ばないようにしましょう。

③傷や変色がない

キウイを選ぶ前に果皮に傷があるものや変色がないかどうかを確認して、傷がついていないなめらかな果皮のものを選んでください。果皮に傷や変色があるキウイは鮮度が落ちている証拠で、その部分から傷みやすくなります。

また、キウイは太陽の光に当たり過ぎると皮の色が濃く変色する性質があり、このようなキウイは甘味が弱いと言われています。そのため、キウイの果皮の色が濃いものよりも薄い茶色のもののを選ぶと良いでしょう。

美味しいゴールドキウイの見分け方は?

次に、果肉が黄色い色のゴールドキウイを購入する場合は、どのような形や色のものを選べばよいのでしょうか。美味しいゴールドキウイの見分け方について解説します。

①平べったい楕円形で重い

出典:https://takuhai.daichi-m.co.jp/Goodsdetail/02803138

ゴールドキウイの場合も、グリーンキウイと同じように平たく楕円形の形をしたものを選びましょう。ただし、店頭に並んでいるゴールドキウイはほとんどが同じような卵型をしており、平たい形をしているものとそうでないものを見分けるのが難しいことがあります。

②傷がなく果皮がなめらか

ゴールドキウイはグリーンキウイとは違って毛じが少ないため、選ぶ際には毛じではなく果皮の状態を確認してください。果皮に傷やへこみ、シワなどがあるゴールドキウイは鮮度が落ちている証拠です。このようなゴールドキウイを購入するのは避けて、果皮がなめらかでツヤのあるものを選びましょう。

③変色していない

ゴールドキウイを購入する際も、グリーンキウイと同様に果皮の色が濃いものよりも薄い茶色のものを選んでください。また、ゴールドキウイなどのキウイは傷むと果皮が黒や茶色に変色するため、皮の一部に変色が見られる場合も中身が傷んでいることが多いです。このようなゴールドキウイを見かけたら、選ばないように注意してください。

キウイが平べったい形だと美味しい理由は?

キウイが平べったい形をしていると美味しいと言われるのは、なぜなのでしょうか。平べっい形をしたキウイが美味しい理由について紹介します。

幹に最も近く栄養や水分が豊富な実だから

生産者の間では平べったい形をしたキウイを長男と呼んでおり、これは木の幹から最も近い部分に生るキウイの果実のことを指します。キウイの長男が平たくふっくらとした形をしているのは、他の果実よりも木の養分を多く吸収して成長することで水分量が多く含まれているためです。キウイの長男は、他の実に比べて糖度が高く果汁が多くて美味しいと言われています。

キウイの食べ頃の見分け方は?

スーパーで販売されているキウイは、熟しているものだけでなく未熟な状態のものもあります。完熟して食べ頃になったキウイは、どのように見分けたらよいのでしょうか。

そっと触ってかすかに弾力があればOK

キウイは完熟しても皮の色が変わらず見た目はほぼ変わらないため、キウイを触って食べ頃かどうかを判断します。キウイの果皮やヘタを優しく触った時にほのかに弾力を感じたら、完熟して食べごろになったサインです。かすかな弾力がありながらもほどよい硬さが残るキウイは、甘味が強いうえに柔らかいため美味しくいただけます。

ただし、触ったときに明らかに柔らかいとわかるものや、手で掴むだけで皮がむけるほど柔らかくなったキウイは熟しすぎて傷んでいる可能性が高いです。キウイがこのような状態になったら、食べるのは避けましょう。

固い場合は「追熟」が必要

触ると固い未熟なキウイは酸味が強く果汁も少ないため、以下のような手順で追熟させる必要があります。

【やり方】
1.キウイをキッチンペーパーなどに包み数個ずつまとめてビニール袋に入れる
2.ビニール袋の口を緩く結び、袋に数か所穴を開けて常温で保存する


追熟とは収穫後の果物を数日保存して熟成させることで、追熟させた果物は柔らかくなるうえに甘みも増して美味しくなります。キウイを15度から20度程度の温かい常温で保存すると、追熟を進行させることが可能です。キウイが完熟するまでの期間は保存環境によって異なりますが、常温で置いたキウイはおよそ数日程度で食べごろになるでしょう。

ただし、キウイを湿気が多い場所に置くと腐敗しやすくなり、乾燥した場所に置くとしなびやすくなるため、このような場所には保存しないように注意してください。

なるべく早くキウイを食べごろにしたい場合は、キウイをバナナやりんごとともにビニール袋に入れて保存すると良いでしょう。バナナやりんごには果物の熟成を促すエチレンガスを発生する性質があるため、未熟なキウイをこれらの果物とともに保存すると、キウイの熟成が促されて短期間で食べ頃になります。

(*キウイの追熟について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

キウイの保存方法・期間は?冷凍や冷蔵で日持ちする?常温で追熟させるポイントも紹介!

美味しいキウイの見分け方をマスターしよう

店頭に売られているキウイは様々な形のものがありますが、その中でも平べったい楕円形をした長男と呼ばれるキウイは他のキウイよりも美味しいと言われています。また、売り場には完熟したキウイだけでなく未熟なものもあるため、食べ頃のサインを見極める必要があります。キウイの選び方や食べ頃の見分け方をマスターして、キウイを美味しくいただきましょう。

関連する記事