カレー粉の代用品13選!他のスパイスは代わりになる?活用レシピとともに紹介!

カレー粉の代用品を知っていますか?何が使えるのでしょうか?今回は、<クミン・ガラムマサラ・ターメリック・カレールー>などカレー粉の代用品13選を紹介します。<タンドリーチキン・タコライス>などカレー粉の代用品レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カレー粉の代用品には何がある?選び方は?
  2. カレー粉の代用は辛さ・風味・色に気をつけて選ぼう
  3. カレー粉の代用品13選!
  4. ①カレールー
  5. ②ガラムマサラ
  6. ③クミン
  7. ④コリアンダーシード・パウダー
  8. ⑤ターメリック
  9. ⑥チリペッパー
  10. ⑦サフラン
  11. ⑧五香粉
  12. ⑨オールスパイスホール・パウダー
  13. ⑩カルダモンホール・パウダー
  14. ⑪クローブホール・パウダー
  15. ⑫シナモンスティック・パウダー
  16. ⑬ミックススパイス
  17. カレー粉の代用品で作るレシピを紹介!
  18. ①本格的なタンドリーチキン
  19. ②タコライス
  20. ③スパイスを効かせたチキンカレー
  21. カレー粉がなくても心配しないで!

カレー粉の代用品には何がある?選び方は?

カレー作りには欠かせないカレー粉は、カレーの本場インドではなくイギリス発祥のミックススパイスです。カレー粉の豊かな香りと辛さ、色を代用できるスパイスはあるのでしょうか。ここでは、カレー粉の代用品になるスパイスや選び方を紹介します。

カレー粉の代用は辛さ・風味・色に気をつけて選ぼう

カレー粉は数種類のスパイスがブレンドされた、辛み・香り・色のバランスのとれたミックススパイスです。ブレンドするスパイスの種類や量の決まりはないため、使われるスパイスや配合によって味わいや風味が違ってきます。そのため、カレー粉の代用品を使う場合も、希望する辛さや風味、色に応じて代用品を選ぶことが大切です。

カレー粉の代用品13選!

カレー以外にも炒め物や揚げ物に活用できるカレー粉は、万能スパイスです。家庭に常備しておくと便利ですが、無いときには代用品を使ってみましょう。ここでは、カレー粉の代用品として使えるスパイスなどを13選紹介します。

①カレールー

カレールーはスパイスではありませんが、常備している家庭も多い、取り入れやすいカレー粉の代用品です。カレールーには、カレー粉だけでなく野菜ブイヨンや塩、砂糖などが含まれているので味に深みやコクが出て、カレー作りの際の代用品にはぴったりです。なお、カレールーは刻むと使いやすくなります。

ただし、カレールーを使う際には分量や使い方に注意が必要です。カレー粉と同じ分量でカレールーを使ってしまうと固まり過ぎたり、とろみが出過ぎたりしてしまうので半分以下の分量にしましょう。

②ガラムマサラ

ガラムマサラは通常は3〜10種類のスパイスを組み合わせたインド料理に良く使われるミックススパイスで、カレー粉に似た香りと辛味が特徴です。ナツメグやシナモン、グローブなど、カレー粉と同じスパイスが使われているので、いわゆるカレー味のメニューには活用しやすいでしょう。

カレー粉とガラムマサラの違いは、黄色い色がつくターメリックがガラムマサラには使われていないことなので、黄色い色を付けたい場合には代用に向きません。また、ガラムマサラは仕上げに使うと香りと辛さが引き立ちます。

(*ガラムマサラについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ガラムマサラとは?カレー粉と違いある?代用品や使い方・レシピも紹介!

③クミン

クミンは、カレー粉に使われるスパイスの中でも特に香りが強く、カレーを作る際に欠かせないスパイスです。カレー独特の香りはクミンに由来する香りであると言っても過言ではなく、辛みと香りを両方持ち合わせていることから単体でカレー粉の代用品になります。

なお、クミンは使う前に加熱するといっそう香り高くなるので、油で炒って十分に香りを引き出しましょう。クミンのスパイシーな辛みや香り、苦みはカレーや肉料理、炒め物などいろいろなエスニック料理によく合います。

④コリアンダーシード・パウダー

関連する記事