じゃがいもの中が黒い原因は?食べられる?腐敗との見極めや対処法を状態別に紹介!

じゃがいもを切ると黒い部分があったという経験はありませんか?なぜなのでしょうか?今回は、<斑点・線・病気・黒ずみ・空洞>など状態別にじゃがいもに黒い部分ができる原因・対策方法や食べられるのかを紹介します。腐っていて食べられない場合の見分け方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. じゃがいもに黒い部分がある…。食べられる?
  2. じゃがいもに黒い部分があって食べられない状態は?
  3. ①腐って黒く変色している場合
  4. ②黒い汁が出ている場合
  5. じゃがいもに黒い部分があっても食べられる状態は?
  6. ①中に黒い空洞があった場合
  7. ②中に黒い斑点・線や茶色の輪っかがあった場合
  8. ③切って冷蔵庫に入れて黒くなった場合
  9. ④茹でたら黒い点・黒ずみが出た場合
  10. ⑤黒カビが表面に生えていた場合
  11. じゃがいもが黒い場合も焦らないで大丈夫

じゃがいもに黒い部分がある…。食べられる?

じゃがいもはいろいろな料理に使われるなじみ深い野菜ですが、時おりじゃがいもにカビのような黒い部分を見つけることがあります。本来黄色みがかったクリーム色のじゃがいもの実に黒い部分があると、カビではないかと心配になってしまうかもしれませんが、この黒い部分は食べられるものなのでしょうか?

じゃがいもに黒い部分があって食べられない状態は?

じゃがいもに黒い部分がある場合は、いくつかの原因が考えられます。そこでここでは、じゃがいもに黒い部分があり食べられない状態について、その原因別に紹介します。黒く変色して食べられないときの特徴を確認して、間違って調理しないようにしてください。

①腐って黒く変色している場合

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10223334490

じゃがいもが腐ったことで、カビなどが原因で黒く変色している場合は食べることができません。黒い部分が腐っていることが原因で生じたときの特徴は以下の通りです。

・カビが生えている
・カビ臭い
・芽が出ている
・ふにゃふにゃとして柔らかい
・腐敗臭や異臭がする
・えぐみがある


じゃがいもが腐るとカビが生えていたり、芽が大量に出ていたりすることが多いです。また、不自然な腐敗臭や酸っぱい匂い、カビ臭さなど普段のじゃがいもから感じ取れない異臭がすることもあります。ほかにも、触ってみると柔らかく、ときには汁が出ているケースがあるのも腐っているときの特徴です。

食べてみた時にえぐみの強い味がして、舌に刺激を感じるときも腐っていると考えられるので、このような特徴がみられるときは食べずに処分しましょう。

(*じゃがいものカビやえぐみについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの白いカビは大丈夫?芽や黒ずみは危険?食べられるかの判断方法を解説!
じゃがいものえぐみが強い原因は?毒?取り方や食べてしまった時の対処法を紹介!

②黒い汁が出ている場合

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13185490773

じゃがいもが黒く変色し黒い汁が出ているときは、じゃがいもが軟腐病によって腐っている可能性が高いです。軟腐病とは、じゃがいもに菌が侵入しておこる病気で、名前の通りじゃがいもが柔らかくなり腐ります。

また、じゃがいもは湿気に弱く、水気の多い居場所で保存すると腐りやすくなります。特にビニール袋に入れたまま保存すると、内部で湿気がこもり腐りやすいので避けましょう。じゃがいもが腐って変色するのを防ぐには、光の当たらない風通しの良い場所で保存するのがおすすめです。

一つ一つ新聞紙でくるみ、涼しい場所で保管すると軟腐病を予防できるので試してみてください。

(*じゃがいもが腐ったかどうかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもが腐ると?見分け方は?緑・黒への変色や発芽も腐敗が原因?

じゃがいもに黒い部分があっても食べられる状態は?

じゃがいもは黒い部分があっても、その原因がカビや軟腐病ではなく、食べられることがあります。ここでは、じゃがいもが黒く変色する原因を紹介します。原因ごとに黒くなるのを未然に防ぐ対策や黒くなった後の対処法も紹介するので、参考にしてください。

関連する記事

×