きゅうりの中が白い原因は?食べれる?腐っている場合の見分け方も紹介!

きゅうりの中・切り口が白いことはありませんでしたか?カビでしょうか?食べられるのでしょうか?今回は、きゅうりの中・切り口が白くなる原因と食べた時の味わいや、美味しく食べる方法を紹介します。きゅうりから白い液体がでる場合や、外側・皮に白い粉がついている場合も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. きゅうりの中・切り口が白い…腐ってる?
  2. きゅうりの切り口・中が白くなる原因は『水不足』
  3. きゅうりは全体の97%が水分
  4. 中が白いきゅうりは食べれる?味わいは?
  5. 中が白いきゅうりの味は苦い・渋いことが多い
  6. 中が白いきゅうりを美味しく食べる方法は?
  7. ①きゅうりに水分を戻す
  8. ②水分が抜けたきゅうりにあった料理を作る
  9. ただし「きゅうり」から白い液体が出たら要注意!
  10. 白い液体がでるきゅうりが柔らかい時は腐っている可能性が高い
  11. ちなみに「きゅうり」の皮・外側が白い場合は大丈夫?
  12. きゅうりの皮・外側につく白い粉は「ブルーム」で食べれる
  13. 瑞々しい新鮮なきゅうりの選び方は?
  14. きゅうりを瑞々しく保存する方法も知っておこう
  15. きゅうりは中が白い場合でも食べられる!

きゅうりの中・切り口が白い…腐ってる?

きゅうりは通年でスーパーに出回っている野菜の1つですが、調理の際に切り口が白くなっていることがあります。白い切り口を見ると腐っているのではないかと、心配になる人もいるでしょう。ここでは、きゅうりの切り口や中身が白くなる理由や食べられるのかについて説明します。

きゅうりの切り口・中が白くなる原因は『水不足』

新鮮なきゅうりの切り口や中身は、薄い黄緑色です。しかし中には切ったきゅうりの断面が白いものもあり、そこには理由があります。ここでは、きゅうりの切り口や中身が白くなる原因を説明します。

きゅうりは全体の97%が水分

きゅうりは全体の97%を水分が占めているため、瑞々しさや黄緑色を保つことができます。しかしきゅうりの水分は収穫した後、時間の経過とともに抜けていきます。その結果として空洞果と呼ばれる現象が起き、きゅうりが白くなってしまうのです。

中が白いきゅうりは食べれる?味わいは?

きゅうりの水分が抜けて白くなると、食べれるのかが気になる人もいそうです。白くなったきゅうりは腐っているわけではないため食べることができますが、味わいに変化はないのでしょうか。ここでは、中が白くなったきゅうりの味わいについて説明します。

中が白いきゅうりの味は苦い・渋いことが多い

中が白くなったきゅうりは食べることはできますが、苦味や渋味を感じたり、無味になったりすることが多いようです。新鮮なきゅうりと比較すると青臭さをを感じるうえ、歯切れの悪い食感になってしまいます。白いきゅうりをそのまま食べても、美味しいとはいえません。

(*きゅうりが苦くなる原因について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

きゅうりが苦い原因は?食中毒ではない?苦味・えぐみの取り方や原因を解説!

中が白いきゅうりを美味しく食べる方法は?

白くなったきゅうりは新鮮なもののように美味しくないので、食べる際には工夫が必要です。その方法を覚えておくと、きゅうりが白くなってもムダにすることなく食べられます。ここでは、白くなったきゅうりを美味しく食べる方法を2つ紹介します。

①きゅうりに水分を戻す

関連する記事

×