ウチワエビとは?味や旬の時期・産地など特徴は?美味しい食べ方・レシピも紹介!

ウチワエビはどんなエビか知っていますか?味は伊勢海老よりも美味しいと言われることもあります。今回は、ウチワエビの〈値段・旬の時期・産地〉など特徴や捌き方のほか〈茹で方・焼き方〉など調理法のおすすめも紹介します。ウチワエビの人気レシピや保存方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ウチワエビとは?伊勢海老よりうまいって本当?
  2. ウチワエビの生態・見た目の特徴
  3. ウチワエビの名前の由来
  4. ウチワエビの味わいは伊勢海老と似てる?うまい?
  5. ウチワエビと似た「ゾウリエビ」との違い・見分け方
  6. ウチワエビの値段は?高級食材?
  7. ウチワエビの希少性ゆえ値段は高め
  8. ウチワエビの旬の時期・産地は?
  9. ウチワエビの旬の時期
  10. ウチワエビの産地
  11. ウチワエビの捌き方は?
  12. ウチワエビの食べ方・調理法のおすすめは?
  13. ①塩焼き
  14. ②蒸し調理
  15. ③刺身
  16. ウチワエビの人気レシピ
  17. ①ウチワエビのフライ
  18. ②ウチワエビの味噌汁
  19. ③ウチワエビのパスタ
  20. ウチワエビの保存方法は?
  21. 下茹でして冷蔵保存がおすすめ!
  22. ウチワエビを食べてみよう!

ウチワエビとは?伊勢海老よりうまいって本当?

ウチワエビは伊勢海老よりも美味しいと評判ですが、居住地域によっては見たことがない人も多いでしょう。他の海老とは形状も違うので、見かけても購入をためらうかもしれません。ここでは、ウチワエビとはどんな海老かについて説明します。

ウチワエビの生態・見た目の特徴

ウチワエビの日本における生息地は伊豆半島や能登半島以西で、沿岸の水深300mの砂泥底に生息しています。体長は15~20cm程度で体全体が平べったく、口元の左右に密集した毛が生えています。頭の縁には10~12本ののこぎりのような歯があり、主なエサは貝類やゴカイ等の多毛類です。

ウチワエビの名前の由来

ウチワエビの名前の由来は、その形状がウチワに似ていることからです。尻尾から頭にかけての形は、まるで平たいウチワのように見えます。体が平べったいものの、甲殻類の中では実が詰まっているものとして有名です。また水揚げされたウチワエビは尾の部分を叩くように激しく暴れることから、パチパチエビやハタキエビと呼ばれることもあります。

ウチワエビの味わいは伊勢海老と似てる?うまい?

ウチワエビの味わいは伊勢海老を上回るとされるほど、美味しいと評判です。殻を外すと半透明の白い身が姿を現し、口に含むと濃厚な甘味と旨味を感じます。また食感もプリプリとしており、一度食べると忘れられない味わいです。

ウチワエビと似た「ゾウリエビ」との違い・見分け方

ウチワエビと形状が似ている海老にゾウリエビがあります。ゾウリエビも頭から胸にかけてのこぎり状の歯があるものの、ウチワエビの方がその切れ込みがより深いことが特徴です。

またウチワエビの頭胸部は、ウチワのように左右に大きくせり出していますが、ゾウリエビにはそれがありません。さらにウチワエビは明赤色ですが、ゾウリエビは暗褐色なので見分けやすいです。

(*エビの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

エビの種類別の特徴や食べ方のおすすめは?食用・鑑賞用別に一覧で紹介!

ウチワエビの値段は?高級食材?

ウチワエビは居住地域によっては販売されていないことも多く、伊勢海老を超える味わいと聞くと高級食材ではないかとも感じられます。ウチワエビも伊勢海老と同様に、値段が高いのでしょうか。ここではウチワエビの値段や、高級食材なのかについて説明します。

ウチワエビの希少性ゆえ値段は高め

ウチワエビは漁業権が設定されており、その漁獲期間も明確に定められています。ゆえに希少性が高く、産地でほとんどが消費されることが多いです。そのため値段も高めとなっており1kgで6000円前後が相場で、状態がよいものだと1kgで15000円になることもあります。

ウチワエビの旬の時期・産地は?

希少価値が高いウチワエビは産地で消費されることが多いですが、どこでなら手に入るのでしょうか。また、漁獲時期も旬に合わせて設定されていると予想できますが、いつ頃なのでしょうか。ここではウチワエビの旬の時期と、産地について説明します。

ウチワエビの旬の時期

ウチワエビのおおむねの旬は、冬から初夏にかけてと長めです。ウチワエビの産卵期は秋なので、腹にある内子と呼ばれる卵を好む人はその時期に食べることが多いです。産地によって設定される漁獲期間が異なるので、魚屋などで旬を確かめてみるのもよいでしょう。

ウチワエビの産地

ウチワエビの産地は、島根県から九州にかけての西日本です。前述したように伊豆半島や能登半島以西で、底引き網漁で水揚げされています。かつては産地で安く購入できましたが、近年はウチワエビの美味しさが知られるようになり、関東の市場で高級食材として取引されています。

ウチワエビの捌き方は?

ウチワエビの捌き方の手順は、以下の通りです。

①腹側が下、背骨が上になるようにウチワエビを置き、頭を抑える
②頭と胴の間に包丁を入れ、中央から左右に切る
③胴を持ち、頭からひくイメージで身を外す
④腹側を上にして、尾が手前にくるように置く
⑤包丁を④の腹と殻の間に入れて切る
⑥上に向けた腹側の殻を、包丁で外す
⑦背の殻から身を外す


ウチワエビは生きているものを購入し、そのまま捌き、刺身で食べるのが基本です。生きたまま捌いたウチワエビはそのまま刺身として食べるだけでなく、調理してもその旨味が残ります。捌いてすぐウチワエビを食べられない時には、後述する方法で保存するのがおすすめです。

ウチワエビの食べ方・調理法のおすすめは?

旬のウチワエビの味わいを堪能したい場合、おすすめの食べ方がたくさんあります。ここでは、ウチワエビの美味しさを存分に味わえる食べ方・調理法を3つ紹介します。ウチワエビは様々な食べ方で楽しめる海老なので、伊勢海老のように余すことなく活用しましょう。

①塩焼き

出典:https://twitter.com/shikishaa/status/1317447727999975425?s=20

ウチワエビは塩焼きにするのがおすすめで、調理の際のポイントは以下の通りです。

・ウチワエビの殻を両手で割ってから、腹の中心部に切れ目を入れる
・梨子割にしてから、塩を振る
・尾の方を上にして強火で焼く
・腹に内子や白子が付いている場合は、熱が通る程度に火を入れる


上記のポイントを守って塩焼きにしたウチワエビは、旨味と甘味が凝縮した味わいに仕上がります。殻の上から塩を振って焼き、それをむしりながら食べる方法もありますが、塩が入りにくいので注意が必要です。

②蒸し調理

出典:https://livedoor.blogimg.jp/taiji141/imgs/8/e/8ea676c0.jpg

ウチワエビを美味しく食べる調理法に蒸すものがあり、作り方の手順は以下の通りです。

①ウチワエビを蒸し器に入れる
②酒を振って、中火で10分蒸す
③蒸したウチワエビを半分に割って、身を外す


ウチワエビは蒸して調理することで旨味と甘味だけでなく、香りも取り込むことができます。また蒸したウチワエビの身はそのまま食べる以外にも、和え物やサラダの具材にピッタリです。様々な料理に使えるので、試してみてください。

③刺身

出典:https://twitter.com/nagasakibkyugur/status/1221392484107870208?s=20

旬の時期は生きのいいウチワエビを刺身で食べるのがおすすめで、以下の方法で準備できます。

①前述した方法でウチワエビを捌く
②腹部を包丁やハサミで切り開く
③中にある身を、スプーンなどでかき出す


上記の手順で取り出した身は、そのまま刺身として食べられます。かき出した身を氷水に少しさらすのが、より美味しく食べるポイントです。またウチワエビの身の表面だけを軽く炙っても、甘味と香りが感じられて美味しく食べられます。

ウチワエビの人気レシピ

ウチワエビは刺身や塩焼きなどのシンプルなメニュー以外にも、美味しい食べ方がたくさんあります。ここではウチワエビを使った、簡単なのに豪華に感じられる人気レシピを紹介します。

①ウチワエビのフライ

出典:https://cookpad.com/recipe/6487784

ウチワエビで作るエビフライは、頭を飾るとおもてなしメニューにもなります。小麦粉と卵とパン粉をつけたウチワエビを180℃の高温で、きつね色になるまで揚げるだけで作れて、簡単です。刺身に向いているウチワエビは、フライにする際に中がレアの状態でも旨味は十分感じられます。

うちわえびフライ:よか魚 by よか魚 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが355万品

②ウチワエビの味噌汁

出典:https://cookpad.com/recipe/1108687

ウチワエビの殻や味噌から出るだしは濃厚なので、味噌汁にすると美味しく仕上がります。このレシピでは和風だしの素を使い一般的な味噌をあわせていますが、赤だしにしても美味しいです。

うちわ海老の味噌汁 by ちーさん&おさくん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが355万品

③ウチワエビのパスタ

出典:https://cookpad.com/recipe/5446768

ウチワエビを使ったトマトクリームパスタも、アレンジメニューとして人気があります。ウチワエビの卵がついている時には、それも一緒にソースとして煮込むとプチプチとした食感が楽しめます。だしも出て、濃厚なパスタソースになるのでおすすめです。

男のウチワエビ トマトクリームパスタ by しーげるん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが355万品

ウチワエビの保存方法は?

ウチワエビは流通する時期が限られているので、市場で見かけた時には購入することをおすすめします。しかしすぐにウチワエビを食べられない時には、美味しく食べられるよう保存方法に配慮することが必要です。ここでは、ウチワエビの保存方法を紹介します。

下茹でして冷蔵保存がおすすめ!

ウチワエビをすぐに食べられない場合は、以下の手順で冷蔵保存しましょう。

①前述した方法でウチワエビを捌く
②濃いめの塩水で、10分ほど茹でる
③茹で上がったら甲羅を上にして、水分を落とす


ポイントは生きたまま茹で始めることで、その際は尾を上にしておきます。ウチワエビが動かなくなったタイミングで、鍋の中で甲羅を上にするとより美味しく仕上がります。余分な水分をしっかり落としてから、冷蔵庫で保存すると数日はもちます。ウチワエビは茹でても旨味が抜けにくいので、すぐに食べられない場合は下茹でしましょう。

ウチワエビを食べてみよう!

今回はウチワエビの特徴や捌き方のほか、茹で方や焼き方などおすすめの調理法も紹介しました。希少価値があり伊勢海老より美味しいといわれるウチワエビは、一度食べてみる価値があります。特に旬のウチワエビの刺身は絶品です。機会があればぜひ生きたままのウチワエビを購入し、調理してみましょう。

関連する記事