梅干しの土用干し・天日干しは梅酢に戻す?戻さない?メリットを比較し紹介!

梅干しの土用干しは梅酢に戻すべきなのでしょうか?今回は、梅干しの土用干しを梅酢に戻す<味わい・食感>のメリットや、逆に戻さないメリットを紹介します。梅干しの土用干しの赤紫蘇は梅酢に戻すのかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 梅干しの土用干しは梅酢に戻した方が良いの?
  2. 梅干しの土用干しは梅酢に戻す?戻さない?
  3. 梅干しの土用干しを梅酢に戻すかはどちらでも良い
  4. 梅干しの土用干しの赤紫蘇も戻す・戻さないはどちらでも良い
  5. 梅干しの土用干しを梅酢に戻さないメリットは?
  6. ①濃縮された味わいを楽しめる
  7. ②果肉がしっかりする・弾力がある
  8. 梅干しの土用干しを梅酢に戻すメリットは?
  9. ①味がふっくらする・柔らかくなる
  10. ②色合いがきれいになる
  11. ③梅酢につける期間によって変化を楽しめる
  12. 梅干しの土用干しを梅酢に戻す・戻さないは好みによる

梅干しの土用干しは梅酢に戻した方が良いの?

土用干しとは梅干しを作るときの工程のことで、夏の間に3日間カンカン照りとなる日を選んで天日干しし、乾燥させることを言います。夕方に天日干しした梅干しを、梅酢に戻す場合と戻さない場合がありますが、どちらが良いでしょうか。ここでは梅干しの土用干しに梅酢に戻すメリットと、戻さないメリットをそれぞれ説明します。

梅干しの土用干しは梅酢に戻す?戻さない?

土用干しで乾燥させた梅干しは、戻す場合と戻さない場合のどちらが良いでしょうか。また、一緒に漬けていた赤紫蘇も戻すかどうか、迷うかもしれません。実際に梅干しを作っている人の中でも戻す場合と戻さない場合の体験談と共に、どちらが良いか説明していきます。

梅干しの土用干しを梅酢に戻すかはどちらでも良い

梅干しの土用干しに梅酢を戻すかどうかは、どちらでも構いません。後ほど詳しく説明しますが、戻す場合と戻さない場合ではそれぞれメリットがあるため、好みの食感や味わいに合わせて土用干しを行ってください。

土用干しをしない場合や、天日干しした後にそのまま梅酢に入れっぱなしで保存することで梅漬けになり、梅干しとは違った味わいにもなるのでこちらも検討してみてください。

梅干しの土用干しの赤紫蘇も戻す・戻さないはどちらでも良い

梅干しの土用干しでは、梅酢に一緒に漬けていた赤紫蘇も乾燥させる場合があります。基本的に赤紫蘇は乾燥が終わったら色付けと殺菌の役目は終わるので、梅酢に戻すかどうかはどちらでも構いません。捨ててしまう人もいるようですが、梅干しと一緒にカラカラに乾燥させた後、フードプロセッサーにかければふりかけになるので無駄なく消費できます。

梅干しの土用干しを梅酢に戻さないメリットは?

梅干しの土用干しに、梅酢に戻さないメリットはなんでしょうか。ここでは食感や味わいを主に説明しますが、夜間でも外に干しっぱなしにすることになるため、雨が心配なら室内で乾燥させるようにしましょう。

①濃縮された味わいを楽しめる

天日干しした梅干しを、梅酢に戻さずそのまま保存すると梅のエキスが梅酢に染み出さず、濃縮された梅の味わいが楽しめます。お弁当に向いていますが、焼酎に入れて楽しみたい場合も梅酢に戻さずに保存した梅干しの方がおすすめです。保存してからは梅から少しずつ蜜が出始めて、全体がまろやかな味わいになるので試してみてください。

②果肉がしっかりする・弾力がある

関連する記事

×