サラダごぼうの特徴とは?そのまま生食できる?食べ方・レシピも紹介!

サラダごぼうとはどんな特徴の品種か知っていますか?通常のごぼうと違いはあるのでしょうか。今回は、サラダごぼうの<味・食感・旬の時期>など特徴や、おすすめの食べ方を<そのまま生食・加熱>別に紹介します。サラダごぼうの下ごしらえ・保存方法や、購入方法についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. サラダごぼうとは?普通のごぼうと特徴に違いあり?
  2. サラダごぼうは通常のごぼうより短く白いのが特徴の品種
  3. サラダごぼうは一年を通して収穫できる
  4. サラダごぼうの産地は鹿児島県・宮崎県など
  5. サラダごぼうはそのまま生食できる?美味しい食べ方は?
  6. サラダごぼうはアクが少なく繊維が柔らかいので生食できる
  7. サラダごぼうは加熱しても美味しく味わえる
  8. サラダごぼうの下ごしらえ・保存方法は?皮むきは必要?
  9. サラダごぼうの下ごしらえの仕方
  10. サラダごぼうの保存方法は普通のごぼうと同じでOK
  11. サラダごぼうのおすすめレシピを紹介!
  12. ①サラダごぼうとカリフラワーのサラダ
  13. ②サラダごぼうとにんじんのきんぴら
  14. ③サラダごぼうと高野豆腐の煮物
  15. サラダごぼうの購入方法は?
  16. ①スーパー
  17. ②ネット通販
  18. ③種から育てる
  19. サラダごぼうを食べてみよう

サラダごぼうとは?普通のごぼうと特徴に違いあり?

ごぼうの様々な品種のなかには、サラダごぼうと呼ばれる野菜が存在します。サラダごぼうとはどのようなごぼうで、普通のごぼうとは特徴に違いがあるのでしょうか。ここでは、サラダごぼうの特徴と収穫時期や、主な産地について紹介します。

サラダごぼうは通常のごぼうより短く白いのが特徴の品種

サラダごぼうとは、普通のごぼうよりも短くて白い色が特徴的な品種のごぼうのことを指します。一般的なごぼうは、長さ80cm・太さ2~4cmほどの長根種に分類されます。一方でサラダごぼうは長さ35~40cm・太さ1.5~2cm程度の短根種に属するごぼうです。サラダごぼうは若い状態で収穫されるため、普通のごぼうよりも小さく白い見た目をしています。

サラダごぼうは一年を通して収穫できる

サラダごぼうは普通のごぼうよりも収穫までの期間が短いため、一年を通して収穫することができます。そのなかでも、サラダごぼうが最も美味しくなる旬の時期は、7月から3月ごろです。

一般的なごぼうは、秋ごろに植え付けされた後におよそ1年間栽培され、翌年の冬に収穫が行われます。サラダごぼうの栽培期間は普通のごぼうよりも短く、栽培日数が100日から8か月以内に収穫することが可能です。

サラダごぼうの産地は鹿児島県・宮崎県など

サラダごぼうの主な産地は、鹿児島県や宮崎県などです。そのほかには、兵庫県や埼玉県、宮崎県などの一部の地域でも栽培が行われています。特に鹿児島県産のサラダごぼうは香りが強く、ほかの地域で栽培されたものよりも柔らかいと言われています。

サラダごぼうはそのまま生食できる?美味しい食べ方は?

サラダごぼうは、そのまま生食することはできるのでしょうか。ここではサラダごぼうの食感や味の特徴のほか、適した調理法について紹介します。

サラダごぼうはアクが少なく繊維が柔らかいので生食できる

サラダごぼうは普通のごぼうと比較するとアクが少なく、繊維が柔らかいため生でも食べることができます。若い時期に収穫されることから、一般的なごぼうよりも香りや風味がよいうえに皮まで柔らかいのが特徴です。

ささがきにしたサラダごぼうをマヨネーズで和えてサラダを作ると、歯触りの良い食感が楽しめます。サラダごぼうは柔らかいため、きんぴらごぼうとして調理する際には加熱時間が短く済みます。

サラダごぼうは加熱しても美味しく味わえる

サラダごぼうはサラダとして生食するだけでなく、加熱しても美味しく味わうことができる野菜です。サラダごぼうは火が通りやすいため、きんぴらごぼうなどの炒め物や、かき揚げのような揚げ物料理にも適しています。また、サラダごぼうは味が染みやすい性質があることから、味噌汁や煮物などに調理すると柔らかく仕上がります。

サラダごぼうの下ごしらえ・保存方法は?皮むきは必要?

サラダごぼうの下ごしらえや保存は、どのように行えばよいのでしょうか。ここでは、サラダごぼうの下ごしらえや保存方法のほか、皮むきが必要か否かについても解説します。

サラダごぼうの下ごしらえの仕方

関連する記事

×