ジャムに生えるカビの見分け方や対処法は?食べられる?正しい捨て方・保存法も解説!

ジャムにカビが生えていたことはありますか?カビが生えても食べられるのでしょうか?今回は、〈白カビ・青カビ〉などジャムのカビの種類や見分け方を画像と共に紹介します。カビが生えた時の対処法・捨て方やカビを食べたらどうなるか、正しい保存方法なども紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ジャムにカビが生える原因は?
  2. ①温度や湿度が高いところで保存している
  3. ②蓋が空いている時に瓶に菌が入る
  4. ③糖度が低く水分が多く含まれている
  5. ジャムのカビの見分け方は?食べれる?【画像】
  6. ①ふわふわの白い綿のようなもの
  7. ②青や緑色の粉のようなもの
  8. ③表面に白い結晶のようなもの
  9. ④カビの臭いがする
  10. ジャムのカビを食べてしまった場合の対処法は?
  11. 少量なら問題はない
  12. ジャムにカビが生えた時の対処法・捨て方は?
  13. ①ジャムにカビが生えた時の正しい捨て方
  14. ②カビのところを取り除いて加熱する
  15. ジャムのカビにくい保存方法・対策は?
  16. ①開封後は冷蔵庫で保存する
  17. ②長期保存する場合は冷凍保存する
  18. ③蓋を開けっぱなしにしない
  19. ⑤清潔なスプーンを使う
  20. ⑥手作りの場合はジャムが熱いうちに清潔な容器に入れる
  21. ジャムにカビが生えないようにしよう

ジャムにカビが生える原因は?

ジャムは一般家庭に常備されていることも多い身近な食材ですが、保存中にカビが生えてしまうことが少なくありません。ジャムにカビが生えやすくなる原因はいくつかあるので、原因を理解してカビの発生を防ぎましょう。

①温度や湿度が高いところで保存している

カビは、温度や湿度が高い環境で繁殖しやすい性質を持っています。また、温度・湿度以外にも酸素・栄養分といった条件が揃うとたった数時間で増殖が始まるのが特徴です。そのため、カビの栄養になる糖分を豊富に含んだジャムを高温多湿の環境で保存した場合には、カビは非常に速いスピードで繁殖する可能性があるでしょう。

②蓋が空いている時に瓶に菌が入る

空気中には、人間の目には見えない多くのカビや細菌が浮遊しています。空気中のカビや細菌は、通常の暮らしをしていればその発生を防ぐことは基本的に不可能です。ジャムにカビが生えるのは、この空気中に浮遊したカビや細菌が、瓶の蓋が空いたジャムの中に入り込んで増殖することが原因です。

③糖度が低く水分が多く含まれている

ジャムに多く含まれている砂糖には、カビや細菌の繁殖に必要な水分を吸収して、カビや細菌の増殖を防ぐ防腐効果があります。しかし、砂糖の防腐効果は高糖度の食品でしか発揮されないため、糖度の低いジャムの場合には砂糖の防腐効果が弱くカビが発生しやすいのが特徴です。

また、水分量の多いジャムも糖度が低くなるため、砂糖の防腐効果が発揮されにくくなります。カビの発生を防ぎたい場合は、手作りの際は特にジャムの糖度や水分量にも気を付けることが大切です。

(*ジャムの賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ジャムの賞味期限はどれくらい?開封後は短い?日持ちする保存方法を紹介!

ジャムのカビの見分け方は?食べれる?【画像】

ジャムの見た目が変化していると、カビが生えたと思ってすぐに捨ててしまう場合もあるかもしれません。しかし、ジャムはカビ以外でも見た目が変わることがあるので、カビかどうかを見分けることも大切です。ここでは、ジャムのカビの見分け方を画像付きで解説します。

①ふわふわの白い綿のようなもの

ジャムに上記の写真のようなふわふわの白い綿のようなものが見られた場合は、白カビが生えてしまっているので食べない方が無難です。味噌や甘酒づくりに使用される麹菌も白カビの一種であることからも分かる通り、白カビを食べても体に害がない場合や、むしろ体に有用な働きをするケースもあります。

しかし、白カビの種類によっては、胃痛や腹痛・下痢などの症状を引き起こすものもあるので注意が必要です。さらに、腹痛などの直接的な症状はなくても、癌を誘発して健康を害する白カビの種類もあるためなるべく食べない方が良いでしょう。

②青や緑色の粉のようなもの

ジャムに青や緑色の粉のようなものが見られた場合は、青カビが発生している可能性が高いと言えます。青カビも白カビと同様に、食べても健康を害さない種類もあれば、健康に悪影響を与える種類もあります。健康に害があるかどうかは見た目では判断できないので、基本的には青かびが生えたジャムは食べない方が良いでしょう。

また、青かびはカビアレルギーの原因になる場合もあり、人によっては食べた後に呼吸器症状を起こすこともあります。ほか、発がん性などの強い毒性を持つ青カビもあるので注意が必要です。

③表面に白い結晶のようなもの

yukikomiyoさんの投稿
69439905 394971554494422 2476656520751254536 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ブルーベリー系のジャムには、未開封にもかかわらずジャムの表面に白い結晶のようなものが見られる場合がありますが、これはカビではない場合がほとんどです。

ブルーベリーなどの果皮は、通常白い粉状をしたロウのようなもので覆われており、この果皮がジャムの表面に浮き上がることで白く見えることがあります。この現象は「ブルーム現象」と呼ばれる、ブルーベリー系のジャムで多く見られる自然な現象です。

ただし、ブルーベリー系のジャムも他のジャム同様に条件が悪ければカビが繁殖するので、ブルーム現象なのかカビなのかは、匂い・見た目などからも判別しましょう。

④カビの臭いがする

見た目には白カビや青カビが生えていなくても、カビの臭いがジャムからする場合は、カビが繁殖している可能性が非常に高いと言えます。というのも、小さなカビが多く集合して目に見えるカビとなっているためです。

味見してみて、酸っぱい味がする場合などは、カビが発生している可能性が高いので、捨てるのが良いでしょう。

ジャムのカビを食べてしまった場合の対処法は?

ジャムは、その見た目に変化が無くてもカビが繁殖していることがあるため、食べた時の味の異変でカビに気付くこともあるかもしれません。ジャムのカビを食べてしまうと、体に何か影響があるのでしょうか。

少量なら問題はない

カビが生えたジャムを間違って飲み込んでしまった場合、少量であればカビは胃の中で強い酸によって消化されるため、健康を害する心配はほとんどありません。それでも心配な場合は、以下のような抗菌作用のある食べ物を食べておくのもおすすめです。

・梅干し
・しょうが
・シソの葉
・にんにく
・わさび


ただし、人によっては少量のカビでもアレルギー症状や食中毒を起こす場合もあります。ひどい腹痛や嘔吐・下痢・呼吸器症状などの明らかな異変を感じた場合には、病院の受診も検討しましょう。

ジャムにカビが生えた時の対処法・捨て方は?

カビが繁殖して食べられなくなったジャムは、その処分に困ってしまう人も少なくありません。ここでは、カビたジャムのおすすめの捨て方や、カビたジャムを食べる際に健康へのリスクをできるだけ減らす対処法を紹介しましょう。

①ジャムにカビが生えた時の正しい捨て方

カビが生えてしまったジャムは、以下のような手順で捨てましょう。

1.ジャムの瓶の中に塩素系の漂白剤を入れ、数回振って混ぜる
2.5~10分放置する
3.ビニール袋に中身を移し替え、袋の口を縛って生ゴミとして処分する

カビが生えたハムをそのままごみ箱に捨てると、カビの胞子が空気中に大量に舞って室内を汚染しまう場合があります。カビによる汚染を防ぐためにも、処分の前には塩素系の漂白剤を使用して、カビを殺菌しておくことが大切です。

②カビのところを取り除いて加熱する

カビは食べることのリスクを理解した上で、それでもカビたジャムを食べるのであれば、少なくともカビのところを取り除いて加熱してから食べた方が良いでしょう。

カビは目に見える部分だけでなく、見えない部分にまで根を張っていたりカビの胞子が拡散したりしているので注意が必要です。カビを取り除いて食べる場合は、目に見えるカビ以外の部分も多めに取り除くことで、カビも食べてしまうリスクを減らすことができます。

また、取り除いたうえで更に15分程度加熱することで、万が一カビが残っていた場合も死滅させることができるでしょう。ただし、これらの方法をとってもカビやカビの毒素が残る場合があるので、食べた後は体調の変化に注意してください。

ジャムのカビにくい保存方法・対策は?

購入したジャムや、一生懸命手作りしたジャムがカビてしまうと、がっかりした気持ちになってしまいますよね。ジャムにカビを生やして無駄にしないためには、保存方法などに気を付けることが大切です。ここでは、ジャムをカビにくくする保存方法や対策を紹介します。

①開封後は冷蔵庫で保存する

ジャムを開封すると、瓶の中に空気中のカビが入り込むためカビが発生しやすくなります。カビは温度が高い環境を好むので、カビの繁殖を防ぐためにも開封後は常温を避けて冷蔵庫で保存しましょう。

また、カビは湿度が高いと繁殖しやすいので、開封後は湿度の高い環境を避けることも大切です。開封後のジャムを冷蔵庫から出して常温の環境に長時間置くと、温度が上がる際に瓶の中で結露が生じ、水分量が増えた箇所からカビが増えてしまいます。温度変化を避けるためにも、開封後のジャムは長時間常温の環境に置かないようにしましょう。

②長期保存する場合は冷凍保存する

未開封のジャムは長く日持ちしますが、開封後のジャムは短期間でカビが生えたり腐ったりしやすくなります。メーカーによっては「開封後は2週間以内に使い切ってください」とパッケージに明記しているほど、開封後のジャムは日持ちしません。

しかし、ジャムはそこまでたくさん使うものではないので、短期間では使い切れない場合もあるでしょう。もし、ジャムを長期保存したい場合は冷凍保存するのがおすすめです。冷凍保存する場合は、ラップで1回分ずつを小分けにして、ジップロックなどの密閉袋に入れて保存すると便利です。

解凍方法は、使う前に冷蔵庫に入れて時間をかけて自然解凍するか、急いでいる場合は流水解凍も可能です。

③蓋を開けっぱなしにしない

ジャムのカビを防ぐ上で大切なのは、使用時に瓶の蓋を開けっぱなしにしないことです。カビや雑菌は空気中に浮遊しているため、瓶の蓋を開けっぱなしにする時間が長いほど、多くのカビや雑菌がジャムの瓶の中に入り込むことになります。

瓶の内部に侵入したカビや雑菌の量が多いほど、カビが生えやすくなったり腐りやすくなるので、侵入を最小限にとどめるためにも使うたびに蓋を閉める習慣を付けましょう。

⑤清潔なスプーンを使う

ジャムをカビにくくするためには、清潔なスプーンを使うことも大事です。不潔な環境で保管していたスプーンにはカビや雑菌が付着していることも多く、そのようなスプーンを使うと多くのカビや雑菌がジャムの内部に入り込んでしまいます。また、口につけたスプーンでジャムをすくうことも、口の中のカビや雑菌がジャムの中に入ってしまうので危険です。

ジャムを使うときは清潔なスプーンを使い、食べるためのスプーンとジャムをすくうためのスプーンは分けるようましょう。

⑥手作りの場合はジャムが熱いうちに清潔な容器に入れる

手作りのジャムは、保存料などを使用しないため、市販商品よりカビが生えやすくなります。手作りする際は、以下の点に注意しましょう。

・使用する器具は煮沸消毒する
・保存容器は蓋も一緒に煮沸消毒する
・ジャムは熱いうちに詰める
・ジャムを入れる量は容器の90~95%程度にする
・脱気する


ジャムを手作りする場合は、調理の過程でカビや雑菌が混入しないように調理器具を消毒しておくことが大切です。また、保存に使用する容器にもカビや雑菌が付着している可能性があるので、予め煮沸消毒しておきましょう。

ジャムが出来上がったら、熱いうちに煮沸消毒した容器に入れ、充填後1分程度経ったら一度蓋を緩めて脱気します。これを行うことで、冷める時に内圧が下がり、瓶の内部はカビが発生しにくい真空の状態になります。ただし、充填するジャムの温度が低いと真空状態を作り出すことができないので、必ず熱いままの状態でジャムを容器に入れるようにしてください。

また、ジャムを入れる量が少なすぎても真空状態にならないので、入れる量は容器の90~95%を目安にしましょう。

(*ジャムの保存方法・期間について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ジャムは冷凍できる?保存方法や保存期間は?手作りでも日持ちさせるコツを紹介!

ジャムにカビが生えないようにしよう

ジャムは、保存方法や取り扱いに注意することで、カビの発生を防ぐことができます。せっかくのジャムにカビを生やして無駄にしてしまわないよう、ジャムの保存や取り扱いには注意しましょう。

関連する記事