ローズマリーは何種類?違い・見分け方は?食用の品種や料理への使い方など紹介!

ローズマリーの種類はどれくらいでしょうか?今回は、〈立性・葡萄性・半葡萄性〉などローズマリーの種類別に〈香り・見た目〉など違いを紹介します。食用のローズマリーの種類や使い方・レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ローズマリーとは?何種類?
  2. ローズマリーは3種類に分類される
  3. ローズマリーの種類と品種①葡萄性
  4. ①ハンティントンカーペット
  5. ②プロストラータス
  6. ③ダンシングウォーター
  7. ④マコーネルズブルー
  8. ⑤ロックウッドフォレスト
  9. ローズマリーの種類と品種②半葡萄性
  10. ①カプリ
  11. ②ウッドローズマリー
  12. ③ブルーボーイ
  13. ④コルシカン
  14. ⑤モーツァルトブルー
  15. ローズマリーの種類と品種③立性
  16. ①マジョルカピンク
  17. ②トスカナブルー
  18. ③シッシングハストブルー
  19. ④マリンブルー
  20. ⑤レックス
  21. ⑥ミス・ジェサップ
  22. ⑦アープ
  23. ローズマリーで食用の種類はどれ?おすすめを紹介!
  24. ①プロストラータス
  25. ②トスカナブルー
  26. ③マリンブルー
  27. ローズマリーの料理への使い方・レシピ
  28. ①ガーリックハーブチキン
  29. ②牡蠣とローズマリーのオイルパスタ
  30. ③ローズマリーとパイナップルとパプリカのシャーベット
  31. ローズマリーの種類は様々

イギリスで好まれるミスジェサップは寒さにも強く丈夫です。立性の他の品種に比べても背が高く、枝葉がしっかりしています。また、酸化防止作用が高く、化粧品にも多く使用される品種です。

⑦アープ

アープはアメリカテキサス州で生まれた品種で、他の種類に比べて花は白に近いのが特徴です。ローズマリーの中でも最も寒さに強く、マイナス20度まで耐えることが出来るため寒冷地でも育てることが出来ます。

ローズマリーで食用の種類はどれ?おすすめを紹介!

ローズマリーは一部の観賞用の品種を除いて、ほとんどの品種を香辛料などとして料理に使うことが出来ます。品種により、葉の大きさや香りが異なるため、数あるローズマリーの中でも、特に食用に向いているおすすめの品種を紹介します。

①プロストラータス

プロストラータスは他の品種に比べて葉っぱに厚みがあり、サイズもやや大きめのため調理用として扱いやすい種類です。肉料理と相性がよく、フライパンで肉を焼く際に下敷きにすると、肉の生臭さを消すことができます。

②トスカナブルー

トスカナブルーはローズマリーの中でも葉っぱが大きいので、炒め物などに向いています。収穫しやすく、非常に成長が早いため、葉をちぎってもすぐに伸びるので、使い勝手が良いのが特徴です。香りがよいため、ハーブティーなどにも向いています。

③マリンブルー

出典:https://www.qherb.jp/onlineshop/gardening/plants/hp-ros7.html

マリンブルーも丈夫で成長が早いため料理に向いています。他のローズマリーと比べてさわやかな香りが特徴的で、肉料理の臭み消しのほか、花、葉っぱともにスープやシチュー、カレーの香りづけに適しています。

ローズマリーの料理への使い方・レシピ

ローズマリーはポプリやアロマオイルとして使用されるほかに、ほとんどの品種が食用可能で、みな同じような方法で料理に使うことが出来ます。ローズマリーを使ったおすすめのレシピを紹介します。

①ガーリックハーブチキン

関連する記事

×