カレーの解凍方法は?電子レンジを使う場合は注意?冷凍の仕方や賞味期限も紹介!

カレーの正しい解凍方法を知っていますか?タッパーのままレンジでチンでいいのでしょうか?今回はカレーの正しい解凍方法や、解凍して分離するのを防止する方法も紹介します。カレーの冷凍保存向きの容器も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 冷凍カレーの解凍方法は?タッパーのままレンジでOK?
  2. デメリット①解凍にムラが出来やすい
  3. デメリット②タッパーが溶けることがある
  4. レンジでゆっくり半解凍させて鍋に移して温めるのがおすすめ
  5. 冷凍カレーの正しい解凍方法は?
  6. ①冷蔵庫で自然解凍する
  7. ②湯煎で解凍する
  8. ③流水解凍する
  9. ④鍋を使って解凍する
  10. カレーを解凍したら分離して水っぽい…防止策はある?
  11. ①カレーの冷凍時に水分が多い具材を取り除く
  12. ②急速冷凍する
  13. カレーを解凍しやすい保存容器のおすすめは?
  14. ①ガラス製の耐熱容器
  15. ②フリーザーバッグ
  16. ③タッパー
  17. 冷凍カレーをうまく解凍して美味しく食べよう

冷凍カレーの解凍方法は?タッパーのままレンジでOK?

カレーはたくさん作って冷凍し、ストックしておくと便利ですが、解凍方法はどのようにすればいいのでしょう。冷蔵保存したタッパーのまま、電子レンジで温めればいいのでしょうか。ここでは、タッパーのまま電子レンジにかけるとどうなるかについて、詳しく解説します。

デメリット①解凍にムラが出来やすい

電子レンジを使用した場合、カレーは外側から解凍が始まり、全体が温まってきても、中心は溶けていない状態になります。このように解凍にムラができ、中心が溶けるまで何度も加熱すると時間もかかり、カレー全体の美味しさを損なう原因になります。

デメリット②タッパーが溶けることがある

電子レンジOKと表記されたタッパーでも、加熱すると溶けることがあります。カレーのように油分が多い食材などは、電子レンジでの加熱により、部分的にかなり温度が上がるため注意が必要です。耐熱のタッパーのには耐熱温度100度までのものや、120~140度と表記されているものがあるので、カレーを温める際は耐熱温度120~140度までのタッパーを使用してください。

レンジでゆっくり半解凍させて鍋に移して温めるのがおすすめ

冷凍カレーを電子レンジで解凍する正しい方法を紹介します。600Wの電子レンジを使用する場合は、まず1~2分程度温めます。溶けにくいときは1分ずつ時間追加して、カレーの外側が溶けてくるまで、ゆっくり様子を見ながら温めてください。

半解凍したら、タッパーから鍋に移して、直火で温めます。この方法であれば、時間は全部で10~15分ほどかかりますが、美味しさを損なわず、タッパーが解ける心配もありません。

冷凍カレーの正しい解凍方法は?

冷凍カレーの美味しさを損なわず食べるための、正しい解凍方法はどのようにすればいいのでしょうか。解凍方法をいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

①冷蔵庫で自然解凍する

冷蔵庫内で自然解凍する方法は、食べたい日の前日に冷凍庫から冷蔵庫に移します。カレーが解凍するまで、半日から1日ほど時間はかかりますが、カレーの美味しさを損なわずに解凍できるのでおすすめです。

また、常温で自然解凍する場合、こまめに確認しないとカレーが解凍された後も食中毒菌などが繁殖しやすい状態に放置されることになります。また分離して水っぽくなるので味が落ちるため、常温での自然解凍はおすすめできません。

②湯煎で解凍する

フリーザーバッグで冷凍した場合は、湯煎での解凍がおすすめです。お湯を沸騰させて火を止め、袋のまま湯煎しますが、鍋に袋が当たると溶ける可能性があるので注意してください。先に、耐熱のザルを鍋に入れてから袋を入れると、直接鍋に袋が当たることを防げます。

湯煎の時間は2~3分ほどが目安で、解凍には時間がかかりませんが、お湯を沸かしたり洗い物が増えるという手間がかかります。

③流水解凍する

流水解凍は水を当てるだけなので手間はかかりませんが、20~30分ほど時間がかかるため、どうしても水道代がかかります。水が温かいとカレーが傷む可能性があるため、その場合は時間を短くしましょう。

④鍋を使って解凍する

保存容器から出してお鍋に入れ、温めながら解凍する方法は短時間で済みますが、カレーが焦げ付く心配があります。その場合は弱火でゆっくり加熱するか、水を足してスープにする、また和風だしを入れてカレーうどんにするなど、焦げないために水分と一緒に炊く方法をおすすめします。

カレーを解凍したら分離して水っぽい…防止策はある?

カレーを解凍したら水分が出て、分離して水っぽくなる場合があります。水っぽくなるのを防ぎ、美味しいカレーが食べられる方法を紹介しますので、ぜひ活用してください。

①カレーの冷凍時に水分が多い具材を取り除く

カレーの冷凍時に次の二つの具材を取り除いてください。

・人参
・じゃがいも


水分が多い具材を入れたまま冷凍すると、解凍時に具材から水分が分離して水っぽくなるので、人参とじゃがいもを取り除くことをおすすめします。できるだけ食べてしまうか、たくさんあればコロッケやグラタンなどの違うメニューに作り替えることもできます。

またカレーを作る際にミキサーでペーストにして炊けば、解凍しても分離して水っぽくならないので、そちらの方法も有効です。

②急速冷凍する

水っぽくなるのを防ぐために、急速冷凍する方法を紹介します。

1.カレーを別の容器に移す
2.大きなボウルかバットを用意し、水と氷を入れて冷水にする
3.カレーをボウルに浸けて冷やす
4.冷やしながらカレーを混ぜる
5.粗熱が取れたら保存容器に入れ速やかに冷凍する


炊いたカレーが冷めまるで常温で放置せず、その日食べない分は速やかに冷やすのをおすすめします。氷水が温まらないように氷を追加しながら冷やし、時折カレーを混ぜて効率よく熱を逃がしましょう。粗熱が取れたら、冷凍用の保存容器に移し密閉します。

タッパーなどの容器は浅いものを使用し、アルミホイルで包めば熱伝導しやすくなり、急速冷凍が可能です。保存袋の場合は、金属製のバットやトレイにのせて冷凍しましょう。このように急速冷凍すれば、解凍したときに分離して水っぽくなるのを防げます。

(*カレーの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

カレーの冷凍での保存方法・賞味期限は?解凍のコツや腐敗の見分け方を紹介!

カレーを解凍しやすい保存容器のおすすめは?

カレーを冷凍すれば日持ちして便利ですが、肝心の食べるときに解凍しづらいと困ります。ここではカレーを解凍しやすい保存容器のおすすめを紹介するので、参考にしてください。

①ガラス製の耐熱容器

出典:https://tshop.r10s.jp/rakuten24/cabinet/324/4901851128324.jpg?downsize=500:*

冷蔵庫で自然解凍するには、ガラス製の耐熱容器がおすすめです。カレーの色移りがなく、洗いやすいので便利です。冷凍時にカレーの体積が増え、容器が破損する恐れがあるので、入れる量はやや少なめにしてください。

また凍ったままで電子レンジや湯煎で解凍すると、温度差で容器が割れることがあります。まず冷蔵庫内で自然解凍しましょう。

【楽天市場】保存容器 耐熱ガラス

②フリーザーバッグ

出典:https://tshop.r10s.jp/soukai/cabinet/460/4901670111460.jpg?downsize=500:*

フリーザーバッグは空気が入らないように密封しておくことで、味を損ねず冷凍可能です。自然解凍・湯煎・流水解凍、いずれの方法でも使用できます。ただ、一度カレーを入れた袋は油分が残ったり色移りがするため、衛生上繰り返し使用するのはおすすめできません。

【楽天市場】ジップロックフリーザーバッグ 耐熱

③タッパー

出典:https://tshop.r10s.jp/e-kitchen/cabinet/tasya48/7126157-e.jpg?downsize=300:*

密閉できるタッパーは流水解凍が可能で、冷蔵庫での自然解凍にもおすすめです。耐熱性の物であれば湯煎にも使用できます。カレーの色が容器に残りやすいので、中にラップを敷いてカレーを入れ、上からもラップをかけると良いでしょう。

【楽天市場】カレー保存 タッパー

冷凍カレーをうまく解凍して美味しく食べよう

冷凍カレーを電子レンジで解凍するときの注意点、おすすめの解凍方法について説明しました。解凍時に分離して水っぽくならない冷凍保存のやり方、おすすめの保存容器についても紹介しました。冷凍カレーをうまく保存して美味しく食べましょう。

関連する記事