ミニトマトの保存方法・期間は?大量でも日持ちするコツやレシピのおすすめを紹介!

ミニトマトの保存方法を知っていますか?今回は、ミニトマトの<常温・冷蔵・冷凍・乾燥>での保存方法・ポイントや、保存期間の目安を紹介します。ミニトマトの賞味期限切れの見分け方や、保存食向きのレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ミニトマトの保存方法は?
  2. ミニトマトの日持ちする保存方法は冷凍や乾燥がおすすめ
  3. ミニトマトを短期間保存する場合は冷蔵や常温でも可能
  4. ミニトマトの常温での保存方法・期間は?
  5. ミニトマトを常温保存する方法
  6. ミニトマトの常温での賞味期限・保存期間
  7. ミニトマトの冷蔵での保存方法・期間は?
  8. ①ミニトマトを冷蔵保存する方法
  9. ②ミニトマトを水につけて冷蔵保存する方法
  10. ミニトマトの冷蔵での賞味期限・保存期間
  11. ミニトマトの冷凍での保存方法・期間は?
  12. ミニトマトを冷凍保存する方法
  13. 冷凍ミニトマトは凍ったまま加熱調理して使う
  14. ミニトマトの冷凍での賞味期限・保存期間
  15. ミニトマトの乾燥での保存方法・期間は?
  16. ミニトマトを乾燥させて保存する方法
  17. ミニトマトの乾燥での賞味期限・保存期間
  18. ミニトマトの賞味期限切れの見分け方は?
  19. 賞味期限切れのミニトマトの特徴
  20. ミニトマトは新鮮なトマトを保存しよう
  21. 新鮮なミニトマトの特徴
  22. ミニトマトの保存食向きレシピ
  23. ①はちみつワインマリネ
  24. ②ドライトマト
  25. ③ミニトマトの南蛮漬け風
  26. ミニトマトをうまく保存して美味しく食べよう

ミニトマトの保存方法は?

ミニトマトには色々と日持ちさせる方法がありますが、実践している人はそれほど多くないようです。ここでは、様々なミニトマトの保存方法について説明します。

ミニトマトの日持ちする保存方法は冷凍や乾燥がおすすめ

大量のミニトマトを日持ちさせたいなら、冷凍や乾燥といった保存方法を用いることをおすすめします。ミニトマトを冷凍あるいは乾燥させることで、冷蔵や常温で保存するより賞味期限を延ばすことができるからです。具体的な保存方法については、次章以降で具体的に詳述します。

ミニトマトを短期間保存する場合は冷蔵や常温でも可能

購入したミニトマトを短期間で食べきる予定なら、冷蔵や常温での保存も可能です。しかし、冷凍や乾燥での保存と比較すると日持ちする期間が短いため、賞味期限内に確実に食べきる必要があります。どんな調理方法で食べるかも保存の仕方に関わるので、検討したうえで選択しましょう。

ミニトマトの常温での保存方法・期間は?

ミニトマトは、短期間であれば常温保存が可能です。ここでは、ミニトマトの常温での保存方法や日持ちする期間について説明します。

ミニトマトを常温保存する方法

ミニトマトを常温保存する方法は、以下の通りです。

①ミニトマトをパックから出す
②①をざるにあげる
③②を通気性のよい冷暗所に置く


ミニトマトをパックに入れたまま常温保存すると、触れている部分から傷んでしまうので避けた方が無難です。また、パック内に湿気がこもることで、ミニトマトの身が割れやすくなってしまいます。

ミニトマトの常温での賞味期限・保存期間

ミニトマトの常温での賞味期限並びに保存期間は、季節によって異なります。

・春または夏/3~4日程度
・冬/1週間程度


室温が25度を超えることが多い夏は、ミニトマトの水分を失い表面にしわが寄りやすく、傷みがちなので常温保存には向きません。常温保存したミニトマトは、傷み始める前に食べることをおすすめします。

ミニトマトの冷蔵での保存方法・期間は?

多めに購入したミニトマトであっても、短期間で食べきるのであれば冷蔵保存で十分です。ここでは、ミニトマトの冷蔵での保存方法と日持ち期間について説明します。

①ミニトマトを冷蔵保存する方法

ミニトマトを冷蔵保存する方法の中でも、一般的なやり方は以下の通りです。

①ミニトマトのヘタを取り除き、水で洗う
②キッチンペーパーで、ミニトマトの水分をすべて拭きとる
③蓋つきの冷蔵保存容器にキッチンペーパーを敷く
④③に②を並べる
⑤④の上にキッチンペーパーをのせる
⑥蓋をして冷蔵庫に入れる


ミニトマトを冷蔵保存するポイントは、野菜室ではなく冷蔵庫に入れることです。これは、保存する温度が低ければ低いほど日持ちする期間が延びるからです。

②ミニトマトを水につけて冷蔵保存する方法

ミニトマトをハリのある状態で食べたい時には、水につけて冷蔵保存するのがおすすめです。ミニトマトを水につけて冷蔵保存する方法は、以下の通りです。

①パックの中から割れたミニトマトを取り除く
②ミニトマトのヘタをつけたまま、きれいに水で洗う
③冷蔵保存容器に②を入れて、かぶるくらいの水を注ぐ
④③を冷蔵庫の野菜室に入れる


ミニトマトを水につけて冷蔵保存する場合には、容器の水を2~3日に1回取り換えるのがポイントです。ヘタから水分を吸収したミニトマトは、食べる時にみずみずしさが感じられるのでおすすめです。

ミニトマトの冷蔵での賞味期限・保存期間

ミニトマトの冷蔵での賞味期限並びに保存期間は、方法によって異なります。

・タッパーに入れて冷蔵保存した場合/1週間から10日程度
・水の入った容器で冷蔵保存した場合/1週間程度


日持ちする期間を延ばしたいのか、みずみずしいミニトマトを食べたいのかを考慮して、保存方法を選ぶとよいでしょう。

ミニトマトの冷凍での保存方法・期間は?

出典:https://www.nichireifoods.co.jp/media/3445/

ミニトマトの保存期間を延ばしたいなら、やはり冷凍するのがおすすめです。ここでは、ミニトマトの冷凍での保存方法や日持ちする期間について説明します。

ミニトマトを冷凍保存する方法

ミニトマトを冷凍保存する方法は、以下の通りです。

①ミニトマトのヘタを取り除き、水で洗う
②キッチンペーパーで、ミニトマトの水分を拭きとる
③ジッパー付きの保存袋に②を入れて、冷凍庫で保存する


美味しくミニトマトを冷凍保存したいなら、ジッパー付きの保存袋からできるだけ空気を抜き、金属バットにのせて急速冷凍するのがおすすめです。一気に冷凍することで、ミニトマト内の細胞壁が壊れるのを最小限にできるため、風味を保ちやすくなります。

冷凍ミニトマトは凍ったまま加熱調理して使う

冷凍したミニトマトは解凍せずに、凍ったまま加熱調理に使いましょう。ミニトマトはすぐに煮崩れるので、時短調理に役立ちます。また味もしみこみやすく、凍ったまますり下ろせばトマトソースづくりの手間を軽減できます。

ミニトマトの冷凍での賞味期限・保存期間

ミニトマトを丸ごと冷凍した場合の賞味期限並びに保存期間は、1ヶ月程度です。ミニトマトはカットしてから冷凍保存することもできますが、傷みやすいので賞味期限・保存期間ともに短くなると考える方が無難です。加熱調理であっても、賞味期限を超えた冷凍ミニトマトを使うのはやめましょう。

ミニトマトの乾燥での保存方法・期間は?

ミニトマトもドライトマトと同様に、乾燥させて保存することができます。ここでは、ミニトマトの乾燥での保存方法と日持ちする期間について説明します。

ミニトマトを乾燥させて保存する方法

ミニトマトを乾燥させて保存する方法は2つあり、それぞれのやり方は以下の通りです。

■天日干しする場合
①ミニトマトのヘタを取り除く
②ヘタの部分から縦半分に切る
③ざるの上に②の断面が見えるように並べる
④天日で4~5日干す


■オーブンを使用する場合
①ミニトマトのヘタを取り除く
②ヘタを取ったミニトマトを天板に並べる
③オリーブオイルを回しかける
④100℃で40分ほど焼いて乾燥させる


乾燥方法がどちらであっても、蓋つきの瓶に入れて冷蔵保存するのが基本です。天日干しのドライミニトマトの場合は、瓶の中に乾燥剤を入れておくとよいでしょう。

ミニトマトの乾燥での賞味期限・保存期間

乾燥させたミニトマトの賞味期限並びに保存期間は、1ヶ月程度です。乾燥させたミニトマトをオリーブオイル漬けにして保存する場合も、日持ちする期間は変わりません。ミニトマトも乾燥させることで、他の野菜と同様に栄養価が上がるので、ぜひ試してみてほしい方法です。

ミニトマトの賞味期限切れの見分け方は?

ミニトマトの保存準備をする過程で、食中毒の原因菌がついてしまうケースもゼロではありません。ここでは、賞味期限が切れたミニトマトの見分け方を紹介します。

賞味期限切れのミニトマトの特徴

賞味期限が切れたミニトマトの特徴として、以下のものがあげられます。

・表面がブヨブヨしている
・色が赤からオレンジに変化した
・ミニトマトが溶けてドロドロになっている
・表面にカビが生えている
・いつもと違う匂いがする


こうした特徴が見られるミニトマトは、傷んでしまっている可能性が高いです。加熱しても消滅しない食中毒の原因菌もあるので、すぐに処分するようにしましょう。

ミニトマトは新鮮なトマトを保存しよう

ミニトマトを大量に購入して保存しようと考えているなら、より新鮮なものを選ぶのが基本です。ここでは、新鮮なミニトマトの見分け方を説明します。

新鮮なミニトマトの特徴

新鮮なミニトマトの特徴として、以下のものがあげられます。

・皮がツヤツヤしている
・皮にハリがある
・ミニトマトの赤みが濃い
・ヘタの緑色が濃くてキレイ
・実割れや傷がない


上記のような新鮮なミニトマトを時間を置かずに保存することで、賞味期限や日持ちする期間を延ばせます。

ミニトマトの保存食向きレシピ

ミニトマトは保存食として加工しておくと、副菜になるので便利です。ここでは、ミニトマトを使った保存食を3つ紹介します。

①はちみつワインマリネ

出典:https://cookpad.com/recipe/6340219

はちみつと白ワイン、レモン汁でつくったマリネソースに漬けるので、デザートとして楽しめる一品です。冷蔵で3~4日持つので、冷たい美味しさを長く楽しめます。

ミニトマトのはちみつワインマリネ☆ by ★*みき*★ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

②ドライトマト

出典:https://cookpad.com/recipe/6376636

残ったプチトマトをスライスし、水分を拭きとりながらオーブンで焼き、ドライトマトとして保存しましょう。粗熱をとってから冷凍保存したり、オリーブオイルに漬けても美味しく食べられます。

セミドライトマト by BENTON 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

③ミニトマトの南蛮漬け風

出典:https://cookpad.com/recipe/5962518

スライスして加熱したプチトマトを、めんつゆとだしまろ酢に漬け込むと日持ちする常備菜になります。お弁当に彩りとして入れても、喜ばれるメニューです。

超簡単!ミニトマトの南蛮漬け風 by コフトン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

ミニトマトをうまく保存して美味しく食べよう

今回は、ミニトマトの常温・冷蔵・冷凍・乾燥での保存方法・ポイントや、保存期間の目安を紹介しました。大量のミニトマトはサラダで食べるのか、加熱調理するのかでも適した保存方法が変わります。適した保存方法を選択することで、ミニトマトを美味しく食べつくしましょう。

関連する記事