柿は皮ごと食べれる?農薬の洗い方は?栄養面のメリットやレシピのおすすめも紹介!

【野菜ソムリエ監修】柿は皮ごと食べれるかどうか知っていますか?皮には農薬などが付いていそうですが食べても大丈夫なのでしょうか。今回は、柿は皮ごと食べれるかや、皮ごと食べる際の農薬を落とす洗い方を紹介します。柿の皮ごと食べれるレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ ふじかわなおこ
Ameba Instagram 野菜ソムリエ協会HP
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ。冷凍生活アドバイザー。...
Ameba Instagram 野菜ソムリエ協会HP
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ。冷凍生活アドバイザー。 野菜大好き長男(6歳)と野菜嫌いを克服しつつある次男坊(4歳)二人のボーイズママ野菜ソムリエです。自身の経験をもとに野菜嫌いのお子さんとそのママさんのサポーターとして、野菜嫌い克服メニューやちょっとしたテクニックの発信、地域の子育てサロンや幼稚園でこどもとママのためのお野菜教室などを行っています。

目次

  1. 柿は皮ごと食べれる?
  2. 柿は皮ごと食べても大丈夫
  3. 柿の皮は栄養が豊富
  4. 柿の食べ過ぎには要注意
  5. 柿を皮ごと食べる際の洗い方は?農薬に要注意?
  6. ①50℃前後のお湯で洗う
  7. ②食用重曹で洗う
  8. ③酢水で洗う
  9. ④洗剤を使って洗う
  10. ⑤アルカリイオン水で洗う
  11. 柿の皮ごと食べれるレシピは?
  12. ①生のまま皮ごと食べる
  13. ②柿を皮ごと天ぷらにする
  14. ③ミキサーでスムージーにする
  15. ④皮を使ったデザートにする
  16. ⑤柿をご飯に混ぜる
  17. ⑥柿の皮でチップスを作る
  18. ⑦柿の皮をフレークにして活用する
  19. 柿は皮ごと食べよう

柿は皮ごと食べれる?

柿は皮を剥いて食べる方が多いかもしれませんが、皮ごと食べられるものなのでしょうか。栄養満点で「柿が赤くなれば医者が青くなる」といったことわざもある柿ですが、どのように食べたら余すことなく美味しく食べれるのか紹介します。

柿は皮ごと食べても大丈夫

ついむいてしまいがちな柿の皮ですが、実は皮ごと食べることができます。ここでは、柿を皮ごと食べられる理由やそのメリットのほか、柿を食べる際の注意点などを解説しましょう。

柿の皮は栄養が豊富

柿の皮には沢山の栄養が含まれていますが、中でもビタミンCの含有量が高いことで知られています。ビタミンCにはシミやしわを防いでくれる美肌効果、疲労回復、風邪予防など様々な働きがあります。

人は体内でビタミンCを生成できないので外から摂取する必要がありますが、成人の1日あたりの摂取推奨量の100mgを柿1個だけで摂取可能です。ただし渋柿や干し柿には少ないとされているので注意が必要でしょう。

また体内の塩分を外に排出してくれる働きのあるカリウムも豊富でむくみ防止が期待できる他、老化を防ぐβカロテンや、アルコールの分解を促して二日酔いを緩和してくれるタンニンなど沢山の栄養を含んでいます。

(*柿の栄養素と効能について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

柿の栄養素と効能は?葉・皮にも豊富?食べ方のコツや食べ過ぎの注意点も紹介!

柿の食べ過ぎには要注意

ただし、柿にはタンニンとペクチンと呼ばれる栄養素が入っているため、食べ過ぎには注意しなければいけません。タンニンは二日酔いの症状を緩和する作用があると言われており、ペクチンはコレステロール値の上昇を抑える健康に良い働きがありますが、一方で過剰摂取すると便秘や下痢・腹痛を引き起こす可能性があります。

柿を食べ過ぎると貧血・頻尿などの不調の原因になる場合があるほか、柿胃石(かきいせき)と呼ばれる胃の中に石が出来て食欲不振や嘔吐を起こす場合があることも知られています。成人の摂取量の目安として1日1~2個は問題ないとされていますが、子供や妊婦は1日1個までに留めましょう。

(*柿の食べ過ぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください。)

柿の食べ過ぎで胃石ができる病気に?便秘にも?症状例や1日何個までかも紹介!

ふじかわなおこ

野菜ソムリエ

柿の皮、厳密には実と皮の間にたくさんの栄養が含まれています。タンニンにはよい働きもありますが、鉄分の吸収を抑制する働きもあるので貧血気味の人は食べ過ぎに注意してください。

柿を皮ごと食べる際の洗い方は?農薬に要注意?

柿を皮ごと食べられると分かったとしても、皮に付着している残留農薬や防腐剤・殺虫剤などが気になる場合もあるかもしれません。ここでは、柿を食べる際に農薬などを取り除く洗い方を紹介します。

①50℃前後のお湯で洗う

柿の残留農薬などが気になる場合は、50℃前後のお湯に2分ほど浸け、その後水で洗います。農薬や防腐剤などは熱に弱く溶けやすい性質を持つため、50℃前後の温度で洗うと落ちやすくなると言われています。ただし、お湯の温度が43℃以下になると雑菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です。

関連する記事