森のバター・畑の肉・海のミルクとは?食材の別名を意味・由来とともに紹介!

森のバター・畑の肉は何の食材を例えているか知っていますか?なぜこう例えられているのでしょうか?今回は、〈大豆・アボカド・牡蠣〉など食材の別名を意味・理由とともに紹介します。他に別名を持つ食材が多くあるので、その他の食材の別名も確認してみてください。

目次

  1. 食材の別名を意味・由来と一緒に紹介!
  2. ①森のバター:アボカド
  3. ②畑の肉:大豆
  4. ③海のミルク:牡蠣
  5. ④畑のミルク:ぶどう
  6. ⑤大地のリンゴ:じゃがいも
  7. ⑥畑の納豆:オクラ
  8. ⑦果物の王様:ドリアン
  9. ⑧野菜の王様:モロヘイヤ
  10. ⑨赤いダイヤ:あずき
  11. ⑩悪魔の舌:こんにゃく
  12. ⑪波の花:塩
  13. ⑫山クジラ:イノシシ
  14. ⑬畑のキャビア:とんぶり
  15. ⑭神の魚:ハタハタ
  16. ⑮スパイスの王様:胡椒
  17. ⑯不老長寿の果物:イチジク
  18. ⑰森の宝石:トリュフ
  19. 食材の別名は様々!

食材の別名を意味・由来と一緒に紹介!

食材には、正式名称の他にその食べ物の特徴や栄養素から別名をもつものがあります。今回は、別名を持つ食べ物を由来や意味を含めて紹介するので参考にしてみてください。

①森のバター:アボカド

別名をもつ食べ物の代表的なものに「森のバター」と呼ばれるアボカドがあります。アボカドが森のバターとされる理由は、果肉の20%が脂肪分であることが由来です。アボカドに含まれる多くの脂肪分がバターと呼ばれる意味ですが、この脂は血液の流れをよくしたり、コレステロール値を下げるなど健康増進に役立つ働きがあります。

(*アボカドについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アボカドはどんな味?味付けのおすすめは?美味しい食べ方・レシピを紹介!

②畑の肉:大豆

大豆の別名もアボカドと同じくらい認知されていて「畑の肉」と呼ばれています。大豆が畑の肉と呼ばれる理由は、肉に匹敵するぐらいタンパク質を豊富に含んでいることが由来です。必須アミノ酸が豊富で、穀類や野菜よりも肉類に近い栄養成分であることを意味しています。

③海のミルク:牡蠣

牡蠣は別名で「海のミルク」と呼ばれて広く親しまれています。この別名の由来は、準完全栄養食品とも呼ばれる牛乳と同じくらい栄養価が高いことを意味し、バランスもいいことが海のミルクと表現される理由です。含まれる栄養分だけでなく、牡蠣の味はとてもクリーミーで濃厚なことからも海のミルクと表現するのにふさわしいでしょう。

④畑のミルク:ぶどう

日本ではあまり馴染みのない表現ですが、ぶどうはヨーロッパの方で「畑のミルク」と呼ばれて親しまれています。由来としては、ぶどうがフルーツの中でも栄養価が高く、ミルクに似た成分が多く含まれていることがこの名前で呼ばれる理由のようです。

牛乳に含まれるビタミン類やカリウムなどのミネラルが、ぶどうから補給できることを意味しています。皮にもポリフェノールが多く含まれているため、まるごと食べるのがおすすめです。

⑤大地のリンゴ:じゃがいも

じゃがいもが「大地のリンゴ」と呼ばれる意味は、生の状態の食感がとてもリンゴに似ていることが理由と言われています。その他にも、リンゴと同じようにビタミンCが豊富に含まれていることが由来しているといった説もあります。

(*じゃがいもについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもは野菜?穀物?それとも…?定義による分類の違いを解説!

関連する記事

×