らっきょうとは?旬・産地や種類は?下処理・漬け方やアレンジレシピのおすすめも紹介!

らっきょうとはどんな野菜か知っていますか?今回は、らっきょうの旬の時期・産地や、栄養に加えて、種類や下処理の仕方などを紹介します。らっきょうの甘酢漬けの作り方・漬け方の他に、食べ方・アレンジ料理レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. らっきょうとは?
  2. らっきょうとはユリ科ネギ属の野菜
  3. らっきょうの旬の時期・産地
  4. らっきょうは栄養が豊富
  5. らっきょうの食べ過ぎには要注意
  6. らっきょうの種類は?
  7. ①らっきょう
  8. ②根らっきょう
  9. ③島らっきょう
  10. 生らっきょうの下処理の仕方は?
  11. らっきょうの甘酢漬けの作り方・漬け方は?
  12. 材料
  13. 漬け方・手順
  14. らっきょうの食べ方・アレンジ料理レシピ
  15. ①らっきょうと豚肉の炒めもの
  16. ②らっきょう入りサラダ
  17. ③らっきょう入りタルタルソース
  18. らっきょうを美味しく食べよう

らっきょうとは?

らっきょうはカレーの付け合わせとしても馴染み深い野菜で、一度は見たことがある人も多いでしょう。このらっきょうとは、一体どのような野菜なのでしょうか?らっきょうの旬や産地、栄養価について解説します。

らっきょうとはユリ科ネギ属の野菜

らっきょうはユリ科ネギ属の多年草に分類される野菜で、別名「オオニラ」や「サトニラ」と呼ばれます。別名からも想像ができる通り、ニラと似た強い香りが特徴の野菜です。主に葉ではなく、根付近のふくらんだ鱗茎(りんけい)と呼ばれる部分が食べられます。

らっきょうの旬の時期・産地

らっきょう旬の時期は地域によっても異なりますが、6月〜8月頃とされています。鹿児島県・鳥取県・宮崎県が産地としては有名で、この3県だけで国産のらっきょうの生産量の75%以上を占めています。らっきょうは基本的に、南の方の温かい地域で栽培されているようです。

らっきょうは栄養が豊富

らっきょうに含まれる主な栄養素は以下の通りです。

・ビタミンB6
・ビタミンC
・カリウム
・食物繊維
・アリシン(硫化アリル)


らっきょうはビタミンやミネラルが豊富で、糖質の代謝を促進するビタミンB1のほか免疫力を高める効果のあるビタミンC、むくみを解消する働きのあるカリウムなどが含まれています。他にも整腸作用のある食物繊維や、疲労回復に効果があるアリシンなどが含まれており、らっきょうは健康への効能が多い野菜といえます。

(*らっきょうの栄養素と効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

らっきょうの栄養素と効能は?成分を逃さない食べ方や食べ過ぎの注意点など紹介!

らっきょうの食べ過ぎには要注意

健康への効果が多いらっきょうですが、食べ過ぎには注意が必要です。らっきょうに含まれるアリシン(硫化アリル)は、らっきょうの独特な匂いの成分で、摂取しすぎることで口臭やおならの匂いを臭くします。

さらにらっきょうには食物繊維も豊富に含まれ、食べ過ぎると腸内でガスが発生しておならの量が増えることも懸念されるので、食べる量は1日2~4粒程度に抑えましょう。

(*らっきょうの食べ過ぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

らっきょうの食べ過ぎは腹痛・鼻血の原因に?1日の適量や健康効果も紹介!

らっきょうの種類は?

ここまでらっきょうの栄養素などについて解説しましたが、らっきょうには様々な種類があります。ここでは、らっきょうの種類と種類別の味や匂いなどの特徴を紹介するので見かけた際は食べ比べてみてください。

①らっきょう

こちらは見かける機会が多い一般的ならっきょうで、葉は鮮やかな緑色をしており根に近づくほどに白く、食感はシャキシャキとしています。匂いが強く辛味があり、クセのある味が特徴です。甘酢漬けなどの漬物にして食べられることが多く、原産国は中国になります。

②根らっきょう

根らっきょうは本来のらっきょうをさらに白く・柔らかくするために光を当てずに軟白栽培し、若いうちに収穫したものになります。らっきょうほどクセや匂いが強くなく、生のままでも食べられるのが特徴です。

根らっきょうは別名をエシャレットと言います。販売当時「根らっきょう」という名前では売れないと考え、ヨーロッパの野菜「エシャロット」に似ていたことから「エシャレット」と名付けて販売されたそうです。現在でも、エシャレットの名前で流通することが多いらっきょうです。

③島らっきょう

島らっきょうは古くから沖縄県で栽培されてきたらっきょうの1つで、らっきょうよりも細く小ぶりで強い辛味があるのが特徴です。らっきょうと同様強い匂いがありますが、辛味を楽しむ食べ方が好まれており、根らっきょう同様生のまま食べられることも多い野菜です。

生らっきょうの下処理の仕方は?

生らっきょうの下処理の仕方は以下の通りです。

①らっきょうを水洗いする
②らっきょうの芽と根を切り落とし、薄皮をむく
③再度水洗いし、水気をふき取り下処理完了


旬の時期になると生のらっきょうを見かけることも増えます。らっきょうは甘酢漬けなどにすることも多いですが、その場合もこちらの方法で下処理を行ってから味付けをしましょう。らっきょうは鮮度が落ちやすく芽が出るのが早いので早めに処理するのがおすすめです。

らっきょうの甘酢漬けの作り方・漬け方は?

らっきょうの食べ方としてよく知られている、らっきょうの甘酢漬けの作り方や漬け方を紹介します。生のらっきょうも下処理を行えば簡単に甘酢漬けを作ることができるので自分の好みの味付けにして作ってみてください。

材料

・生らっきょう
・砂糖
・酢
・塩
・赤唐辛子
・水

漬け方・手順

出典:https://cookpad.com/recipe/6309245

らっきょうの甘酢漬けは調味液と合わせるだけで簡単に作ることができ、調味液に漬けてから1ヶ月ほどで完成します。保存も効き、カレーだけでなく様々な料理の付け合わせやおかずとしても食べることができるので、是非作ってみてください。

シャキシャキ!らっきょうの甘酢漬け by クッキン道 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

らっきょうの食べ方・アレンジ料理レシピ

らっきょうは栄養価も高く、健康にする効果・効能の多い野菜です。日々の食事に簡単に取り入れられるようならっきょうの食べ方・アレンジ料理レシピを紹介するので、この機会に是非食べてみてください。

①らっきょうと豚肉の炒めもの

出典:https://cookpad.com/recipe/6335592

らっきょうを入れることで食感が増し食べ応えも出ます。甘酢漬けのらきょうを使うとさっぱりとした炒め物になり、生らっきょうを使うとピリッとしたらっきょうの持つ辛みを味わうことができるので、好みに合わせて使い分けてみてください。

豚ときのこのラッキョウ炒め by JA中野市 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

②らっきょう入りサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/6324461

アレンジのしやすいらっきょう入りのサラダです。生のらっきょうとごま油を使用すると辛みの効いた中華風のサラダになり、甘酢漬けのらっきょうとオリーブオイルを使用して作ると洋風の即席のマリネのようなサラダになります。

【4段階進化】トマトのらっきょうサラダ by 浦氏食堂 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

③らっきょう入りタルタルソース

出典:https://cookpad.com/recipe/6476095

本来のタルタルソースにはピクルスが入りますが、ピクルスの代わりにらっきょうを使用することで酸味がマイルドになり酸味が苦手な人でも食べやすいタルタルソースになります。らっきょうはしっかり汁気を切ってから使うことをおすすめします。

切るだけ★簡単らっきょうタルタルソース by コーズキッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

らっきょうを美味しく食べよう

らっきょうの旬や栄養価、下処理の方法や活用レシピなどを紹介しました。らっきょうは栄養価も高く効能も多い野菜ですが、食べる量には注意が必要です。様々な食べ方もできるので、是非この機会にらっきょうを美味しく食べてください。

関連する記事

×