ネーブルオレンジとは?旬の時期・産地は?見分け方や食べ方・レシピのおすすめも紹介!

ネーブルオレンジとは何か知っていますか?今回は、ネーブルの見た目・味わいや、旬の時期・産地に加えて、栄養・カロリーや他の種類のオレンジとの違いなども紹介します。美味しいネーブルオレンジの見分け方や、食べ方・レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ネーブルオレンジとは?
  2. ネーブルオレンジの見た目・味わいなどの特徴
  3. ネーブルオレンジの旬の時期・産地
  4. ネーブルオレンジのカロリーや栄養
  5. ネーブルオレンジの選び方や保存方法は?
  6. 美味しいネーブルオレンジの見分け方
  7. ネーブルオレンジの保存方法
  8. ネーブルオレンジと他の種類のオレンジの違いは?
  9. ①バレンシアオレンジとは
  10. ②ブラッドオレンジとは
  11. ネーブルオレンジの食べ方は?
  12. ①生でそのまま食べる
  13. ②加熱調理して食べる
  14. ネーブルオレンジの活用レシピ
  15. ①チョコオランジェット
  16. ②ネーブルオレンジのマーマレード
  17. ③冷製パウンドケーキ
  18. ④オレンジとトマトのマリネ
  19. ⑤オレンジチキン
  20. ネーブルオレンジを食べてみよう

ネーブルオレンジとは?

オレンジの1種であるネーブルオレンジとはどのような特徴のあるオレンジなのでしょうか。ここではネーブルオレンジの見た目や味わい、旬の時期や産地について解説します。

ネーブルオレンジの見た目・味わいなどの特徴

ネーブルオレンジは早生のスイートオレンジの中の1種で、果頂部にヘソのような窪みがあることから、英語でヘソを意味する「ネーブル」が名前につきました。種がほとんどなく、大きさは温州みかんなどよりも少し大きい200〜250gのものが多いです。

ネーブルオレンジの味わいは甘味と酸味がはっきりとしていて後味がよく、香りも華やかです。生食用に適しているネーブルオレンジですが、果汁の劣化が早いのでなるべく早く食べるようにしましょう。

ネーブルオレンジの旬の時期・産地

ネーブルオレンジは輸入品として売られていることがほとんどで、中でもアメリカやオーストラリア産のものが多いです。国内のネーブルオレンジの産地としては広島・和歌山・静岡などが挙げられます。国産のものは12月初旬から下旬にかけて収穫され、一旦貯蔵された後2月から4月にかけて出荷されるので、食べごろはその頃になります。

ネーブルオレンジのカロリーや栄養

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
ネーブルオレンジ(一個:130g) 60kcal 14g 3%


※1日の摂取量は成人男性の目安です

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

上記の表は、ネーブルオレンジ1個分の可食部130gの数値です。ネーブルオレンジのカロリーは高くありませんが、糖質が高めなので糖質制限ダイエットをしている人は食べる量を調節することが必要です。なお、ネーブルオレンジには以下のような栄養素が含まれます。

・ビタミンC
・カリウム
・カロチン
・ビタミンB
・鉄
・カルシウム

ネーブルオレンジには、抗酸化作用があるビタミンCが果物の中でも特に多く含まれています。また身体に溜まった老廃物を排出させる効果のあるカリウムも多く含まれているので、むくみの解消にも効果的です。

そのほかにも抗酸化作用を持つカロチンや代謝をサポートするビタミンB、貧血の予防や改善効果を持つ鉄、丈夫な骨や歯を作るカルシウムなども含まれます。

ネーブルオレンジの選び方や保存方法は?

ここでは美味しいネーブルオレンジの選び方や、購入したネーブルオレンジの美味しさや栄養を損なわない保存方法を紹介します。選び方や保存方法を理解して、ネーブルオレンジの美味しさを存分に堪能しましょう。

美味しいネーブルオレンジの見分け方

美味しいネーブルオレンジの見分け方は以下のとおりです。

・まん丸な形をしている
・皮がムラなく鮮やかな色をしている
・皮のキメが細かくハリがある
・ずっしりと重みがある

美味しいネーブルオレンジは、見た目も美しく色鮮やかできれいな形をしています。持った時に重みを感じられるネーブルオレンジは、果肉がみずみずしいものが多く、美味しい傾向にあります。

ネーブルオレンジの保存方法

ネーブルオレンジの保存方法は以下のとおりです。

①1つずつ新聞紙で包む
②風通しの良い涼しい場所で保存する


ネーブルオレンジは乾燥に弱く、高温の場所で保存すると水分が抜けてしまい、美味しい状態を保つことができません。室内が高温になる夏は、ラップで包むか袋に入れて野菜室で保存しましょう。重ねて保存する場合は下の方から傷んでくるので、下になっているものから先に食べるようにします。

保存期間の目安は1〜2週間程度ですが、徐々に味や栄養価は落ちるのでなるべく早く食べるようにしてください。

(*オレンジの保存方法について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

オレンジの保存方法や期間は?常温・冷蔵庫・冷凍のどれがベスト?日持ちするコツを解説!

関連する記事

×