キタッラとは?どんなパスタ?太さ・茹で時間など特徴やレシピのおすすめも紹介!

キタッラとはどんなパスタか知っていますか?リングイネとの違いはあるのでしょうか?今回は、ロングパスタ「キタッラ」の〈太さ・名前の意味・作り方・茹で時間〉など特徴や、合うソース・料理など食べ方のおすすめも紹介します。キタッラを使った人気レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. キタッラとは?どんなパスタ?
  2. キタッラは断面が四角形のロングパスタ
  3. キタッラの名前の意味・由来
  4. キタッラの作り方と必要な道具
  5. キタッラとリングイネの違い
  6. キタッラの茹で方・茹で時間は?
  7. キタッラの茹で時間の目安
  8. キタッラの茹で方のポイント
  9. キタッラの食べ方のおすすめは?
  10. キタッラに合うソース
  11. キタッラが合う料理例
  12. キタッラを使った人気レシピ
  13. ①ミートボールのトマトソース
  14. ②ボンゴレロッソ
  15. ③ほうれん草のペペロンチーノ
  16. ④キノコのカルボナーラ
  17. ⑤ジェノベーゼ
  18. キタッラを使って料理をしよう

キタッラとは?どんなパスタ?

パスタと一口に言っても多くの種類があり、細長いスパゲッティやマカロニも全てパスタと総称されます。その中で「キタッラ」とはどのようなパスタなのでしょうか?ここではキタッラの特徴を紹介します。

キタッラは断面が四角形のロングパスタ

パスタは大きく分けるとロングパスタとショートパスタに分けることができます。キタッラはロングパスタに分類され、断面が円形ではなく四角形でやや平たいという特徴的な断面です。太さは約2mm前後が多いようですが、メーカーやお店によって2mm~5mmまで好みにより選ぶことができます。

(*パスタの他の種類や特徴について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

パスタの種類30選!太さ・形など特徴の違いは?それぞれの麺に合う料理も紹介!
パスタ麺の種類一覧を画像つきで!四角・平たい・太いなど様々な特徴の麺を紹介!

キタッラの名前の意味・由来

キタッラはイタリア語で「chitarra」と表記され、「ギター」という意味を持ちます。本来は、製造する道具自体がギターに似ていることから道具をキタッラと呼びますが、出来上がったパスタもキタッラと呼ばれます。

キタッラの作り方と必要な道具

キタッラを作る際には、四角い木枠に弦を張ったギターのような見た目をした道具と麺棒を使い、薄く伸ばしたパスタ生地を弦の上にのせて麺棒で押し切るように作ります。パスタマシーンで作ることもできますが、麺棒にある自然なでこぼこによりパスタの表面がざらつき、それがソースがよりよく絡むパスタを作るポイントになるようです。

キタッラとリングイネの違い

やや平たい断面を持つパスタとしては、キタッラ以外に「リングイネ」という種類のパスタがあります。キタッラの断面は四角ですが、リングイネの断面は楕円形です。この断面の違いにより食感に違いが生まれます。

(*リングイネの特徴について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

リングイネとは?意味や太さ・形の特徴は?合うソースや活用レシピを紹介!

キタッラの茹で方・茹で時間は?

出典:https://twitter.com/fura_kana/status/1202078895648002049?s=20

特徴的な断面のキタッラですが、茹で方は他のパスタと同じでいいのでしょうか?ここでは美味しい茹で方を紹介します。

キタッラの茹で時間の目安

茹でる時間は乾麺・生麺、太さ・メーカーにより異なりますが、一般的に販売されているものでは、乾麺は10分~13分、生麺は3~4分のものが多いです。茹で加減は、パスタの状態や好みによっても変わるため目安をもとに好みの硬さを見つけてください。

パスタが茹であがった後に、フライパンでソースと絡める場合には1~1分半早めにお湯から上げると丁度よい仕上がりになります。

キタッラの茹で方のポイント

茹で方のポイントは4つあります。

・たっぷりのお湯でくっつかないように茹でる
・茹でている間も菜箸などで軽く混ぜる
・吹きこぼれてもさし水をしない
・塩は1%になるようにいれる(水1Lに対して10g)


生パスタは必ずほぐしてから入れ、乾麺もパスタが鍋からはみ出ることで固さのばらつきがでないよう、パスタ全体を菜箸などでお湯に沈めます。茹でている際のさし水は、急激な温度変化を起こしパスタ表面がざらつく原因となるので避けましょう。なお、塩を入れる際に少量のオリーブ油を入れると温度変化を抑えることが可能です。

塩の量は1%にすることでパスタに下味がつき、ソースと絡めた際に水分でソースの味が薄まるのを防止します。

キタッラの食べ方のおすすめは?

出典:https://twitter.com/alexmatsu47/status/1157297552082927616?s=20

パスタも様々な調理方法がありますが、キタッラに合うソース・調理方法はどのようなものがあるのでしょうか?ここではキタッラに合うソースの特徴などを紹介します。

キタッラに合うソース

キタッラは元々アブルッツォ州のラクイラで生まれたパスタで、伝統的には子羊の煮込みソースと合わせます。家庭では以下のソースとの組み合わせがおすすめです。

・クリームソース
・トマト系ソース
・オイル系ソース


キタッラの定番ソースは辛みのあるトマトソースやお肉の煮込みソースですが、魚介系のソースにも合う万能なパスタです。他のパスタに比べてもこしがあり食べ応えのあるキタッラは、特に濃い味のソースとの相性が抜群です。濃厚なソースと合わせて調理することでキタッラの美味しさを存分に味わえるでしょう。

キタッラが合う料理例

キタッラは以下のような料理にするといいでしょう。

・ミートソースパスタ
・カルボナーラ
・ペペロンチーノ
・たらこ/明太子パスタ
・カチョエペペ(チーズと黒胡椒のパスタ)


キタッラはこしが強く、もっちりと食べ応えのある食感のため、その食感に負けないソースや具材が特におすすめです。旨みの強い食材を使うことで、キタッラの美味しさをより引きだすでしょう。

キタッラを使った人気レシピ

食べ応えのあるキタッラの良さを生かすおすすめのレシピを紹介します。気になるレシピがあれば是非作ってみてください。

①ミートボールのトマトソース

出典:https://cookpad.com/recipe/4121251

じゃがいもの入ったミートボールのトマトパスタです。ミートソースではなく、肉団子にするひと手間で、お肉のやわらかくふんわりとした食感と美味しさを楽しむことができます。

お肉を丸めたポルペッティのトマトソース by primapasta 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが342万品

②ボンゴレロッソ

出典:https://cookpad.com/recipe/1113363

トマトベースなのでさっぱりしていると感じるかもしれませんが、あさりの旨みと隠し味にアンチョビを入れることでキタッラに合う濃い味のソースに仕上がります。

キタッラのボンゴレロッソ by まゆみぼん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが342万品

③ほうれん草のペペロンチーノ

出典:https://cookpad.com/recipe/1092559

たくさんのにんにくとオリーブオイルを使った濃厚なソースが、こしのあるキタッラに絡むことで食べ応え抜群なペペロンチーノになっています。レシピではパンチェッタを使っていますが、ベーコンでも塩加減を調整することで美味しく食べられるでしょう。

ほうれん草のアーリオオーリオのパスタ by 神戸いたりあ屋 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが342万品

④キノコのカルボナーラ

出典:https://cookpad.com/recipe/1248703

生クリームを使っていない濃厚なソースは、濃い味のソースと相性の良いキタッラとぴったりです。火加減が難しいカルボナーラですが、パスタの余熱で仕上げることで美味しく仕上がります。お好みで粗びき黒胡椒をかけるのもいいでしょう。

キタッラのきのこ入りカルボナーラ by まゆみぼん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが342万品

⑤ジェノベーゼ

出典:https://cookpad.com/recipe/4117949

バジルペーストにオリーブオイル、チーズなどを加えたジェノベーゼソースはもっちりとしてこしのあるキタッラとの相性が抜群です。松の実の代わりにクルミやカシューナッツを、バジルの代わりに大葉を使用しても美味しく食べられるでしょう。

ジェノベーゼ by primapasta 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが342万品

キタッラを使って料理をしよう

キタッラは手打ちパスタにこだわるシェフ達に好まれているパスタです。濃いめのソースを合わせて、こしのある食感や他のパスタには無い食べ応えを実感してみてください。

関連する記事