オレガノの使い方・活用レシピ11選!香り・効能を引き出すコツも紹介!

【野菜ソムリエ監修】オレガノとはどんなハーブか知っていますか?オレガノは生のものや乾燥させたものがありますが、今回は、オレガノの〈料理・ハーブティー〉などへの使い方・取り入れ方を紹介します。オレガノの活用レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 福光佳奈子
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、...
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、おうち時間を充実させるメソッドを様々なカタチで提案している。著書『体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒200』(秀和システム)は、台湾など世界5か国で翻訳版も出版している。

目次

  1. オレガノとは?どんなハーブ?
  2. オレガノの味わい・香りなど特徴
  3. オレガノの効果・効能
  4. オレガノの使い方・取り入れ方は?
  5. オレガノの料理などへの取り入れ方
  6. オレガノはハーブティーにするのもおすすめ
  7. オレガノはドライ・フレッシュどっちのタイプがいい?
  8. オレガノの料理への活用レシピ
  9. ①ピザソース
  10. ②ドレッシング
  11. ③チキンソテー
  12. ➃カンパーニュ
  13. ⑤レモンポテト
  14. ⑥鯖のオーブン焼き
  15. ⑦アクアパッツァ
  16. ⑧クリームシチュー
  17. ⑨トマトパスタ
  18. ⑩ケークサレ
  19. ⑪クッキー
  20. オレガノを取り入れてみよう

オレガノとは?どんなハーブ?

オレガノはハーブの中でも代表的な種類の一つで、スーパーのハーブコーナーやスパイスコーナーで見かけることが多いでしょう。ここではオレガノとはどのようなハーブなのか、オレガノに含まれる効果・効能とともに味わいや香りを詳しく解説します。

オレガノの味わい・香りなど特徴

オレガノはヨーロッパ地中海が原産のハーブで、シソ科の植物なのでシソの様にすっきりした香りが特徴です。植物の中でもハーブは良い香りを持っている特徴がありますが、オレガノはその中でも特に強い香りのハーブです。胡椒に似たスパイシーな味わいも特徴の一つで、ほのかな苦みとクセを感じます。

オレガノは生のままハーブとして使うだけでなく、乾燥させてスパイスとして使うことも出来ます。乾燥させると更に香りが強くなるのが特徴で、調味料として魚料理や肉料理・ピザなど様々な料理に使うことができるハーブです。

福光佳奈子

野菜ソムリエ

ヨーロッパでは紀元前から使われていたとされる大変歴史の長いハーブです。 名前はギリシャ語で「山の喜び」を意味し、結婚式の花冠に編みこむなど、幸せの象徴として扱われてきました。

オレガノの効果・効能

オレガノの効果・効能には以下のようなものがあります。

・胃腸の調子を整える
・消化促進
・強壮作用
・鎮静作用
・殺菌効果
・抗酸化作用


ハーブは料理の香りを付けるだけでなく薬としての役割も持ち、オレガノにも様々な効果・効能が含まれています。オレガノには胃腸の調子を整えたり消化を促進したりする効果があるため、食べ過ぎた時に効果的です。

他、オレガノに含まれている強壮作用は疲れた時、鎮静作用は落ち着かない時にも良いでしょう。さらにオレガノは天然の抗生剤と呼ばれるほど殺菌作用が高いのも特徴で、風邪などの予防にも役立ちます。

福光佳奈子

野菜ソムリエ

オレガノはお料理やハーブティ以外にも、アロマオイルや入浴剤としても使われ、高い効能を発揮しています。

オレガノの使い方・取り入れ方は?

オレガノを含むハーブは様々な効能を含んでいて、使い道は料理だけではありません。オレガノはフレッシュのものやドライのものなどが販売されていますが、それぞれに適した使い方にはどのようなポイントがあるのか紹介します。

オレガノの料理などへの取り入れ方

オレガノは調味料として料理に取り入れるのに適しており、オレガノに合う料理には以下のようなものがあります。

・ソース・ドレッシング
・サラダ
・ピザ
・パスタ
・煮込み料理
・肉料理
・魚料理
・焼き菓子


オレガノはイタリア料理やスペイン料理で使われることの多いハーブで、洋食との相性がぴったりです。オレガノ自体がとても香りの強いハーブなので、味がしっかりした食材と組み合わせることで素材の持つ美味しさを引き出します。特に洋食で使われることの多いトマトやチーズ・卵との相性が良い他、肉料理に取り入れると臭みを消す効果もあります。

オレガノはハーブティーにするのもおすすめ

出典:https://cookpad.com/recipe/6253982

オレガノは消化促進効果や鎮静作用などの薬用効果も高く、料理だけでなくハーブティーとして飲むのもおすすめです。抗酸化作用も含まれているので、風邪の予防にも効果が期待できます。オレガノを自家栽培すればポットにお湯と生のオレガノを入れるだけで、飲みたい時に気軽にハーブティーを楽しむ事ができるのでチャレンジしてみて下さい。

フレッシュオレガノのハーブティー by はぴあ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが343万品

オレガノはドライ・フレッシュどっちのタイプがいい?

オレガノはドライ・フレッシュともにそれぞれに違う作用があるので、使い道によって使い分けると良いでしょう。ドライタイプは手に入りやすく、スパイスなどのように調味料として料理に使いやすいタイプです。フレッシュタイプはそのまま生でサラダとして食べたり、ハーブティ―にしたりして香りを楽しむ事もできます。

生のオレガノがたくさんある場合は、乾燥させてドライハーブとして長期保存することも可能です。オレガノはドライタイプの方が香りが強い特徴があるので、使用の際は分量に気を付けて下さい。

オレガノの料理への活用レシピ

オレガノはフレッシュタイプのものは生食で、乾燥させたドライタイプのものは調味料として料理に使われることが多いです。様々なバリエーションを持つオレガノの活用レシピを紹介するので、参考にして作ってみて下さい。

①ピザソース

出典:https://oceans-nadia.com/user/25110/recipe/156419

オレガノはトマト料理との相性がとても良く、特にピザには欠かすことのできない調味料の一つです。こちらのレシピは生のオレガノを使っていますが、乾燥させたドライのオレガノで作ることもできます。

簡単ピザソース・オレガノ風味 by ハーブ料理家 白山美奈子 | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

②ドレッシング

出典:https://cookpad.com/recipe/1234844

こちらも生のオレガノを使用したレシピで、すっきりした爽やかな香りを活かしたドレッシングです。肉料理の付け合わせのサラダなどにかけるとバランスが取れた味わいになり、消化促進の効果も期待できるでしょう。

レモンオレガノドレッシング by Mr. in USA 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが343万品

③チキンソテー

出典:https://www.orangepage.net/recipes/detail_111586

オレガノは肉の臭みを消す効果があるので、肉料理には定番の調味料です。塩コショウとレモンのシンプルな味付けに、オレガノとガーリックのスパイスがぴったり合います。

オレガノ風味のチキンソテー | 津久井レイ子さんのレシピ【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

➃カンパーニュ

出典:https://cookpad.com/recipe/991701

自家栽培のオレガノに自家製の手作りパンを組み合わせた、添加物が少なく体にも良い贅沢な味わいの一品です。オレガノはチーズとの相性もとても良く、ブラックペッパーとの組み合わせがクセになります。

オレガノ生地☆プロセスチーズカンパーニュ by ゆぅたんく 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが343万品

⑤レモンポテト

出典:https://cookpad.com/recipe/1901134

じゃがいもはハーブとの相性が良く、使うハーブによって様々な香りや味の違いを楽しむ事ができます。乾燥させたドライのオレガノを調味料と一緒にマリネして焼くだけで、本格的なお酒のおつまみが簡単に出来上がるレシピです。

オレガノ香る✽ギリシャのレモンポテト by LazyHata 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが343万品

⑥鯖のオーブン焼き

出典:https://www.ntv.co.jp/3min/recipe/19960412

オレガノは肉だけでなく、魚の臭みを消してくれる効果もあります。にんにくとオレガノの香りにチーズのコクとパン粉の食感が食欲をそそり、鯖の切り身を使えば混ぜて焼くだけで作れる簡単なレシピです。

さばのオレガノ焼き|キユーピー3分クッキング|日本テレビ

⑦アクアパッツァ

出典:https://oceans-nadia.com/user/11928/recipe/401366

アクアパッツァは白身魚を使うことが多いですが、こちらは鮭を使ったレシピで、オレガノを加えることで臭みを消して香りを良くしています。スープには魚介の旨味が溢れ出ているので、残さず最後まで味わってください。

オーブン任せのごちそう!鮭のアクアパッツァ by 曽布川優子 | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

⑧クリームシチュー

出典:https://oceans-nadia.com/user/253470/recipe/400530

オレガノと相性の良いトマトがベースの寒い時期にぴったりのシチューです。オレガノは無くても作ることはできますが、調味料として加えることでまろやかな味わいのなかにアクセントを加えることができます。

鶏肉のトマトクリームシチュー by ちおり | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

⑨トマトパスタ

出典:https://cookpad.com/recipe/2137672

パスタはオレガノを使った定番料理で、オレガノの香りがトマトソースを引き立てます。オレガノ以外にもパセリなどのハーブやブラックペッパーやにんにくなどのスパイス、オレガノと相性の良いチーズなどを加えることで奥深い味わいを楽しむ事ができるでしょう。

【ベーコン】鉄板トマトパスタ【オレガノ】 by jorinko 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが343万品

⑩ケークサレ

出典:https://cookpad.com/recipe/2669179

フランスのデリの一つであるケークサレはケーキの様ですが、甘くないのでお酒のおつまみにもおすすめです。オレガノの香りが爽やかで、小麦粉の代わりに米粉を使うことでグルテンフリーになっています。

オレガノ香る♪米粉のケークサレ♡ by 中島ともみ♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが343万品

⑪クッキー

出典:https://oceans-nadia.com/user/27637/recipe/130952

オレガノを使ったスイーツは少ないですが、クッキーのような焼き菓子の香りづけにはおすすめです。オレガノと相性の良いチーズを組み合わせたクッキーで、塩味とサクッとした食感が後を引きます。乾燥させたオレガノは香りが強いので、少なめに入れて調整してみて下さい。

パルメザンチーズとオレガノのクッキー。 by ゆう | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

オレガノを取り入れてみよう

オレガノはすっきりとした香りと苦みが特徴のハーブで、体に良い効能も豊富に含まれています。庭が無くてもベランダやキッチンの出窓などで手軽に育てることのできるハーブなので、ガーデニングをして普段の生活に取り入れてみて下さい。

関連する記事

×