はちみつの白い点々はカビ?結晶との見分け方は?カビの防止対策も紹介!

はちみつにカビっぽい白い点々や黒い変色があったことはありませんか?実はカビではなく、はちみつの糖の「結晶」なのです。今回は、はちみつの結晶とカビの画像・見分け方や、カビてても食べられるのかを解説します。はちみつがカビる原因や、カビさせない対策も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. はちみつがカビることはあるの?
  2. はちみつは基本的にカビにくい
  3. はちみつの白い浮遊物の正体は?カビ?
  4. はちみつの白い浮遊物は「結晶」
  5. はちみつの「結晶」は問題なく食べられる
  6. はちみつが黒く変色している場合は?カビ?
  7. はちみつの黒い変色は糖分のカラメル化なので食べてもOK
  8. はちみつでもカビる場合の原因は?
  9. はちみつの結晶とカビの見分け方は?
  10. ①スプーンで取り出してみる
  11. ②湯煎してみる
  12. はちみつにカビが生えても食べられる?
  13. カビが生えたはちみつは丸ごと捨てた方が安全
  14. はちみつがカビないための対策は?
  15. ①毎回新しいスプーンを使用する
  16. ②蓋に異物がついていないか確認する
  17. ③冷暗所に保存する
  18. はちみつはカビが生えないように保存しよう

はちみつがカビることはあるの?

はちみつは、常備している家庭も多い甘味料の一つですが、長く保存していてもあまり腐ったりカビが生えたりするイメージを持たない人が多いかもしれません。食品は長く放置しているとカビが生えることがありますが、はちみつにもカビは生えるのでしょうか。

はちみつは基本的にカビにくい

はちみつは基本的にカビにくい食品で、特に未開封のはちみつは、何年経っても腐ることがなく食べられます。カビない理由としては、はちみつの糖度の高さと水分量の少なさ、はちみつ自体に殺菌作用があることがあげられます。この環境はカビにとって生存することが難しいため、はちみつはカビが生えない食べ物となっているようです。

しかしはちみつにも純度があり、純度が100%のものはカビが生えませんが、水飴や水分などを含む純度の低いものはカビやすいです。

はちみつの白い浮遊物の正体は?カビ?

出典:https://honey-wiki.com/crystallization/

純度100%のはちみつの場合、はちみつ自体がカビることがほとんどないことがわかりましたが、それでも白い浮遊物を見かけることがあります。この白い浮遊物の正体は一体何なのでしょうか?

はちみつの白い浮遊物は「結晶」

はちみつによく見られる白い浮遊物の正体は、はちみつの中に含まれるブドウ糖が結晶化したものです。はちみつに結晶が起こりやすくなる条件は下記の通りです。

・気温が低い
・製造から長い時間が経過した
・はちみつの中のブドウ糖が果糖よりも多い
・振動


はちみつは寒い時期になるとはちみつに含まれるブドウ糖が結晶化し、夏場には結晶が消えることがよくあります。気温が20度以下になるとブドウ糖は結晶化しやすく、特に13度以下になると、ほとんどのブドウ糖は結晶化すると言われています。よって、はちみつは冷蔵庫に入れると結晶化してしまうため、常温での保管がおすすめです。

また、はちみつには結晶化しやすいものとしにくいものがあって、サラサラのはちみつは比較的結晶化しにくいと言われています。はちみつの成分はブドウ糖と果糖ですが、レンゲやナタネなどから作られたとろみのあるはちみつは、ブドウ糖の成分が多いため結晶化しやすいです。

(*はちみつが固まる理由について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

はちみつが固まる理由は?腐敗が原因?5通りの戻し方や結晶防止策を紹介!

はちみつの「結晶」は問題なく食べられる

はちみつの結晶は、食べるとシャリシャリとした食感がありますが、食べても全く問題ありません。ただし食感が変わってしまうため、はちみつの結晶が気になる場合は、45度から60度のお湯で湯煎加熱することによって結晶がなくなり元のはちみつに戻ります。夏場になると結晶化したはちみつが元に戻るのもこの原理と同じで、気温ではちみつが温められたからです。

ただし、はちみつの結晶をなくすために絶対にしてはならないのが、直火で加熱することです。直接加熱するとはちみつの温度が100度近くなってしまい、酵素やビタミンなどの体にいい栄養素が破壊される上に、味や香りも飛んでしまうので注意しましょう。

はちみつが黒く変色している場合は?カビ?

出典:http://shiitaka.com/2018/06/16/furuihatimitu/#

はちみつは製造から時間が経つと、黒っぽく変色することもあるようです。このように黒っぽく変色してしまう原因は、一体何なのでしょうか?ここでは黒い変色の原因や食べても良いかどうかを解説します。

はちみつの黒い変色は糖分のカラメル化なので食べてもOK

はちみつが黒や茶色に変色するのは、糖分がカラメル化したことで起こったものです。直射日光に当たることで変色することもありますが、カビではないので食べても全く問題はありません。ちなみに花の種類によっては、元から黒いはちみつも存在しています。

はちみつでもカビる場合の原因は?

出典:https://shufuse.com/53632

はちみつは基本的にカビることはありませんが、条件によってはカビが生えることがあります。以下のような条件ではカビが生えることがあるので注意しましょう。

・はちみつの中に入れたスプーンが汚れていた
・はちみつの中に水やジュースなどが入って水分が増えた
・長い間蓋が開いていた
・蓋がしっかり閉まっていなかった
・保存した環境が悪かった


はちみつの中にスプーンなどを通してパンやバターなどが入ってしまった場合、それにカビが生えることがあります。そのため、はちみつの中に入れるスプーンは常に清潔なものを使うようにしましょう。また水分が混入すると、はちみつの水分量が増えることで、カビが生えやすい環境になってしまいます。

ほかにも、長い間蓋を開けっ放しにしたり蓋がしっかり閉まっていなかったりすると、外から塵や埃・湿気が入り込んでカビの原因になることもあるので注意が必要です。なお、湿気の高い場所はカビが生えやすく、直射日光ははちみつを変質させる条件になるので特に開封後のはちみつは冷暗所で保管するようにしましょう。

はちみつの結晶とカビの見分け方は?

はちみつの中の異物はカビではなく結晶の場合があると分かりましたが、見た目だけではカビか結晶かが分からない場合もあるかもしれません。ここではそのような場合におすすめの見分け方をいくつか紹介します。

①スプーンで取り出してみる

はちみつの中の異物が白いカビなのか結晶なのか区別がつかない場合は、その部分をスプーンで小皿に取り出して砕いてみましょう。ジャリジャリした感触のものはブドウ糖の結晶ですが、ふわっとしていて感触が感じられないものはカビの可能性が高いです。

②湯煎してみる

白カビかブドウ糖の結晶かを区別するには湯煎で加熱する方法もあります。湯煎すると結晶は溶けてはちみつに戻りますが、カビは湯煎しても溶けることはありません。ただし瓶全体に白い浮遊物が広がっている場合は、30分くらいは湯煎しないと溶けない結晶もあるので、長めに加熱してください。

はちみつにカビが生えても食べられる?

もし上記のカビの見分け方で、はちみつの中にカビが発見された場合、どうしたらいいのでしょうか。カビの部分だけ取り除けば食べることができるのか、はちみつを丸ごと捨てなくてはならないのか、詳しく説明します。

カビが生えたはちみつは丸ごと捨てた方が安全

カビが生えてしまったはちみつは、カビの胞子が飛んでいたり根が見えないところまで広がっていたりする可能性があるため、丸ごと捨てた方が安全です。特に黒いカビは毒性が強く、食中毒や腹痛を引き起こす可能性があるので食べずに捨てましょう。

カビが白い場合でどうしても食べたい方は、自己責任にはなりますが、カビの部分を取り除いてからしっかり湯煎加熱して食べてください。

はちみつがカビないための対策は?

前述した通り、はちみつにカビが生えてしまった場合には丸ごと捨てたほうが無難ですが、はちみつは高価なのでカビを生えさせないようにしたいものです。ここでは、はちみつがカビないための対策をいくつか紹介します。

①毎回新しいスプーンを使用する

はちみつの中に異物が混入することはカビを生やす原因になるので、はちみつの中に入れるスプーンは常にきれいな新しいものを使いましょう。例えばはちみつを取り出して直接パンに塗った場合などには、スプーンをはちみつの中に戻さず、新しいものに変えてください。

また、舐めてしまったスプーンにも唾液中の雑菌がついているので、はちみつの中には入れないようにしましょう。ほか、水で濡れているスプーンははちみつの水分量を増やしてしまい、カビの原因になるため水分はしっかり拭いてから使ってください。

②蓋に異物がついていないか確認する

開封済みのはちみつの場合は、蓋や蓋の周りに異物やカビがついていることもあります。そのまま蓋を閉めてしまうと、カビが発生する原因になってしまうので、開封後に蓋を閉める際は蓋を清潔にすることを心がけましょう。また、蓋に異物が付くのを防ぐためには、使う分を取り出したら素早く蓋を閉めることも大切です。

③冷暗所に保存する

開封済みのはちみつの場合、外の環境がはちみつの中身に影響します。特に湿気の多い場所や直射日光が当たる場所などはカビや変質の原因になるので避けましょう。はちみつを保存するなら、シンクの下などの冷暗所を探すようにして下さい。

はちみつはカビが生えないように保存しよう

はちみつは基本的にはカビが生えにくいものの、環境や使い方によっては生えることが分かりました。特に開封済みのはちみつは、異物が混入したり蓋がしっかり閉まっていなかったりしてカビる可能性が高まります。今回紹介した情報を参考に、はちみつにカビが生えないように上手に保存しましょう。

関連する記事