梨が腐るとどうなる?食べれるかの見分け方は?茶色い・柔らかいなど状態別に紹介!

梨が腐るとどうなるか知っていますか?今回は、梨が腐った場合の見分け方や腐ったか・食べられるか迷いやすい状態についても紹介します。梨の日持ちする保存方法・賞味期限の目安や、梨を大量消費するレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 梨が腐ってる…?
  2. 梨が腐る原因と腐りやすい環境
  3. 梨が腐るとどうなる?見分け方は?
  4. ①果肉が溶けている・かなり柔らかい
  5. ②梨が全体的に変色してる
  6. ③味・匂いがすっぱい・異変がある
  7. ④カビが生えている
  8. ⑤表面がシワシワしてる
  9. ⑥梨の真ん中・芯が黒い
  10. 梨が腐ったか食べられるか迷う状態は?
  11. ①透明な状態
  12. ②少し柔らかい
  13. ③カット後に茶色に変色している
  14. 梨の日持ちする保存方法と賞味期限の目安は?
  15. ①梨を常温で保存する場合
  16. ②梨を冷蔵で保存する場合
  17. ③梨を冷凍で保存する場合
  18. 梨が腐る前に大量消費できるレシピを紹介
  19. ①梨のジャム
  20. ②梨のコンポート
  21. ③梨入り甘口カレー
  22. 梨の賞味期限に注意しよう

出典:https://cookpad.com/recipe/1528671

梨の味にもう飽きたといった時に重宝する、カレーの中に梨をすりおろして入れる甘口カレーのレシピです。日本では梨を料理に使うことはほとんどありませんが、韓国ではほのかな甘みを出すために梨をよく使います。このレシピでは傷みかけの梨も使うことができます。

やさしい甘口カレー by じゅうととちっち 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

梨の賞味期限に注意しよう

梨が腐った場合の特徴や、なるべく長い期間、美味しい状態で日持ちさせる方法を紹介しました。また、大量に梨をもらった時に役に立つレシピも紹介しました。梨は比較的足の早い食べ物で、賞味期限が短めです。正しい方法で保存してもカビが生えたり腐ったり、水分が抜けてシワシワになったりすることもあるので、食べられる状態かどうかよく見極めてください。

関連する記事