苦い食べ物・飲み物ランキング22選を一覧で!世界一はどんな食材?

【2022最新】苦い食べ物・飲み物といえばどんな物があるか知っていますか?今回は、苦い食べ物・飲み物ランキング22選を〈食べ物・飲み物〉別にそれぞれ一覧で紹介します。体に良い・罰ゲーム向きなどそれぞれの特徴も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 苦い食べ物・飲み物といえば…?
  2. 人が苦いと感じる成分・仕組み
  3. 苦い食べ物・飲み物ランキング22選を一覧で紹介!
  4. 苦い食べ物・食材ランキングTOP11
  5. 11位:豆腐
  6. 10位:しめじ
  7. 9位:銀杏
  8. 8位:みょうが
  9. 7位:芽キャベツ
  10. 6位:ケール
  11. 5位:ピーマン
  12. 4位:渋柿
  13. 3位:秋刀魚の内臓
  14. 2位:サザエの肝
  15. 1位:ゴーヤ
  16. 苦い飲み物ランキングTOP11
  17. 11位:抹茶
  18. 10位:緑茶
  19. 9位:コーヒー
  20. 8位:ワイン
  21. 7位:ビール
  22. 6位:青汁
  23. 5位:マテ茶
  24. 4位:にがり水
  25. 3位:ゴーヤ茶
  26. 2位:せんぶり茶
  27. 1位:苦丁茶
  28. 苦い食べ物・飲み物を食べてみよう!

緑茶はペットボトル飲料などとしても親しまれている、独特の渋みや苦みがある飲み物です。緑茶独特の苦みや渋みは、苦みの成分であるカテキンやカフェインが含まれている為となっています。カテキンには血中コレステロールの低下や抗酸化作用があり、カフェインには浮腫み防止となる利尿作用があるので、体に良い飲み物です。

緑茶

9位:コーヒー

コンビニや自動販売機でも販売されている事が多いコーヒーは、独特の苦みや香りが特徴的となっています。コーヒーが苦い原因は、緑茶にも入っていたカフェインやクロロゲン酸という苦み物質が含まれているからです。コーヒー豆や焙煎方法によっても苦みが変わるので、好みが分かれる飲み物となっています。

コーヒー

8位:ワイン

見た目はぶどうジュースのようなワインは、種類によって違いはありますがジュース程甘くはなく苦みがあります。ワインの中には、ポリフェノールの一種であるタンニンが多く含まれているので、苦みや渋みを感じる原因となっているのです。ワインの劣化で苦みがでることがあるほか、ワインの熟成が足りない場合にも苦みや渋みが強く出ます。

ワイン

7位:ビール

ビールは様々な種類があり、居酒屋でも人気が高い飲み物です。しかしビールは苦みが強い為、苦手な人も多いのではないでしょうか。ビールの原料であるホップ由来の苦み成分であるイソα酸が、苦い原因となっています。このイソα酸がどのくらい含まれているかを表すIBUという言葉があり、ビールの苦みの目安になるので是非参考にしてみてください。

ビール

6位:青汁

関連する記事

×